Tinte(ティンテ) ◇ カリグラフィー & * * *

カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Other
CATEGORY ≫ Other
       次ページ ≫

連休、終わりました。

5月のゴールデンウィークは皆さんどう過ごしたのでしょう?
私は、半分仕事、半分休みといった感じでした。

そんなわけで、5月5日のこどもの日に善光寺花回廊、最終日になりますが、ウチの若さまと一緒に行ってきました。

善光寺は花まつりも毎年、5月5日に行われています。
花まつり(灌仏会)は4月8日のお釈迦様の誕生日に合わせて行われるのですが、長野の場合は、花まつりに限らず、ひと月遅れ(いわゆる旧暦にあわせて)で行われるみたいです。実際、こどもの日に灌仏会を行うところ多いみたいですよね。

ちなみに、ひな祭りのひな人形とかも4月まで飾ってあったり、5月の節句の鯉のぼり、まだ飾ってあるところ多いですよ、長野では。そうそう、七夕のイベントも7月から8月にかけてやってますね。

そんなわけで、花回廊です。


花

鯉のぼり



長野駅前広場、善光寺表参道には色とりどりのお花が飾られます。
フラワーコンテストも行われたりして、ガーデニング愛好家さんたちが競い合ったりしています。これがまた、綺麗なんですよ。たくさん飾られていて。
さらに、花キャンバスといって、色とりどりのチューリップの花びらを使って、絵を描くアート作品も飾られます。
5月5日は最終日なので、花弁の色も初日に比べると鮮やかさに欠けるかもしれませんが、それでも、とってもきれいでした。

最終日は善光寺の花まつりもあるので、時間をあわせていけば、かわいらしいお稚児さんたちの行列が観れたり、善光寺の花まつり法要なども行われます。

参道には各種出店もあり、のんびりと歩きながら、善光寺まで向かいました。善光寺についたときにはちょうど花まつり大法要が終わったくらいの時でした。

善光寺正面に、法要のための特設会場がありまして、その前には小さなお釈迦さま像がいくつか用意されていて、参拝者が甘茶をかけるようになっています。私とウチの若さまもかけてきましたよ。

そうそう、それから、参道では花キャンバスでも使っていたヒノキのチップを配っていたので、貰ってきました。主婦はタダでもらえるものに弱い!タダほど怖いものは無い時もあるんですが・・・。それはさておき、早速、そのチップを不織布の袋に入れて、ヒノキ風呂にしました。ヒノキの良い香りが癒されます。

それから、この花回廊とほぼ同じ時に花風車展が「ちょっ蔵おいらい館」で毎年開催されています。私の友人が出展していることもあって、行ってきました。紙で作られたお花が風でクルクル回ります。とっても可愛らしいですよ。入り口では小さな花風車をプレゼントしてくれます。クイリングじゃないけど、ペーパーフラワーを作るときの参考にもなるし、興味のある方は「花風車」、調べてみてください。長野市在住の鈴木 清方さんと 喜代子さん夫妻で始められたみたいです。もっと、全国的に広がっていけばいいのにな、と思ってます。

ただね、なんか、年々、花回廊の方は規模が小さくなってきてるような感じもしなくもないんですよね。出店も少なくなってる感じもしなくもないし・・・。
毎年行っているわけでもないんだけど、なんだか、寂しいな。もっと、盛り上げていこうよ!


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


今年最後のお花見かな

今年も行ってきました。
小布施・千曲川沿いの桜並木。
行ってきたのは先週末。
ちょうど満開でした。


桜並木



桜といえばソメイヨシノが有名ですが、種類としては何百種類もあるそうです。
千曲川沿いに植えられている桜は八重桜で「一葉」という品種のものだそうです。
おおよそ、600本ほど植えられているそうです。


八重桜



ソメイヨシノが終わるころに見ごろを迎える遅咲きの桜。
今年は実家の方で、ソメイヨシノの素晴らしい並木を愛でてきて、長野では八重桜の並木を楽しみ、とても素晴らしい春の季節を迎えることが出来ました。
長野は他にも桜の名所が沢山あるので、来年以降はまた別の場所にも行きたいな、なんて思っています。
あとは、八重桜なので、散り始めも絶対に綺麗だと思うのよ。花弁が多いからね。タイミングよく、散り始めの頃にも行けたらイイな。


枝垂れ桜



枝垂れ桜も咲いていました。こちらはもう間もなく終わりかな、って頃でした。
千曲川の桜堤周辺には八重桜の他にも素晴らしい菜の花畑やハナモモも同じ時季に咲いているので、とっても華やか。さらに遠くには雪が残る山々も見えたりするので、冬から春への移り変わりを感じることが出来るステキな場所です。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


帰省と観光

お正月に帰省しなかった(というよりも仕事の関係上できなかったが正しい)、ウチの若さまの春休みに帰省。
ついでに観光も。

まずは実家近くの河川敷から。
とにかく長~い桜並木です。端から端まで歩こうと思うとどれくらいの時間がかかるものなのか。想像もつきません。


河川敷の桜並木

河川敷の桜並木

河川敷の桜並木

河川敷の桜並木

河川敷の桜



それから、長野に戻りながら茨城県の観光。
まずは板橋不動尊。正式名称は「清安山不動院願成寺」だそうです。
三重塔もあります。


板橋不動尊

板橋不動尊


狛犬(でいいのかな?)がかわいかった。


板橋不動尊


行った時間が早くて御朱印はいただけませんでした。残念。

そして
茨城県といえば・・・やっぱり。


牛久大仏


牛久大仏。
初めてです。
デカかった。
もちろん中も観てきましたよ。
周辺の桜をはじめとした花々も美しかったです。
こちらでは御朱印、頂いてまいりました。

それから。


牛久シャトー(シャトーカミヤ)


通称「牛久シャトー」こと「シャトーカミヤ」へ。
こちらの桜も素晴らしかったです。
竹林もあって、竹の緑と桜のピンクのコントラストが美しかったです。
お土産も購入。
やっぱり、シャトーカミヤといえば「電気ブラン」ですよね。
購入しましたとも。

そんなわけで。
春休み帰省はおしまい。
長野に戻ってきました。
長野の桜は今が見ごろ。
今年は2度のお花見が楽しめそうですが、天気はどうかな?


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


いろいろと思うところがありまして

ライブビューイングで「髑髏城の七人 下弦の月」を観てきました。



髑髏城




その感想とか色々書こうと思っていたのですが、いろいろ思うところがありまして、別のブログを立ち上げ、そちらに書くことにしました。

このブログにもちょいちょい登場していたかもしれないけど、カリグラフィーや手作りのこととは方向性のちょっと違った趣味のこととかを書いていこうと思っています。

懐かしい話ですが、私がカリグラフィースクールのマスターコースを受講した際、最終課題で数点の自由作品を作って提出したときのこと。本来ならば、これから教室を持ち、先生として活動するにあたっての自由作品を作るべきだったのでしょうが、ちょっと主旨をはき違えてしまい、本当に好きなものを題材にして、好きなように作品を仕上げていきました。そのうちのひとつ。ちょっと引かれてしまった部分もあったかもしれませんが、数人の方に「私もそういうの好きです」なんて声をかけていただいたのを覚えています。嬉しかったです。

そして、もう1点。今年頂いた年賀状の中に気になる文章。「ちょっと違うかもしれないけど、それ私も~」って、お話ししたくなったんですよ。とはいえ、その方、年賀状のやり取りだけでもう云十云年で、連絡とかどうしたら取れるのか…。Mりん、もう何年も会ってないけど、年賀状、毎年楽しみにしてます♪

女子はやはり共感してほしい生き物なんでしょうね。
一応私も女子です。
共感してほしいんですよね、きっと。
でも、このブログはできるだけカリグラフィーとか手づくりの話題とかそういうのにしたいなと思っていて、一方で、そんなちょっと違った方向性の趣味に関しても誰かに共感してもらいたいのです。
直接話せる友人、少ないですから、私。
ブログという形で文章書いて、見てくれる人いるかいないかわからないけど、もしかしたら見てくれている人がいて、共感してくれる人がいるかもしれないとか、そんな妄想に浸るだけでも・・・、と思って。
基本的には文章のみにしていくつもりではいますが、写真も載せるかも?

そんなわけで、別建てでブログを作ることにしました。ツィッターにしようかとか考えてもいるのですが、とりあえず、ブログ。その別建てのブログも長く続くかどうかまだ手探り。結局、このブログで1本化にするかもしれないし。

興味のある方は→雑記帳
ただし、私のカリグラフィーと手作りの話に興味のある方はこのブログ見ない方が良いかもしれない内容も時々出て来るかも?ひいてしまわず、温かい目でスルーしていただければと思います。

新年のご挨拶と雑記


あけましておめでとうございます

2018 年賀状



最初に今年の年賀状の解説です。
カデル体「DOG」とバスタルダ体「Happy New Year」です。
どーしても納得いかない部分(あとは妥協)があるのだけど、書き直す時間も無かったので、もう、そのまま年賀状にしてしまいました。

カデル体は書いていて楽しい。きれいに平行にペンを持って行けたときは本当に気持ちが良いです。

昨年の年賀状はかなりごちゃごちゃとしてしまって読みづらいなぁ、と自ら反省。今年はちょっとシンプルに。

で、年賀状を出したうえに、新年早々会う機会があった人(いわゆる親戚ですね)に訊かれたことについて此処でも回答します。

文字はすべて方眼紙に黒ガッシュで書いています。
それを読み込んで加工。
加工といっても、書いた文字はそのままの形でいじっていません。
縮小はしていますが・・・。
線が気に入らないからといって、デジタルで加工とかそういうことはしてないです。
本当にどーしても直したいところあったんだけど、そのままにしてあります。
それも人の手で書いているという面白さと思って、温かくスルーしていただければと思います。
ただ、黒で書いた文字に色の加工はしています。

では、このアンティーク風の紙は・・・。
右側の「Link」でもいくつか紹介していますが、蜘蛛の巣上で拾ってきたりしたものです。
いわゆる、「Digital Scrap Booking」ってやつです。

さて、雑記の部分。
毎年、大晦日に1年を振り返るような振り返らないような、次の年への意気込みのようなそうでないような記事をあげていたのですが、去年はそれをしませんでした。その辺のところとかいろいろ本当にどうでもいいような雑記になるので、折り畳み部分に。

では、とりあえず、締め。
皆様にとって、佳い年になりますように。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました