Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 棒針
CATEGORY ≫ 棒針
       次ページ ≫

ハニカム

あの時のネックウォーマーに引き続き、同じ糸で、再びネックウォーマーを作りました。

ハニカムネックウォーマー


作る予定はなかったのですが、急きょ作ることになりまして、なんとか、今冬に間に合いました。良かったぁ。

何故、急きょ作ることになったかというと…。
この夏、うちの殿さまの方がお腹を壊しまして(ビールの飲みすぎか?)、腹巻が無いかと、あちこち物色していたところ、若さまのタンスのところからあの時のネックウォーマーを見つけ出し、「これはよさそうだ!」とかなんとか言って、腹巻にしてしまいました。

今冬、使うのを大変楽しみにしていた若さまは、どこぞの女子高生のごとく「父の使ったものなんぞ、絶対に使いたくないっ!」とご立腹。「洗って使えばいいじゃん」というのも納得できない様子。

「また作ってよぅ、冬までには間に合わせてよぅ」と言い出す始末。
仕方が無いので作りました。
模様も同じものにするのはイヤだったようで、別の模様にしました。

ハニカム(ハチの巣)模様という様です。
パターンは蜘蛛の巣上を徘徊して、海外のサイトとかを参考にしつつ、輪編みにしました。
この模様、交差模様の一種なんですが、前回のネックウォーマーも交差模様の一種で、縄編み模様と言います。同じ技法を使っているけど、全く違う模様ができて面白いと、楽しみながら作りました。

そして、前回に引き続き、とじるときは針を使って、2目ゴム編み止めをしました。前回よりかはきれいにできたかな。

編み始めはいつも通り指でかける普通の作り目からスタート。時間があれば、指でかける2目ゴム編みの作り目に挑戦してみたかったのですが、それはまた次回に。

それにしても、まだまだ、編み目が揃わないなぁ。初めて編み物をしたのは小学生の頃ですが、きちんとどこかで習ったことは無く、独学であるのと、気が向いたときにちょこちょこと嗜む程度なので、上達しないんだろうなぁ、と思います。
私としては、編み物に関しては、そのくらいがちょうどよく楽しめているので、良いです。


そういえば、クロバーさんの「匠」シリーズの輪針が新しくなったんですねぇ。新しくなったものを使ったことは無いので、なんとも言えませんが、以前の「匠」シリーズの輪針はコードのつなぎ目が金具ではなくて、段差が無く、とてもスムーズで使いやすかったです。
だけど、耐久性はどうなんだろうと思っていました。私自身は、そこまで輪針の使用頻度が多いわけではないので、耐久性を心配するほどでもないのだけど・・・。私の場合編み目がきついのか、なんとなく、ほんのりと、耐久性を気にしておりました。

そんなわけで、より耐久性のありそうな、別メーカーで出てる、金具でコードをつなげているものも使ったことあるんですが、私の場合、編み方がきついのか、時々、引っかかってしまってイヤだったんです。

今回、新しくなった「匠」シリーズの輪針は見た感じ、金具でコードをつなげてるけど、引っかかることはあまりなさそうで、尚且つ、耐久性もありそうですよね。使ってみたい。


とりあえず、今回使った号数で紹介します。

楽天
↓ ↓ ↓







Amazon
↓ ↓ ↓




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました

こんな季節ですが・・・。

完成間近でしばらく放置してしまっていた「アレ」を完成させました。

画像は、しばらく放置していたこともあって、なんとなく、アンティーク風に加工してみました。画像加工も、いろいろいじっていると面白いなぁ。もうちょっと、お洒落に、カッコよく(いわゆる映え?)写真を撮ることが出来ればいいけど、写真撮る技術はイマイチ。カメラの機能が良い分、写真を撮る技術の無い私のウデではカメラが泣いているにちがいない。

それはともかく、完成させました。

ネックウォーマー



もう夏だとういのに、冬物のネックウォーマー。
季節的にもアレなので、使うのは次の冬。
実は、自分用に作っていたんだけど、うちの若さまが、作っている最中、如何にも「オレのものを作ってるんでしょ」オーラを出して、「ねぇ、いつ出来んのそれ?」って、何度も訊いてくる。そして、出来上がったのがわかると「あざーすっ!」と、どこで覚えたんだか・・・。そんなわけで、結局、若さま用。
そんなふうに言ってくれるのなんて今のうちだけだよなぁ。そのうち、母が作ったものなんて使いたくも無くなるだろうから・・・。

作り始めた当初は、帽子にもなるし、ネックウォーマーとしても使える2wayのものにする予定だったのだけど、途中で予定変更。割と太めの糸で、なんとなく、「二つ折りにして、あったかふわふわネックウォーマーがいいな」と思うようになって、結局、ネックウォーマとしての機能しか備えていない長さで完成とさせてしまいました。

もう一つの理由は、帽子にするにはちょっと緩くなってしまったこと。ゲージもとらずに、テキトーに作り始めてしまったので、サイズ的にちょっと緩い感じが・・・。ちょっとだけなんだけどね・・・。頭の大きい男性ならば、ちょうど良いかもしれない。

使った糸は前回の記事で紹介しているので今回、詳細は省きますが、出来上がった感じは、ふわふわ触感。普通の撚りのある糸に比べて、かなり、ふわふわした感じです。寒い冬にはもってこいの糸。ロービングは今回初めて使ったのだけど、このふわふわ感は、結構、好きかも。


さて、今回は完成間近で、突然、思い立って、ある種、私にとっては挑戦の作品(?)にもなりました。

編み物は基礎本とか見ながらほぼ独学。始めたばかりの頃、二目ゴム編み止めを、本を見ながら、挑戦してみたんですが、わけがわからず、挫折。それ以来、編み図に二目ゴム編み止めで終わりにすると指示があっても、ゆるく伏せ止めにして、終わりにしてました。

が、編み物を始めたころにはまだなかった、いわゆる、蜘蛛の巣上の動画配信。
そちらも参考にしつつ、ん十年ぶりに挑戦です。
良い時代になりました。
大人になって、理解力もちょっとだけ上がっていて(と信じたい)、本を見ながら、動画を見ながら、で、二目ゴム編み止め、なんとかできました。
実際に先生について教わったわけでないので、私の針の持っていき方が、実際に合っているのかどうかはわかりませんが、おそらく、大丈夫だと思います。

さて、ここにきて、「そういえば」と思ったことが・・・。
「ゴム編みの作り目もそういえば、挫折していた。」
今回は普通の指でかける作り目でスタートしたけど、次回(いつになるかわからないけど)、覚えていたら、また、ゴム編みの作り目に挑戦したいです。


そして、今、作り始めたものも紹介。

夏用の帽子



夏用の帽子です。ちょっと可愛らしいデザインになっているので、流石に、これはウチの若さまは欲しがらないと思います。詳しい情報は仕上がった際に、また。

ネックウォーマーもそれなりに可愛らしいデザインだとは思うのだけど、欲しがってもらったので、若さまのものです。


棒針編みの基礎を学びたい方におススメの本はコチラです。二目ゴム編み止めも掲載されています。
Amazon
↓ ↓ ↓



楽天
↓ ↓ ↓






私が参考にした本は、もっと以前に出版されたもので、コチラです。
楽天
↓ ↓ ↓




多分、最初に紹介した本の方が、最新版で、よりわかりやすくなっているんじゃないかなぁ、と思います。新しく購入しなおそうか悩み中。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


久しぶりに

久しぶりに棒針で、「ザ・ケーブル」みないなの作りたいなぁ、と思っていたところ、立ち寄った手芸用品店で、10玉入り、しかも書籍付きで大安売り毛糸を見つけたので、購入。書籍もついていたところを考えると、100均の毛糸より安く質の良いものを購入で来たんじゃないかと。よい買い物ができました。

さて、
作りたいなぁ、と思っていたのが、ネックウォーマーにもなって、帽子にもなって、みたいな、2wayのアイテム。
なので、できれば輪針で作りたい。
もちろん、5本針でもいいのだけど、輪針の便利さを知ってしまった私としては輪針が良い。
編み物するけど、そんなに上手でもないので、5本針を使用した際、どうしても目が伸びちゃう部分があって(今は解決済みで、伸ばさずにに編めるようにはなってると思います)、輪針にはそこに注意を払わずとも好いという便利さもあって、やっぱり輪針。

輪針には輪針のちょっとしたデメリットもあるけど、やっぱり輪針。
だけど、今回購入した毛糸に合う号数の輪針を持っていなかったので、それも購入。
基本、小物しか作らないので、40㎝のものです。

ネックウォーマー



糸は「ロービング」といって、撚りの無い糸です。
こういうタイプの糸を使うのは初めて。
慣れるまでは結構面倒でした。
なにが面倒だったかというと、糸の間に針の先が入ってしまって、糸を割ってしまうというのを何度もしでかしました。
私なりの解決法ですが、軽く、ロービングの良さを損なわないように、本当に軽く撚りをかけながら、編んでいくというところに落ち着きました。

撚りがかかっていない糸なので、編地の触感は軽いフエルトのような感じです。
柔らかくて、軽くて、ほんわかと心地が良いです。

さて、糸の他に紹介したいものが・・・。
白い毛糸に限らず、編みながら糸を汚すというのは避けたい。糸がころころと転がっていくのも避けたい。いろいろ試した結果、私がいま愛用しているのが、「山田化学 カッター付 ヒモ収納ケース (大)」。
ビニールひもとか紙ひもとか、荷造り用に使うようなひもを入れて使うツールみたいで、紐を切るためのカッターもついていてとても便利な一品です。

中央に糸を通す穴が開いているのだけど、周りに大きな穴が4つ開いているので、小さな毛糸の玉だったら、何個か中に入れて、配色替えとかできるかも、と思っていますが、まだ試したことはありません。

注意したいのが、編んでいる途中で、うっかり毛糸をカッターの方に持っていってしまわないようにすることかな。

それから、冬場はなにかとハンドクリームとかつけることが多いので、手袋(あの白いやつね、精密機械とかをいじるときにはめるようなやつ)をします。手袋はカリグラフィーするときも活用していて、親指、人差し指、中指の先の方はカットして使っています。


山田化学 カッター付 ヒモ収納ケース (大)」に興味のある方は是非。

Amazonさんからはコチラから
↓ ↓ ↓




楽天さんからはコチラから
↓ ↓ ↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山田化学 カッター付 ヒモ収納ケース (大)
価格:860円(税込、送料別) (2019/2/17時点)




こちらはサイズ違いで、上記のものより小さめサイズ。
↓ ↓ ↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒモ収納ケース
価格:108円(税込、送料別) (2019/2/17時点)




毛糸と編み針などの道具の購入はコチラからどうぞ
↓ ↓ ↓



今回私が使用した毛糸と全く同じものはこちらのお店で購入はできませんが、様々な毛糸の取り扱いがあって、たまに利用させていただいているお店です。ロービングの糸も色々な種類がありますので、是非、探してみてください。


それから、とってもシンプルななわ編みのネックウォーマーを作っていますが、それでも、なんとなく参考にさせていただいた書籍があります。そちらもご紹介。

Amazonさんはコチラから
↓ ↓ ↓



楽天さんはコチラから
↓ ↓ ↓




輪針を使う際の作り目の作り方とか、模様をちょっと参考にさせていただきました。
使っている毛糸が違うので、書籍に掲載されている作品をそのままつくろうと思ってもダメですし。
尚且つ、作りたいと思っているものが、今回の場合はっきりしていたこともあって、書籍にそのような作品が掲載されていなかったので、ちょっとだけ上記の部分を参考にさせていただいた程度です。

でもね、
こちらの書籍に掲載されている作品はどれも普段使いにピッタリで、尚且つ、初心者向けなので、説明も丁寧です。この本に掲載されている作品をそのまま作ることがあるかどうかはわかりませんが、これからも模様とかは参考にしつつ、なにか作るかもしれません。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


暑いですね~

5月下旬。
今日の予報では、長野市内最高気温30℃。
暑いですね~。

だけど・・・。


ネックウェア



完成しました。 ネックウェア。


こちらのキットです。
↓ ↓ ↓




1玉で2種類のネックウェアが作れるのだけど、そのうちの1種類が完成しました。
なかなか不思議な編み図で、だんだんと形になってくるのが楽しかったです。
暑くなってくるとこういう冬物毛糸を扱うのも「ちょっとね~」っていう感じなので、もう一種類は「来シーズンまで眠らせておこうかなぁ」とか考えてます。

上記ショップで購入したのだけど、選んだ糸が思っていたよりも暗い感じだったので、ちょっとがっかり。ネットショップでの購入はそういこともある。まぁ、仕方が無い。
予定ではもっと明るい感じの色で、うちのチビ助くん用のつもりだったんだけど、かなり、渋い感じ。違う糸を購入して、作りなおそうかな、とかも思います。実際、編んでいてとても楽しい編み図なので、何枚も編みたくなってしまいます。編み方は単純なので、初心者にもおススメ。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
ありがとうございました

ミステイク

2月。

まだまだ寒い。

あったかグッズは必需品。

そんなあったかグッズをいくつか作りました。

ニット帽

ネックウォーマーと帽子。

輪針にハマっています。
輪針の凄いところは輪に編むのはもちろんのこと、往復編みだって出来ちゃう優れもの。

兎に角、輪針にハマって、ネックウォーマーと帽子を作りました。

使った糸はだいぶ前に購入しそのままになっていたハマナカの「メンズクラブマスター」。

編み図はありません。

ネックウォーマーの方は厚みが出るようにFishermans ribで編みました。以前も少しばかり話題にした編み方です。

DOROPS Tutorial 「Fisherman's rib in the round」

でもって、帽子の方は2目ゴム編みと「ミステイク」ですよ。
ミステイクといっても、失敗したわけではなくて、「mistake rib stitch」というゴム編み模様の一種。
表目と裏目のみで出来る模様です。
ごつごつした感じが好きです。
個人的には「Fisherman's rib」よりも好きかも。

詳しい編み方なんかは「mistake rib stitch」で検索してみてください。

4目2段1模様。
作り目は輪の場合、4の倍数。
往復編みの場合、4の倍数+1。


英文パターンなので、覚書を少し。
K=表編み
P=裏編み

英文パターンの便利なところは裏を見て編む段も「K=表編み、P=裏編み」で編めばよいところ。

なので、日本の編み図に変換すると。
裏を見て編む段(偶数段)は表からみると
K=裏編み
P=表編み
になります。

なんか文章にすると分かりづらい。




まだ寒いとはいえ、春の準備もそろそろ。

春色

さわやかなグリーン、若葉色といった感じでしょうか、そんな色の糸でショールを作っています。

使用糸や図案などはまた後日改めまして。

棒針の透かし模様も楽しい。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました