Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2019年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2019年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 棒針
CATEGORY ≫ 棒針
       次ページ ≫

久しぶりに

久しぶりに棒針で、「ザ・ケーブル」みないなの作りたいなぁ、と思っていたところ、立ち寄った手芸用品店で、10玉入り、しかも書籍付きで大安売り毛糸を見つけたので、購入。書籍もついていたところを考えると、100均の毛糸より安く質の良いものを購入で来たんじゃないかと。よい買い物ができました。

さて、
作りたいなぁ、と思っていたのが、ネックウォーマーにもなって、帽子にもなって、みたいな、2wayのアイテム。
なので、できれば輪針で作りたい。
もちろん、5本針でもいいのだけど、輪針の便利さを知ってしまった私としては輪針が良い。
編み物するけど、そんなに上手でもないので、5本針を使用した際、どうしても目が伸びちゃう部分があって(今は解決済みで、伸ばさずにに編めるようにはなってると思います)、輪針にはそこに注意を払わずとも好いという便利さもあって、やっぱり輪針。

輪針には輪針のちょっとしたデメリットもあるけど、やっぱり輪針。
だけど、今回購入した毛糸に合う号数の輪針を持っていなかったので、それも購入。
基本、小物しか作らないので、40㎝のものです。

ネックウォーマー



糸は「ロービング」といって、撚りの無い糸です。
こういうタイプの糸を使うのは初めて。
慣れるまでは結構面倒でした。
なにが面倒だったかというと、糸の間に針の先が入ってしまって、糸を割ってしまうというのを何度もしでかしました。
私なりの解決法ですが、軽く、ロービングの良さを損なわないように、本当に軽く撚りをかけながら、編んでいくというところに落ち着きました。

撚りがかかっていない糸なので、編地の触感は軽いフエルトのような感じです。
柔らかくて、軽くて、ほんわかと心地が良いです。

さて、糸の他に紹介したいものが・・・。
白い毛糸に限らず、編みながら糸を汚すというのは避けたい。糸がころころと転がっていくのも避けたい。いろいろ試した結果、私がいま愛用しているのが、「山田化学 カッター付 ヒモ収納ケース (大)」。
ビニールひもとか紙ひもとか、荷造り用に使うようなひもを入れて使うツールみたいで、紐を切るためのカッターもついていてとても便利な一品です。

中央に糸を通す穴が開いているのだけど、周りに大きな穴が4つ開いているので、小さな毛糸の玉だったら、何個か中に入れて、配色替えとかできるかも、と思っていますが、まだ試したことはありません。

注意したいのが、編んでいる途中で、うっかり毛糸をカッターの方に持っていってしまわないようにすることかな。

それから、冬場はなにかとハンドクリームとかつけることが多いので、手袋(あの白いやつね、精密機械とかをいじるときにはめるようなやつ)をします。手袋はカリグラフィーするときも活用していて、親指、人差し指、中指の先の方はカットして使っています。


山田化学 カッター付 ヒモ収納ケース (大)」に興味のある方は是非。

Amazonさんからはコチラから
↓ ↓ ↓




楽天さんからはコチラから
↓ ↓ ↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山田化学 カッター付 ヒモ収納ケース (大)
価格:860円(税込、送料別) (2019/2/17時点)




こちらはサイズ違いで、上記のものより小さめサイズ。
↓ ↓ ↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒモ収納ケース
価格:108円(税込、送料別) (2019/2/17時点)




毛糸と編み針などの道具の購入はコチラからどうぞ
↓ ↓ ↓



今回私が使用した毛糸と全く同じものはこちらのお店で購入はできませんが、様々な毛糸の取り扱いがあって、たまに利用させていただいているお店です。ロービングの糸も色々な種類がありますので、是非、探してみてください。


それから、とってもシンプルななわ編みのネックウォーマーを作っていますが、それでも、なんとなく参考にさせていただいた書籍があります。そちらもご紹介。

Amazonさんはコチラから
↓ ↓ ↓



楽天さんはコチラから
↓ ↓ ↓




輪針を使う際の作り目の作り方とか、模様をちょっと参考にさせていただきました。
使っている毛糸が違うので、書籍に掲載されている作品をそのままつくろうと思ってもダメですし。
尚且つ、作りたいと思っているものが、今回の場合はっきりしていたこともあって、書籍にそのような作品が掲載されていなかったので、ちょっとだけ上記の部分を参考にさせていただいた程度です。

