Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 占い
CATEGORY ≫ 占い
      

驚いたなぁ

ひょんなことから「占い」というものにちょっとだけ興味を持ち始めて、なんとなく、「西洋占星術」の本をかじってみたり・・・。

本当になんとなく、ちょっとだけなので、まずは自分のチャートを作って(蜘蛛の巣の上を頼って)、こんな感じかァ、と、感心してみたりしてます。

趣味で西洋占星術をやっている友人にもお願いして、見てもらったりとか・・・。

で、ちょっとだけかじっている程度の私による、私自身の分析(の一部)。


その一 : 兎に角、いろんなことに興味が広がって、引き締まらない。きっと、片づけられないのもこの所為(にしてしまおう)。広がるだけ広がって、引き締められないんですよ、兎に角。
そこをきちんと引き締めていけば、ものすごい威力を発揮できそうな星の位置です。

その二 : 他人と関わるのがあまり得意ではないが、ボランティア精神は旺盛、という矛盾(かな?)を抱えている。


ほんの一部ですが、こんな感じ。
そして、驚いたことに、実は、これまたひょんなことから「手相占い」にも興味を持ちまして、これまた、浅いところをほんの少しだけかじってみたら・・・。
手相にも同じようなことが表れていた。
なんか驚きました。

一言に、占いと言っても、色々なものがあるし、一つものだけではなくて、多方面から見ていくとまた面白いんだろうなぁ、と思いました。
と、思いましたが、私はたぶん「占い」をそこまで掘り下げてみることはしないと思います。

とか、言いつつ、めちゃめちゃ掘り下げて『占い師』とかになっていたら、それはそれで、驚きだわ。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


お月様の言うことには

なんか、ここのところ妙に「占い」に関することに出会うことが多く、自分でも興味を持ち始めたりもして、いろいろ読んだりしてみます。


西洋占星術ではそれぞれの惑星が色々な意味を持っているみたいです。
西洋占星術で「月」とは「素の自分」なんかを表すみたいです。要は内面的な部分を表すみたい。他にもいろんな意味を持っているみたいですが・・・。

月をみるといえば、「宿曜」は月をみる占いみたいですね。こちらも、「素の自分」、内面的な、本来持っている性格をみるみたいです。
ただし、「宿曜」も月だけではなく、太陽もみるみたいです。それを12宮で表すみたいなんですが、西洋占星術の星座とはまた別ものらしいです。ひとつの「宿」で2つの「宮」に属する場合もあって、その場合はどちらに傾いているかというよりも両方の性質を持っていると思った方が良いみたいです。

西洋占星術の「太陽」は「表に出ている自分」かな?いわゆる12星座はこの太陽をみます。西洋占星術ではまず「太陽」の方をみて、つぎに「月」をみるみたいですが、宿曜では「月」をみて、「太陽」をみる感じかな?

宿曜はインド→中国→日本の経路で伝わったらしいです。
私の考えではあるのだけど・・・。
日本人は表面的なものよりも内面的なものを大事にする傾向があると思うので、「月」の内面性をみたのかもなぁ、と思ったりしてます。
西洋の場合は内面よりも社会性を大事にする傾向があると思うので、社会的な「太陽」をまず最初にみるのかなぁ、と思ったりしてます。


宿曜は、生まれたときの「月」の位置で、27宿に分かれるみたいですが、暦(カレンダー)では28宿になるそうです。抜けるのは牛宿。インド発祥の宿曜は神聖なる「牛」を人に当てるのは良くないという考え方から、暦で28宿を採用するけれども、人の性格をみるときは「牛宿」を抜いた27宿でみる・・・というのをどこかでみました。他にも「牛宿」があまりに小さな星であるからとか・・・。「諸説あり」ってところですね。なので、性格をみる際、27宿ではなく、28宿でみた方がより正確という考えもあるみたいです。

繰り返しになりますが、宿曜では旧暦方式で月の運行をみて、27宿に割り当てるそうです。ただし、この場合、実際の天体の動きとはズレが生じる・・・というわけで、実際の天体の動きから、「宿」を出す考え方もあるみたいです。

そんなわけで、まずは、旧暦方式で、私自身の宿曜を調べてみます。
「斗宿」だそうです。キーワードは「カリスマ性」。正直、ピンときません。私にそんな「カリスマ性」があるとは思えません。とはいえ、内面をみる占いですから、自分では気づいてないのかも・・・と思えば、そういうことでしょう。

つぎに、西洋占星術の月の位置をみてみます。
山羊座でした。「論理的で冷静」「凝り性で努力家」みたいな感じらしいです。
前述した「斗宿」な感じよりも自分らしいなと思ったのが、率直な感想です。

ではでは、
「宿曜」は旧暦方式で月の運行をみて、そこから、自分の「宿」をみているらしいので、実際の天体の動きとはどうしても「ズレ」が出て来るらしいと前述しました。そんなわけで、私の「宿」を実際の天体の動きからみてみようと思うわけです。

まずは月の黄経を調べます。→こよみのページというサイトの「その他の暦日計算」→「太陽と月の視黄経・黄緯の計算」から、生まれた日の「月」の黄経を調べます。「月」をポチっとするのを忘れないでくださいね。ホロスコープの出生図を作っておけばそこからでも計算できます。

生まれた日の「月の黄経」から単純計算で27宿にあてると私の宿は「女宿」になりました。
「女宿」の性格は「真面目、努力家」みたいな感じ。
西洋占星術でみる「山羊座」の性格と似ている気がします。

そんなわけで、「占い」として、旧暦方式でみる宿曜は「当たらない」のか・・・、という疑問になるかと思うのだけど、私個人的には「それは違う」という結論。

どうして?

27宿でみるか28宿でみるか、旧暦方式でみるか、実際の天体の動きでみるのか、その場合、単純に27等分(または28等分)でみていいのか、それぞれいろんな考えがあるかと思うのだけど・・・。

現代でも、宿曜は旧暦方式でみるのが主流であるのは、現代まで脈々と続いてきた「宿曜」の「考え方」とか「思想」とかがあるからだろうと思うのです。
だって、単純に考えて、実際の天体の動きとズレているのがわかっていても、頑なに旧暦方式を使うのはやっぱり、根本的にある考え方とか思想を大事にしたいからでしょ?きっと、たぶん。

結局のところ、「占い」は「当たる」とか「当たらない」とかじゃなくて、「思想」なんだろうな、という私なりの結論。なので、その考え方、思想を尊重し、そのまま、私は、宿曜では「斗宿」、西洋占星術でみる月星座は「山羊座」で、良し。

ま、どっちでもいいじゃん!!!って考えです。

じゃ、なんでそんなに「占い」に興味持ってるの?という疑問。
単純に私の中にある知的好奇心を満たすためです。

ライン



西洋占星術に関しては最近、本を購入しまして、そちらを参考にしました。「 いちばんやさしい西洋占星術入門」という本です。CD-ROMがついていて、出生図(ネイタルチャート)と経過図(トランジット)が作れます。作れるんですが、私は蜘蛛の巣上で、作っています(友人に紹介してもらったところ、今度ブログで紹介しますね、多分)。コチラのCD-ROMは使っていないので、そこに関する感想は省きます。

この本の題名通り、「入門」ではあるけれども、初心者(私もまったくの初心者)にとって、かなり、わかりやすく書かれていると思います。まだ、そこまでじっくり読みこんではいませんが・・・。当然、「入門」なので、細かな説明はなく、本当に、さわりだけといった感じではあります。西洋占星術に関してそれなりに知識のある人にとってはかなり物足りない内容かと思いますが、私のような全くの初心者にはおススメの1冊。個人的にはちょっと気になる「ドラゴンヘッドとドラゴンテイル」の話も掲載してもらいたかったとも思います(多分、載ってない、端から端までじっくり読んでないので…もし、掲載されていたらごめんなさい)。
トランジット(経過図)の説明もちょっと掲載されていて、その時の運勢の読み方もちょっと載っています。あとは、相性のみかたとか。この辺も「入門」なので、そこまで、「詳しく」というわけにはいきませんが、表面的な部分は理解できるかな・・・くらいの内容です。

ではでは、
楽天での購入はコチラから
↓ ↓ ↓





Amazonでの購入ははコチラ
↓ ↓ ↓




なんか、こんなこと調べてると、結局、最終的には「占い(思想)」→「天文学(科学、現実的)」の世界に飛び込みそうだな、私。めちゃめちゃ、奥が深そうだ。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


不思議な出来事

今から、2年位前の秋ごろかな?
もうちょっと前かもしれない、季節は間違いなく初秋。
用事があって、新宿に出かけたときのこと。
すれ違いざまな、私のことをじろじろと見てくる女性がいたんです。
あまりにもじろじろと見て来るので、「覚えてないけど、もしかしたら知り合いかも?」と、思って、軽く会釈。
そしたら、向こうから声をかけてきて…。

なにやら、私の「周りのオーラがものすごかったので、思わず、声をかけました・・・」みたいな内容。
当然、「新手の宗教かしら?これは関わりたくない・・・」と、思うわけですよ。
なんですが、その人曰く、私が本当に凄いオーラを放っていたらしいのと、なにやら、秋ごろに亡くなった身近なご先祖様(祖父母くらいの)方が近くにいて助けてくれているだとか・・・。
「とにかく、一度きちんとした占い師にみてもらった方が良い」と強く言われました。
いつもならばそんなの相手にしないんですが・・・。
実は・・・不思議なことに、その頃、自分でもうまく表現できないんだけど、なにか自分でも不思議なくらい色々なことが上手くいっているような気がしていたのと・・・、なんとなく、祖父のことを思っていたような気がします。
とにかく、その人に声をかけられたことに、妙に不思議な縁を感じて、お話を聞くことにしてしまったんですよ。

その人は、霊的なものも感じることが出来る占い師さんだそうで、普段は相当な金額を取って、相当な地位のある方々をみているそうです。しかも、代々、占い師をしている家系の方だそうです。本当かどうかわかりませんが・・・、もし、本当であれば、その時の私って、思わず声をかけたくなっちゃうほど、なにかすごいオーラを放っていたんでしょうね。

とはいえ、怪しいには怪しい。そこまで真剣に聴くことも出来ず・・・いつか、機会があったら占い師さんにみてもらおうかな…くらいで終わりました。もちろん、連絡先などの交換もしませんでした。ヘンにいろいろ押し売りされることも無く、騙された、というものでもなく、良かったです。

そんなわけで、心の片隅になんとなく「占い」というキーワードを持ちつつも、「占い」を信じる方でもない(全く信じないわけでもない)ので、なんとなく数年過ごしてきたわけですが、今年3月、色々と悩んでいたこともあり、もう、本当になんとなく、な感じで、地元の占い師さんにみてもらいました。手相と誕生日で占ってもらいました。

その後、なんとなく友人に「占い」のお話したら…その友人、なんと、趣味で西洋占星術をよむそうで・・・。とはいえ、本人曰く、生業とするほどではないとのこと…。知り合って、だいぶ経ちますが、そんな趣味があったとは知りませんでした。

そんなわけで、今度はその友人に西洋占星術のチャートを作ってもらって、ざっくりとお話を聞いてみたり…。そこから、やっぱり自分でもちょっと興味がわいてきたので、色々調べてみたり。

なんだか、ここのところ「占い」に縁があるな・・・と思っていたら。
友人はあるサイトで西洋占星術の出生図を作ってくれたのですが、そのサイトをゆっくりと見ていたら…。
どうも、わたくし、しばらくの間、「海王星が月にセクスタイル」だそうで、神秘的なものに魅かれる時期だそうです。詳しくはわかりませんが、出生図と今の星の位置関係なんかをみて、そういう感じみたいなんですね。なんか、そういう星回りってあるんですね。

さらに、偶然は重なり、今、とある勉強をしているんですが、その先生が占いもするみたいで、私の本来持っている性格なんかをちょっとだけ教えてくれました。どうも、宿曜を元に占いをするみたいです。
ちなみに、私がその先生から学んでいることは占いではないです。

そんなわけで、西洋占星術について、ざっくりと興味を持ち、宿曜とはなんぞやと興味を持ち、そして、どちらかというと、陰陽五行の思想に昔から興味を持っているので、そちらの「占い」にも興味がわいてくるんですよ。

で、さらには手相とか人相とかにも・・・。

もっというと、世界中にはいろんな占いがあるんだろうな、と思うと興味は尽きないですね。

私の中で、「占い」は、当たるとか当たらないとかいうよりも「思想」とか「文化」としての学問的な意味合いが強いです。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました