Tinte(ティンテ) ◇ カリグラフィー & * * *

カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ アロマ
CATEGORY ≫ アロマ
       次ページ ≫

香り

先日、ながの東急ライフで開催されたお香の体験講座に参加してきました。

匂い袋と文香



作ったのは匂い袋と文香。

お香ってなんだか難しそうなイメージ。
そして、アレルギーもちの私。モノによってはくしゃみとか鼻水とか酷そう・・・っていうイメージ。
そんなわけで、お香の香り(お寺さんの香り)って好きなんだけど、ちょっと嫌厭しがちなジャンルでした。
そんな私ですが、カルチャースクールの担当の方に勧められたのと興味があったのと文香ってカリグラフィーのカードとかに添えてもステキなんじゃないかしら・・・何か得るものがあるかもってのと・・・そんな感じで申し込んでみました。
実は…正直・・・小難しそう・・・っていうイメージが先立ってしまいまして、「興味はあるけど、どうかな~」という方が強かったのですが・・・。

しかし、この講座を受けてみて、お香の世界にほんの少しだけ触れて(ホント毛の先ほどにもない部分なんだろうな、降ら多内に入らないかも、毛の先にかすった感じ?とっても奥深そう)俄然興味がわきました。とっても楽しかったです。

講師は長野県内ではたった一人しかいないという調香師の方。とってもわかりやすく、お話もとても楽しかったです。香の世界、もっと勉強してみたいな~、と思いました。単純に知的好奇心。
講座では天然の素材を利用して自分で香りを調合。これがまたわけわかんない。好きな香りは「これっ」ていうのがすぐに見つかったのだけど、その香りを引き立たせるためにはなにを調合していけばよいのか…自分のイメージする香りに近づけるためには?様々な香りを聴いていくうちに結局なにがなんだかわけ分からなくなってしまい、最終的には先生頼り。果たして自分の香りは・・・?

私が目指したところはちょっとさわやか系のお寺さんの落ち着く香り・・・だったのだけど・・・出来上がりは・・・どうかな?好きだけど、ものすごくいいものができたという感じでもないかな?自分としては。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


良い香りとちょっと思うところ

ラベンダースティックの作り方を教わりました。


ラベンダー・スティック



良い香り。
画像は作ってから数日たって、乾燥した状態。
ラベンダーは乾燥してもしっかりと香るので、長く楽しめます。
また作りたい。
リボンの幅や色など変えたり、ラベンダーの本数を変えたり、いろいろ楽しめそうです。

因みに
わが家のプランターで育てていたラベンダーは枯らしてしまいました・・・(-_-;)


ライン



最近とあとは数年前にお金にまつわる記事を読んで、今思うことでもちょっと書こうかなと思います。
とはいえ、お金にまつわる話だし、とりあえず折りたたみ、追記にしておきます。
興味のある方は読んでください。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
ありがとうございました


ありがとうございます

暑い日が続いていますね。

実は我が家にはエアコンがありません。
私、エアコンの風が苦手なので・・・。
生徒の皆様にはご不便をおかけしておりますm(_ _)m

とはいえ、こうもひどい暑さが連日続くと「エアコン、買った方がいいかなぁ~」なんて、思ったりもしなくもないんですが、迷っている間に夏が終わっています。

さて、話は変わりますが・・・。

ラベンダーを頂きました。
ラベンダー

今は逆さにつるして乾燥させています。とっても良い香り。

ラベンダーの香りには様々な効能があるそう。万能ハーブですね。香りを楽しむ方法も色々。

乾燥したら、ハーブティーにしても良いし、化粧水に入れても良さそう。入浴剤としても◎。ポプリにしようかな。


本当にありがとうございました。



deco

いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします







にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました



夏の味わいとかドイツの香り

斑尾高原絵本美術館に行ってきました。

とても小さな美術館です。

ポストカード
コレ ↑ は入館料を払って、入り口でもらったポストカード。

今は「ヘレン・オクセンバリー絵本原画展」が開催中。

イギリスの絵本作家だそうです。

私、あまり絵本作家に詳しくありません。

ヘレン・オクセンバリーさんについてもあまり・・・というより全く知りませんでした。

新聞に掲載されていた斑尾高原絵本美術館のこの企画展案内を見て、なんとなく(本当になんとなく)観に行ってみたいと思って、おでかけ。

とても小さな美術館で、原画展といっても、それほどたくさんの原画が展示されているわけではなかったのだけど、数が少ないだけに、1点、1点じっくり観ることが出来ました。たくさん展示されていると、途中、疲れてあまりゆっくり観ることができない場合もあるので、良かったと思います。

美術館の雰囲気もとっても良くて、ゆっくり、まったりできました。

作品を観た後はドリンクのサービス付きというのもまた嬉しい。喫茶スペースはこれまた素晴らしい空間でした。絵本もたくさん置いてあって良かったです。

また、絵本、ポスター、雑貨などの物販も少ないながらも充実。

本当に小さな美術館だけれども、素晴らしかったです。


☆*:・'`★☆。.:*:・'`★*:.。:* ・'`☆。.:*:・'`★.‥∵★¨∴




さて、帰りにサンクゼール本店にも寄ってきました。

そこで購入したのが新商品の炭酸飲料ナイアガラサイダー

サンクゼール サイダー


葡萄果汁の香りがしっかりして、とても上品な味わいの炭酸ジュースです。贅沢な気分を味わいたいときにオススメ。

他にシンプルさっぱりサイダーも購入。

イタリア産レモン一番搾り果汁使用レモネードも気になったけど、今回は購入しませんでした。

ナイアガラサイダーはコチラから購入できます
 ↓ ↓ ↓ 


サンクゼールの商品はどれもこだわり抜いた素晴らしい商品ばかり。オリジナルのジャムやパスタソースなどどれもコレも美味しいです。


.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:




そうそう、絵本美術館で購入してきました。

ドイツのお香

HUSS社のお香。HUSS社はドイツの会社です。HUSS社のお香は天然素材を独自の製法で調合して作られているそうです。

購入したのはフス社(HUSS)のお香ブラックファイン(缶入り)

お香缶



[HUSS/フス社]小人のお香 「もみの木(木々の香り)」

お香 小人

です。

お香ブラックファインはHUSS社オリジナルの香り。煙も少なくて、自然な香り楽しめます。缶のデザインもカッコイイ!!お香を全部使い切ったら、なにかに使おう!!

小人の紙パッケージは「もみの木」の香りを選びました。「色々な木の香り」とカッコ書きでありました。その名の通り、上品なウッディ系の香り。クリスマスの時季に焚くのもいいかも。とはいえ、美術館には置いてなかったけど、小人のお香 紙箱入り「クリスマスの香り」という名のお香もあるみたいです。こちらはバニラとシナモンが原料となっているみたい。これも気になる。

今の季節なら、[HUSS/フス社]虫除けお香がいいかも。

HUSS社はお香の雑貨(お香立て)もステキなモノを出しているので、オススメ。


缶入りのHUSS社伝統の香り、インセンスのお香はコチラから購入できます
 ↓ ↓ ↓ 


小人シリーズ「もみの木」はコチラから購入できます
 ↓ ↓ ↓ 



deco
ランキングに参加しております
クリックお願いします
 ↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございました

香りを楽しむ

もう何年も前の話なんですが、誕生日のプレゼントだったかなんだかで、アロマポットを精油もセットでもらいました。

当時、アロマテラピーには全く興味なかったのでちょっと驚きのプレゼント。でも、おかげで少し興味を持つことが出来ました。

今でも、資格をとりたいというほどの興味はなく、時々、思い出したように精油を引っ張り出してきて(しまい込んでしまっているので)個人で色々と楽しんでます。

冬にはみつろうとオイルでクリームを作って、香り付けあるいは効果を期待して精油を少し垂らしたり、春になると・・・。

アロマテラピー

ユーカリやミントで、花粉症で辛い私のお鼻をスッキリさせたり。因みに上の写真はもらったポットではなく、自分で購入したモノ。気分によってポットも使い分け。もらったモノは電気を使うやつなんだけど、購入したのはキャンドルを使うモノ。キャンドルを使うモノの方をよく使っている気がします。

個人的にはウッディな香りが好きなので、シダーウッドなどの精油を使ったりすることが多いです。

香りを楽しむのは意外と好きで、お香なんかも時々引っ張り出しては楽しんでます。落ち着きます。


アロマテラピー

精油はほとんどが「生活の木」のもの。手に入りやすいので。

お茶と本(あるいは刺しゅうをしたり編み物をしたり)と香り。サイコーの時間。至福のときです。




ハーブやアロマなどなどナチュラルなリラクゼーションを追求できるお店です。
↓ ↓ ↓





deco
クリックお願いします → ブログランキング・にほんブログ村へ