でもね、
こちらの書籍に掲載されている作品はどれも普段使いにピッタリで、尚且つ、初心者向けなので、説明も丁寧です。この本に掲載されている作品をそのまま作ることがあるかどうかはわかりませんが、これからも模様とかは参考にしつつ、なにか作るかもしれません。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


暑いですね~

5月下旬。
今日の予報では、長野市内最高気温30℃。
暑いですね~。

だけど・・・。


ネックウェア



完成しました。 ネックウェア。


こちらのキットです。
↓ ↓ ↓




1玉で2種類のネックウェアが作れるのだけど、そのうちの1種類が完成しました。
なかなか不思議な編み図で、だんだんと形になってくるのが楽しかったです。
暑くなってくるとこういう冬物毛糸を扱うのも「ちょっとね~」っていう感じなので、もう一種類は「来シーズンまで眠らせておこうかなぁ」とか考えてます。

上記ショップで購入したのだけど、選んだ糸が思っていたよりも暗い感じだったので、ちょっとがっかり。ネットショップでの購入はそういこともある。まぁ、仕方が無い。
予定ではもっと明るい感じの色で、うちのチビ助くん用のつもりだったんだけど、かなり、渋い感じ。違う糸を購入して、作りなおそうかな、とかも思います。実際、編んでいてとても楽しい編み図なので、何枚も編みたくなってしまいます。編み方は単純なので、初心者にもおススメ。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
ありがとうございました

ミステイク

2月。

まだまだ寒い。

あったかグッズは必需品。

そんなあったかグッズをいくつか作りました。

ニット帽

ネックウォーマーと帽子。

輪針にハマっています。
輪針の凄いところは輪に編むのはもちろんのこと、往復編みだって出来ちゃう優れもの。

兎に角、輪針にハマって、ネックウォーマーと帽子を作りました。

使った糸はだいぶ前に購入しそのままになっていたハマナカの「メンズクラブマスター」。

編み図はありません。

ネックウォーマーの方は厚みが出るようにFishermans ribで編みました。以前も少しばかり話題にした編み方です。

DOROPS Tutorial 「Fisherman's rib in the round」

でもって、帽子の方は2目ゴム編みと「ミステイク」ですよ。
ミステイクといっても、失敗したわけではなくて、「mistake rib stitch」というゴム編み模様の一種。
表目と裏目のみで出来る模様です。
ごつごつした感じが好きです。
個人的には「Fisherman's rib」よりも好きかも。

詳しい編み方なんかは「mistake rib stitch」で検索してみてください。

4目2段1模様。
作り目は輪の場合、4の倍数。
往復編みの場合、4の倍数+1。


英文パターンなので、覚書を少し。
K=表編み
P=裏編み

英文パターンの便利なところは裏を見て編む段も「K=表編み、P=裏編み」で編めばよいところ。

なので、日本の編み図に変換すると。
裏を見て編む段(偶数段)は表からみると
K=裏編み
P=表編み
になります。

なんか文章にすると分かりづらい。




まだ寒いとはいえ、春の準備もそろそろ。

春色

さわやかなグリーン、若葉色といった感じでしょうか、そんな色の糸でショールを作っています。

使用糸や図案などはまた後日改めまして。

棒針の透かし模様も楽しい。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

debut

11月も半ばを過ぎれば、気分はすっかりクリスマス準備。

寒くなってきたしね。

クリスマスとは関係ないけど、寒さ対策。

ネックウォーマー兼ヘアバンドを編みました。

ネックウォーマー


そんなわけで、ネックウォーマー兼ヘアバンドを作るために、以前から気になっていた輪針をやっと購入しました。

購入したのはおそらくもっとも手に入りやすいクロバーさんの輪針「匠」 60cmのもので、6号針です。

使った糸はフェリシモのキットで、余っていたものと作らずにそのまま置いていたものを使用。6号針指定だったので、購入した輪針も6号。

そして、何の考えもなしに長さ60㎝の輪針を購入。

輪針は通常、作りたいものよりも短いものを使用するらしいのですが、そんな知識もなく、勢いで購入してしまいました。

私の場合、棒針で編むものいったら、帽子、マフラーなど小物ばかり。60㎝は必要なかったかも。40㎝のがきっとちょうど良い。

今回も55㎝前後のものを作る予定だったので。

仕方がないので、いろいろと検索してみたところ、マジックループという技法を発見。この技法を使うと輪針の長さに対して、短いものを作ることができるらしいので、挑戦。

・・・55㎝のものを作ろうとして、マジックループの技法を使うのに60㎝では短かすぎでした。私のやり方が悪いのか?

結局、仕上がってみたら、64㎝程になってしまい、ヘアバントとしては緩すぎ、ネックウォーマーとしても使えなくはないけど、かなり隙間ができて、あまり暖かくないかも。

40㎝、買いなおす?どうする?


模様はシンプルだけど、存在感のあるイギリスゴム編み。普通の1目ゴム編みよりも私は好きです。厚みも出てくるので、冬物にお勧めの編み方。太めの糸でざっくり編んだらかっこいいかもと思っています。一般的な1目ゴム編みよりもゴム編みの模様がしっかり見えるのがいいです。


それにしても、輪針、いいです。4〜5本針で今まで頑張ってきた意味が解りません。なぜ、もっと早く購入しなかったのか・・・。棒針編みが楽しくなってきました。

輪針、必要に応じて、少しずつ買い集めることにしました。

必要に応じて・・・ヘアバンド作りたいしなぁ、40㎝どうする?



輪針の購入はコチラから
 ↓ ↓ ↓


40㎝はコチラ
 ↓ ↓ ↓





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

試しにいろいろ

スタークロッシェについていろいろと調べていたら(・・・といってもネットで検索しただけ)、どんどんと広がっていって、久々に棒針を持ちたくなりました。

というわけで、試し編み。
試しに

下からstar stitch(またはdaisy stitch)、Irish Mesh stitch、blackberry(またはraspberry) stitchです。
Irish Meshはちょっとしたミスがあり、微妙だけど、途中で修正しております。

どのパターンも「よくわかる編目記号ブック(棒針あみ120)」という本に掲載されている編み目を参考にするとできる模様でした。


※訂正
よくわかる編目記号ブック(棒針あみ120)」には模様の編み図は掲載されていません。いろいろなサイトを参考にしながら3種類の模様を編みました。

わかりづらいところを「よくわかる編目記号ブック(棒針あみ120)」を参考にしながら、編んでいきました。





゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*。,。*゜


今回、かぎ針に続いて棒針も英語デビューです。

英語の表記はわかりづらいけど、便利な面もあります。

棒針編みの基本は表目を見て編んでいき、次の段は裏目を見て編んでいくので、編み方が記号と逆になります。慣れればいいけど、初めて棒針を持ったときはそれが理解できずに困りました。そもそも、持ちかえると言うことすらわかってなかった。

一方、英語表記の場合は自分の見ている編み地で表記してあるのでその点ではわかりやすいと感じました。

゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*。,。*゜

だいぶ前ですが、スタークロッシェの本を1冊購入しました。購入したはいいけど、結局、編み方がわからなくて、ネットに頼り、最終的には人に頼り(その節は、本当にありがとうございました)ました。

ネットに頼った結果、出てきたのが、star stitchという呼び名。日本でも昔から似たような編み方はあるみたいです。菊編みとか笹編みとかいう名の編み方・・・。私は今まで知りませんでした。

で、棒針編みに話を戻すと・・・。

star stitch(かぎ針)で調べていたら、棒針り編みのstar stitchも出てきて、これまたかわいい編み地だったので、編んでみました。おまけで、他の2つも編んでみました。

なにをしたいかというと、春っぽいショールを作りたいの。結局、今回試し編みした3つの編み地でなく、透かし模様にするかもしれない・・・。





※追加文章
今回、編んだそれぞれのパターンの編み図は出ていませんが、この本はとても役立つ本です。重宝してます。たいていの編み物の本には最後の方にその本に出てくる記号の解説がありますが、その記号解説ページと編みたいモノの編み図ページを同時に開くのはたいていの場合無理!!この本 ↑ があるとそのイライラを解消してくれます。大概の記号が掲載されているので、便利です。


deco
ランキングに参加しております
クリックお願いします




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございました