Tinte(ティンテ) ◇ カリグラフィー & * * *

カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 手仕事関連本
CATEGORY ≫ 手仕事関連本
       次ページ ≫

色鉛筆画に挑戦?

色鉛筆画をやりたいな~、というよりも、色の塗り方とか参考になりそうだったので、購入してみました。
購入したもう一つの理由として、この本の著者である河合ひとみさんの絵、私、好きなんです。
四季を描くシリーズ、良いですよ。
そんなわけで、購入してみました。


色鉛筆




中を開いてみると、左側にお手本。右ページは実際に自分で「やってみよう」のページ。
写真はまだ最初の方のページで、色鉛筆を扱うための基礎の基礎の部分。まだ3分の1くらいしか塗っていないけど、濃淡を見本と同じように綺麗に出すって、単純そうに見えて意外に難しい。使用している色鉛筆の種類が違うからかしら?とか、色鉛筆の所為にしてみたり…(実際は私の実力不足)。


中身



この本の良いところはその題名の通り、「描き込み式」であるというところ。
個人的には本に描き込むのはあまり好きでないというか抵抗があります(ただし、資格取得のためとか教科書的な本にはめちゃくちゃ書き込んでますが)。
一度描きこんでしまったらやり直しがきかないものはイヤですね。
そんな本の最も代表的なところが塗り絵の本とか描きこみ式のイラスト練習帳的な本とかですね。あと、ゼンタングルの本なんかも描きこみ式のだとヤダな、と思ったり・・・。
つまるところ、イラストなどは何度も何度も描いて、描いて、描いて、そして上達していくものだと思っているので、描きこみ式の本なんかは一度かいてしまったら繰り返し学習ができなくなってしまうじゃないか!と・・・。
あとは、失敗したとか納得いくものにならなかった時に、描き直しができないが故に哀しい気持ちになるのがイヤだったりとか・・・。

しかし、描いていかないことにはますますもって意味が無いので、意を決して(それほど大げさなものでもないのだけど)、この「描き込み式 色鉛筆ワークブック」には塗り始めました。

この本、色鉛筆の基礎から応用まで、みっちりと練習できる構成になっています。
本当に基礎の基礎、色鉛筆の使い方から図形や模様を使った平塗り、一色で濃淡を出し、立体感や質感を表現する方法などなど、順を追って学んでいけます。

絵を描くのがとても苦手ではあるのだけど、それでも描かなければならない場面に遭遇することがあり、何度か描いてきましたが、思うに、立体感とか質感とか出すための色塗りの基本は「陰影」なんじゃないかと、勝手に思っています。そんなところを学びたくてこの本を購入しました。

つまり、私がこの本で一番興味を持ったのは本の後半部分(立体感とか質感とか)。
しかし、後半部分を理解するためにも前半部部は不可欠(基礎)。
前半部分を理解しないままいきなり応用はできません。
これは、色鉛筆画に限らず、なんでもそうだと私は思っています。

さらにこの本、初心者にやさしい下絵付き。左ページに見本。右ページに下絵があるので、見本を見ながら塗っていけるのもうれしいところ。

絵を描くというよりも、塗り方を学ぶ本ではありますが、色鉛筆で塗り絵をもっと本格的に楽しみたい初心者の方におススメの1冊です。




同じ著者の本で「増補改訂 色鉛筆の練習帖365 うまく描けない人へのアドバイス付き」という本もあったのですが、こちらは難易度高めです。書店で拝見したとき初心者には難しいと感じる内容でした。まずは「描き込み式 色鉛筆ワークブック」で練習して、慣れてきたら、「増補改訂 色鉛筆の練習帖365 うまく描けない人へのアドバイス付き」が良いかな、と思います。

それから、最後にちょっとだけ、「描き込み式 色鉛筆ワークブック」の個人的なマイナス点。カリグラフィーのページが数ページあるのだけど、文字がね、個人的にはあまりステキな文字だとは思えなかったのよ。イタリック体だったのだけど。このカリグラフィーのページだけはこの本を使わず、別の紙に自分で書いた文字を使って挑戦してみようと思いました。


ただ、私の場合、色塗りの前に、致命的に絵が描けない。色を塗る前の下絵を描けるようになるためには、まず、デッサンとかやった方がいいのじゃないかと思う今日この頃です。

因みに私が使っている色鉛筆は
友人から、もう何年も前にもらった「トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 90色 全色 セット 第一集 〜 第三集」と、これまた何年も前に購入した水彩色鉛筆「カランダッシュ スプラカラーソフト 120色木箱入」です。後者の方が良く使っているかな。
油性色鉛筆ならファーバーカステルのも使ってみたい。発色がよさそうなイメージ。フェリシモの500色の色鉛筆とかも気になるところ。しかし、個人的には色鉛筆を使う場面があまりないので、これ以上増やすわけにもいかない。いつか購入するかもしれないけど、しばらくお預けね。

今回紹介した書籍は下記から購入できます。
まずはAmazon
↓ ↓ ↓





それから、楽天で購入されたい方はコチラ
↓ ↓ ↓







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

色鉛筆の練習帖365増補改訂 毎日ステップアップ [ 河合ひとみ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)




私が使っている色鉛筆の購入はコチラ
まずはAmazon
↓ ↓ ↓


水彩色鉛筆の方は
↓ ↓ ↓



楽天は
↓ ↓ ↓






水彩色鉛筆はコチラ
↓ ↓ ↓









いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


冬ですが・・・

冬ですが、いつぞやの切り絵を完成させました。

図案は「切り絵作家gardenの切り絵で作る浮世絵」から。


団扇



図案はそのままではなく、拡大コピーをして使用。団扇に仕立てました。団扇は100均(ダイソー)で購入した無地のクラフト用団扇を使用。
裏側は


団扇



フグ。

いやはや、楽しかったです。

実はこのカエルとタコの前に同じ本からネコも切ったんですが、貼り付ける際に大失敗をしまして・・・。
スプレー糊を使用したのだけど、上手くいかず、ちぎれてしまいました。
結局、貼り付ける糊はスプレーではなく、普通のみずのりをてんてんてんと付けていくのがよさそうです。

さて、切り絵ですが、実はだいぶ前から「やりたいな~」と思っていることがあって、一度、挑戦してみたのですが、納得いくものにならず、その「やりたいな~」と思っていることはしばらく放置してます。
あれですよ、アレ。覚えてますか~?その時の記事はコチラ→

とりあえずは「切り絵作家gardenの切り絵で作る浮世絵」から他にも作ってみたいものがいくつかあるので、それに挑戦して、もうちょっと腕を上げてから、チャレンジしてみたいと思います。

それにしても、浮世絵、良いですね~。好きです。


図案の購入はコチラ
↓ ↓ ↓
amazon




楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

切り絵作家gardenの切り絵で作る浮世絵 [ garden ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/30時点)




同じ書籍です。カバーがしてある状態としていない状態の違いです。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


切り絵

長野市の水野美術館で9月24日まで開催されていた「-息を呑む繊細美-切り絵アート展」に行ってきました。
この展覧会では日本を代表する切り絵作家11人の作品を観ることが出来たのですが、
まさに「息を呑む」美しさでした。

長野の切り絵作家といえば、柳沢京子さん。彼女の作品はとても素朴で温かみのある雰囲気です。
そして、人気の蒼山日菜さんの繊細な作品も素晴らしかったです。
個人的に好きだなぁ、と思ったのは倪瑞良さんの四天王のシリーズ。イケメンでした。
それから関口コオさんの「近松心中物語」は本当に美しい。
百鬼丸さんの作品の存在感というか力強さというか迫力もすごかったです。
酒井敦美さんの光を使った切り絵も良かった。
どの作家さんの作品も本当に素晴らしいものでした。

この展覧会を観に行って、感じたことは
オリジナリティー、自己の表現。

展示されていた作家さんの作品は
作家さんそれぞれ、まさに十人十色の作風でした。
切り絵で「なにを表現したいのか」は作家さんそれぞれにそれぞれの思いがあるのだと思う。
その表現したいものに対して技術を磨いているのだなぁ、と感じました。
繊細さを表現したいのであれば、繊細な表現ができるような技術、力強い作品を作りたいのであれば、そのように表現できる技術。

大事なのは「なにを表現したいのか」なんだと。

自分も作品を作るときは「なにを表現したいのか」をよく考えて、作るものと対峙していければ・・・というよりも、そうしなければなと、改めて感じることが出来た展覧会でした。

それはそれで・・・。
観覧終了後のお楽しみはミュージアムショップ。

そんなわけで。


切り絵



展覧会に刺激され、手を出してしまいました。
この話はまた今度。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


秋だしね

もう何年も前に興味を持って購入してはみたものの放置されていた本があります。

そう。

大人の塗り絵

塗り絵。

最初に購入したのは画像にありません。手元に無いから。
マンダラのぬりえ。
なぜ手元に無いのか…。
何年も放置されていて、もうきっとやることは無いだろうと思い・・・手放しました。

さて、そんな塗り絵…なぜここにきてやろうと思ったのか。
100均で見かけたから。

塗り絵を購入したけど、放置してしまった理由の一つが・・・「きれいに塗れなかったらなんかもったいない」。小心者なんです私。

そんなわけで、100均の塗り絵だとなんとなく「なんかうまく塗れなくてもいいや」みたいな心理が働き、興味はあるもののなかなか手が出なかった本格塗り絵(個人的に『大人の塗り絵』っていうの通称はあまり好きじゃない)に挑戦することにしました。

で、100均に売っていた2種類のぬりえともう何年も前に購入していた「大人の塗り絵 花とフルーツ編 大人の塗り絵シリーズ」。そして、新たに「平安王朝絵巻ぬりえbook」を購入し、塗り絵スタートです。

まずは100均の塗り絵2冊から。
と思って始めたら、なんとチビ助さんが興味を持ち、「花の園」はチビ助さんが塗ることに。そんなわけで、私は「メルヘンの世界」を。

そして、塗り絵、始めてしまえば・・・
まぁ、楽しみながらやるものだし、「あまり上手に塗れなかったなぁ」という結果になっても、別にいいじゃんと思えるように・・・。
何事も足踏み状態はよくないなぁ、とにかくやってみないと・・・。

癒されるかどうか・・・というと、塗り絵に向き合っているとかなり本気モードになって、癒されるというよりもちょっと疲れるかも。ただ、心地よい疲れではあるね。もっと気軽にぬりえを楽しみたいな・・・と思う今日この頃。

私は水彩色鉛筆を使っているんだけど、本場フランス(?)ではマーカーが主流みたい。マーカーでベタ塗もそれなりによさそう。画材によってさまざまな表現が楽しめそうだなぁと思うのです。

今持っているぬりえの本で一番楽しみにしてるのが「平安王朝絵巻ぬりえbook」。楽しみにしていた「ばけもの好む中将 伍 冬の牡丹燈籠 (集英社文庫)」という小説を読んだばかりの頃に購入したんですよ、この「平安王朝絵巻ぬりえbook」。そりゃ楽しみですよ。


塗り絵の購入はコチラから
 ↓ ↓ ↓






出版されたばかりのこちらの塗り絵も気になる・・・。
↓ ↓ ↓



その他塗り絵本はかなり様々なものがあります。
クリック

塗り絵



塗り絵じゃなくて小説。
おススメです。
まずは第1巻から。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


押入れにあるもので。

ながの東急カルチャースクール東急ライフ教室にて「基礎からのカリグラフィー」。
受講生、随時募集中です。

お問い合わせ先

ながの東急ライフ 3F 受付カウンター
TEL 026-259-8112(直通)、又は TEL 026-224-1389(ながの東急教室へ)
受付時間 am 10:00 ~ pm 7:00


ライン



だいぶ前に土台だけで来ていた刺しゅう。完成させて、ペンケースに仕立てました。

ペンケース

材料はすべて押入れの中で使われるのをひたすら待っていたモノたち。
ファスナーはもう何年も前に購入した福袋の中に入っていたものだし、バイアステープも何年も前に購入してちょっと使って残ってしまっていたもの。

糸はカロチャをするために購入したDMCの8番。
この糸、売っている場所を探すのがなかなか大変ですが、私は「手芸材料の専門店 つくる楽しみ」で購入しました。こちらのお店、手芸用品の品ぞろえはかなりのものです。

とはいえ、配色、もうちょっと考えればよかったなぁ・・・。



ライン




刺しゅうはインド、カッチ地方の刺しゅう風です。
カッチ刺しゅうは実物を見たことが無く、どのぐらいのサイズで刺せばよいのか、どんな糸を使えばよいのかさっぱりわからないけど、蜘蛛の巣の上で見たデザインがとても素敵だったので、ちょっとやってみたい・・・というところからこのペンケースを作ることにしました。

なので、あくまでカッチ刺しゅう『風』。
インドの刺しゅうなので、濃い色の布に赤とか黄色とか原色系の糸を使ったり、ミラーワークと合わせたりとか・・・なんだろうな。想像の域を出ませんが・・・。

ステッチの方法はすでに絶版みたいだけれども、「刺しゅうステッチ (バイブルシリーズ)」という本にちょろっと掲載されています。

インターレースド・へリングボーン・バンドという名のステッチ。この本にはその題名の通りたくさんのステッチが紹介されていて、その中の一つなので、そんなに詳しい説明があるわけではないのだけど、基本的な刺し方はこの本で分かります。

刺しながら、ケルトノット、アジアンノットを彷彿させるステッチでした。
結び目というのは世界共通の古代からあるデザイン。人類にとって、最も身近なデザインなのね。


ライン





インターレースド・へリングボーン・バンドの刺し方が掲載されている本は
コチラ
 ↓ ↓ ↓



現在、とても恐ろしい値段に跳ね上がっています。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございました