Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ツール
CATEGORY ≫ ツール
       次ページ ≫

欲しいもの備忘録

タイトルそのままです。

今、「欲しいなぁ」と思っているものの一部を紹介。思ってはいるものの、そうそう頻繁に使うものでもないので、おいそれと簡単に購入出来ない(高額故に)。
いつか購入するかもしれないモノたちです。

テンプレートやコンパスを使って下書きした後、筆やペンでどうやってきれいになぞればよいのか?
未だに解決しておりません。
ペンは絵の具を使うため、Gペンとかスクールペンとか使うのですが、筆以上に難しい。紙にもよるのかなぁ。
結局、そういうデザインはひたすら避けてきたし、どうしてもという時は、筆でちょっとずつなぞったりとか、なんとなくごまかしてきたのですが、今、作っている作品はそうも言っていられない状況です。

今、作っている作品にとある高級紙を使用しているのですが、どうも、私にとってはあまりにも書きづらい(描きづらい)紙で、ペンで描くと、微妙なんですが、紙の繊維が引っかかる感じがして、細かい部分を細く描くことが出来ないのです。

そんなわけで、今作っている作品を作りながら、「この道具が欲しいなぁ」と思ったものをつらつらと書き連ねていこうかと思います。

まずは筆用コンパス2種類。
マンダラとか日本の家紋とか描くときに使うものみたいです。
使ったことが無いので、どちらがどうよいのか悪いのかわかりませんが、これがあると、小さな円から大きな円まで、筆で綺麗に描けるのかなぁ、と妄想しておりまして、使ってみたいのですが、結局、私の技術が無さ過ぎて、うまく使いこなせなければ、もったいないお値段です。








用途としては同じみたいなんですが。









続いて、独式単曲線引烏口。フリーハンドで、曲線が引けるという代物。

ごく一般的な烏口は直線を引くのに適しておりますが、こちらは曲線を描くのに適しているものだそうです。地図なんかを作る職人さんがよく使用しているものだそうで…。

紙によっては(というより私の技術の無さ)Gペン、スクールペンだと紙の繊維に引っかかって上手く描けないんですが、烏口だとそのストレスを解消してくれそうな気がして、欲しいものの一つです。

ガラスペンも良いのですが、もっと細い線を描きたいときに困ってしまっているのが現状で、烏口だと調整すれば細い線も描けるので(限界はありますが)、よいかなと…。Gペンや筆ほど細くはならないかなぁ。筆だとどうしてもぶれてしまうので、しっかりした線を描きたいときに使いたいと思っているものです。

ちなみに独式単曲線引烏口だけではなくて、双曲線引烏口といって、平行した2本の曲線が引けるものもあるみたいです。いくつか種類(型番がある)みたいだけど、幅とかが違うのかなぁ?

とりあえず、独式単曲線引烏口
楽天とAmazon、それぞれ、メーカーが違うものを紹介しております。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラパス 製図用品コンパス独式単曲線引烏口
価格:6372円(税込、送料無料) (2019/8/12時点)








続いて、円周定規。実は、本当に欲しいものは下記のものではないんですが、とりあえず。

本当に欲しい円周定規は最後にご紹介しますね。使いようによっては楕円形も描けそうなので、重宝しそうな一品です。






でもって、私が欲しいと思っているテンプレートは浜松基板工業株式会社というところが販売しているらしき円周定規「ウズマル」という商品。サイトを見てみたのですが、現在も販売しているのかどうか不明で・・・。とりあえず、リンクは貼りませんが、気になる方は自己責任で検索してみてください。


それにしても、私、テンプレートも、イマイチ完璧に使いこなせない(泣)。微妙ではあるんですが、ずれてしまうんですよね。いや本当に微妙なんですが1㎜にも満たないんですが、おそらく、0.5㎜にも満たないぐらいかもしれませんが、その微妙なずれが、ものすごく気になる。下書きでずれると、本番だともっとずれてくるし・・・。でも、実際に仕上がって、全体としてみたときはそれほど気にならないもんでもあるんですが、描いているときは、気になって、気になって、先に進めないんですよねぇ。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


残念だなぁ。

先日、ブラウゼのペン先をブラシで洗っていたら、インク止めがぽきりと折れてしまいました。
長年使っていたものなので、金属もヘタってしまっていたのだなぁ。

そんなわけで、東京に出る機会があったので、新宿世界堂へ。
世界堂ならば、ブラウゼのペン先あるだろう、ついでに、ミッチェルの細い番手(5番、6番あたり)もいくつかほしいし・・・。
それから、今までに作ったことないサイズの大きな作品を作ることになってしまったので、それを持ち運ぶためのバッグとか・・・。

久しぶりに立ち寄った新宿世界堂。
一番の目当てはカリグラフィーのペン先。
カリグラフィーの道具売り場へ、レッツゴー!!!!!

悲しい出来事。
ブラウゼのペン先が無かった。
売り切れという感じでもなく、完全に取り扱うのをやめてしまっている感じでした。
さらに、ミッチェルも。

厳密にいえば、ミッチェルはミッチェル社の「イタリック体専用ペン先」はありました。
だいぶ前に購入して、使ってみましたが、非常に硬いペン先で、扱いにくかったです(個人の感想)。
「これでイタリック体を書くのって、無理ありません?」と思うくらい。
尖らせた硬い感じのイタリック体を書くのならばいいのかもしれないけど、カッパーにつながるしなやかな感じのイタリック体を書くことはできないだろうな、と思わせるペン先でした。1回使って「無理だぁ」ってなって、全然使ってないのだけど、0°角度で書くような書体だったら使えるかなぁ?

話がそれてしまいましたが、兎に角、ブラウゼもミッチェルも無かった。
あったのはスピードボールと、立川のカリグラフィーペン。
立川のペン先も使ってはみたけど、イマイチでした。スピードボールに似た感じかなぁ。

スピードボールのペン先は正直、好きではない。
初心者には非常に優しいペン先だと思うのだけど、細い線が、細くきれいに出ない。大きな文字を書くにはおススメですが・・・(といっても、大きいサイズで文字を書く場合、私は別のツールを使ってます、結局、スピードボールよりも、そっちの方がきれいに書ける)、少なくとも3㎜未満(個人的には以下)になると、書体によって使い分けはするけど、ブラウゼかミッチェルが良い。

世界堂が、ブラウゼもミッチェルも捨てて、スピードボールだけ残していることが非常に残念でならない。

それから、これはもうだいぶ前のことだけど、楽天のカリグラフィーショップもミッチェルの取り扱いが無いように見受けられるのですが・・・。「カリグラフィー・ショップ」という名前で出店しているのだから、ミッチェルの取り扱いをしてほしい。今度要望出してみようかなぁ。それとも、個別にメールとかで問い合わせれば販売してくれるのかなぁ。

確かに、ミッチェルは、初心者には大変使いづらいペン先かもしれない。柔らかい金属で、フレキシブルな感じ(要は使い慣れないと安定しないと感じるかもしれない)。傾斜台が無いと、非常に使いづらいというのもある。インク止めを自分でつけるので、その感覚もある程度慣れは必要。その為、カリグラフィーを始めたばかりの初心者におススメするのは難しいペン先ではあるけど、ある程度慣れてきた方には是非ともお薦めしたい逸品。

細い線も美しく細く出るし、あの柔らかい金属のおかげで、柔軟性に富んで、非常に動きのある線を書くことが出来るので、書体によっては、やっぱり「ミッチェル」が良いんです。最も顕著なのはイタリック体。イタリック体で美しく柔らかい線を出すためには、スピードボールは論外だし、ブラウゼだと硬すぎるんです。
更にミッチェルの良い点は。4番手、5番手、6番手の小さなペン先(1㎜以下)だって、細い線と太い線のコントラストが美しく出るので、小さなペン先で文字を書きたいときは、どうしてもミッチェル。スピードボールは論外。ブラウゼは1㎜が限界(砥石で削ってなんとか)。

何故に、そんなにスピードボールなの?
ミッチェルとブラウゼを取り扱ってほしい。
輸入が難しいのかなぁ?
お店側の都合もあるでしょうけど、是非ともお願いしたいところではあります。



結局、最終的には羽根ペンとか葦ペンになるんだろうけど、とりあえず、金属のペン先で言えば、今のところ、ブラウゼとミッチェルが良い。


「弘法筆を選ばず」とは言いますが、良いものを作りたいと思うのであれば、道具選びから。「筆を選ばず」とも美しい文字を書くのだから、「筆を選んだら」、より美しい文字を書きますよ、弘法大師は。

最後に一言。
なので、初心者であるからこそ、道具選びはより良いものを。初心者に扱いやすいからとかそういう理由ではなくて・・・。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


購入しました

なんだか、忙しいようなそうでないような感じで、久々の更新になってしまいました。


最近、カリグラフィー用のペン先ホルダーを購入しました。

ペン先ホルダー

ウィリアム・モリスのパターン。
開くと

ペン先ケース

こんな感じで、たくさんのペン先を収納することが出来ます。
メーカー別、色別、サイズ別・・・たくさん入れることが出来るので、工夫次第で、様々な使い方ができそうです。
ペン先を傷めないようにピッタリサイズの革も入っています。
持ち運びにも便利。

こちらのペン先ホルダーは

カリグラフィー画材のお店
antiquarii(アンティクワーリィ)」さん

にて購入しました。「antiquarii(アンティクワーリィ)」さんのオリジナル商品です。

このペン先ホルダーは2016年7月現在、ショップホームページの商品には掲載されていませんが、興味を持たれた方は「antiquarii(アンティクワーリィ)」さんにメールなどで問い合わせてみてください。

ショップではカリグラフィーの基本的な道具からカリグラファーのかゆいところに手の届く商品まで様々な商品を取り扱っています。地方住まいの私としてはとてもありがたい。店長さん自身もステキな作品を作るカリグラファーなので、ショップホームページに掲載していない商品でも一度問い合わせてみると色々と相談に乗ってくれると思います。


ライン



ながの東急カルチャースクール東急ライフ教室にて「基礎からのカリグラフィー」。
受講生、随時募集中です。

お問い合わせ先

ながの東急ライフ 3F 受付カウンター
TEL 026-259-8112(直通)、又は TEL 026-224-1389(ながの東急教室へ)
受付時間 am 10:00 ~ pm 7:00


ライン





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました

昨日の、今日

昨日の、今日というわけでもないけど、古典インクの話。

ちゃんと試し書きしてみました。
やっぱり、結論は変わらず。

比較

上が「「DIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink 没食子ブルーブラック」。
下が「ゼッキのブラック」。


羽根ペンに1mm方眼紙、書体はユマニスティック体。

話外れるけど、このユマニスティック体、美しく書きたい。装飾も華やかに・・・。16世紀頃の美しく気品のある書体。この書体と一緒に観られる装飾も本当に美しい。

なかなか難しい書体です。(自分なりに)きれいに書けたかと思っても、少し日にちをおいて書いてみるとまた書けなくなっていたり・・・。

そんなわけで、時おり練習していたりするんですが・・・。

それはさておき、インクの話。
「ゼッキのブラック」、初めて瓶のふたを開けて書いたときは、ブルーブラックだったんですが、今日、書いてみたら・・・。
液体は確かにブルーな雰囲気も残っていたんだけど、鉄さび色が見え隠れ。羽根ペンにとって、字を書くと、明らかに鉄さび色の文字。時間を置くと黒。すなわち、開封した時点で酸化が始めっているということ?

そんなわけで、色はダイアミンがブルーブラック、ゼッキは赤系ブラック(になりました)です。

それと、気づかなかったんだけど、「ゼッキのブラック」は下に沈殿物がありました。書いている途中で気づいて、良く振って、沈殿物がなくなるまで撹拌したら、最初より書きやすくなりました。画像はその書きやすくなった後のもの。

で、乾いた後の耐水性。
水をたらしました。
両方とも同じ「bring」の部分。
一目瞭然。
ダイアミンのほうがにじんでいないです。

それから、
線

B4の紙一杯に横線を描きました。

縦線は無視して、上からゼッキ、ダイアミン、ゼッキ、ダイアミン、ゼッキです。

ゼッキはここまでの長い横線を書くのに、ちょっと苦労しました。
慎重に書かないと線を引き延ばすことが出来ませんでした。
ダイアミンの方がすんなりです。

ゼッキはインクを良く振って撹拌すれば、書きやすいインクです。
長時間使う場合、定期的にインクの瓶を振ってあげないといけません。
そのひと手間。

インクの伸びは「DIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink 没食子ブルーブラック」がいい感じで、細い線もきれいに出る気がします。

それから、ニオイ。
ゼッキの方は酸っぱいというか…匂いがあります。想像の域を出ないけど、ゼッキの方が昔ながらの古典的な作り方で作ったインクなんじゃないかな。
ダイアミンの方はニオイもないし、ph調整もしているらしいので、現代的な化学の力もかりたインクなのかも。

事実かどうかわからないし、想像の域を出ないけど、「本当に昔ながらの古典的な」を目指すなら、「ゼッキのブラックインク」がいいのかな・・・とも思います。

というわけで、あくまで、私個人的な意見ですのが・・・。
とりあえずのおすすめ古典インクは
 ↓ ↓ ↓


2つのメーカーしか試してないから、他にもいいインクがあるかもしれないけど・・・とりあえずね。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました

インクの話

私は作品にインクは使用しません。

とはいえ、絶対に使用しないというわけではなくて・・・。

せっかくカリグラフィーというものに出会ったのだから、伝統的な道具、材料を使いたい。

というわけで、
羽根ペンを使って、インクで、羊皮紙に文字を書くのも良いじゃないですか。

インクといってもただのインクではございません。

そう、万年筆の世界では古典BBなんてよばれる、虫こぶインク、いわゆる没食子インクでございます。

なんてもったいぶって言うほどのものでもありませんが・・・。

とりあえず、羊皮紙を準備して、没食子インクを2つほど購入してみました。

最初に購入したのは「DIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink 没食子ブルーブラック」。
ダイアミン

ネットでの評判を見ると他の古典インクと比較しても耐水性が良いようなので、購入してみました。このインクを購入した時点で、他の没食子インクを購入するつもりはなかったのだけど・・・。


たまたま、池袋に用事があって、たまたま、池袋のユザワヤさんに行った際、同じ施設の中に入っていた輸入雑貨のお店を発見。こんなところにこんな素敵なお店があるなんて・・・。で、そのお店で見つけた没食子インク。なんでも、イタリアの美術品修復にも使われているだとかポップに書いてあって、購入してみました。「ZECCHI(ゼッキ)のブラックインク」。お店で見つけたときは没食子インクとわからなかったんだけど、後日、調べてみたら、どうも没食子インクみたいです。
ゼッキ 黒

後者のインクはそんなわけで、まぎれもなく、衝動買いです。

さて、そんな2つのインクの書き心地ですが・・・。
私の個人的には「DIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink 没食子ブルーブラック」の方が好き。

あくまで、私の個人的な好みなので、他の人が試してみたらまた違う感想になるかもしれません。
なにがどうよいのかというと・・・。う~ん、上手く表現できないけど、なんとなく、ゼッキに比べて、ダイアミンの方がシャープな線がしっかり出る気がします。

ただ、実は、ゼッキの方はまだ羽根ペンを使って書いてないのです。購入してすぐに使ったんだけど、その時は没食子インクだと知らなかったので、金属ペンで書いてみました。その時の感想は「う~ん、さらさらしてるし、流れもいいし、いや、流れが良すぎるかな・・・でも、そこは調整すればなんとかなるかな・・・どうかな・・・悪くないんだけど・・・なんか、シャープさに欠けるし・・・悪くはないよね、うん」。

羽根ペンを使ったわけではないので、なんとも言えない部分もあるのです。もしかしたら、羽根ペンとの相性はいいかもしれないし。

DIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink」の方は素直に「書きやすい」と思えたので。私個人的にはDIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink 」に軍配が上がりました。

いずれまた、キチンと羽根ペンを使って、2つのインクの書き味を試してみたいと思います。

ただね、購入のし易さ(購入場所とか価格も含めて)とか考えると、やっぱり、「DIAMINE(ダイアミン) Registrar's Ink 没食子ブルーブラック」の方が良いです。


今回購入した2つの没食子インクの他に使ってみたいと思っているのが、「ROHRER & KLINGNER ローラー&クライナー スカピオサ(没食子インク) 」。古典インクにしては珍しく紫系のインク。以前、ほんの少しだけ試し書きをさせてもらったことがあるのだけど、なかなか、味のある古典的な濃い紫色です。

今回購入した2つのインクがなくなったら、購入してみようかな。その為にはたくさん書かなければね。否、使い切る前に衝動買いするかもしれないけど。

そして、なによりも、虫こぶインクを手作りしてみたい・・・。没食子インクの化学、調べると面白そうだわ。


没食子インクの購入はコチラからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ 



 ↓ ↓ ↓


さて、この没食子インク。最初は淡い色。徐々に色が濃くなります。それと同時に耐水性も出て来るようです。

酸性のインク(Ph調整してあるとは言うけど)。
紙を傷めます。
金属も傷めます。

だから、羽根ペンと羊皮紙。

羊皮紙は傷まないのか…。
傷むはず。だけど、紙に比べれば・・・といったところでしょう。
とはいえ、羊皮紙の写本が残っている事を考えると心配することもないんじゃないかな。大丈夫なんでしょう。

このインクと羊皮紙と羽根ペンを使った作品が出来上がるのはいつのことなんでしょうね。
そう遠くない未来に完成できるよう頑張ります。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました