Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
      

≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

カリグラフィーで使う道具

実は、以前、何度か聞かれたことがあって、さらに、最近、カリグラフィーを通じて知り合った友人との話題に上がったので。

カリグラフィーで使う傾斜台のことを書こうと思います。

↓ ↓ ↓

【カリグラフィーの特殊な用具】傾斜台

【カリグラフィーの特殊な用具】傾斜台
価格:5,980円(税込、送料別)



活躍されているカリグラファーの中には使わないという人もいるのだけど、私は使います。ないとしんどいです。

傾斜台の役割は

・インクや絵の具などの流れを調整する
・姿勢を正して書くことができる

などです。

私自身、カリグラフィーを習い始めた頃は使っていませんでした。カリグラフィーをはじめた頃は、これほど長い付き合いになるとも思わなかったから、傾斜台のような高価なモノを揃える気にならなかったのも事実。使っていなかった理由のひとつです。

そんなわけで、初めて傾斜台を使ったときは書きづらいと感じました。でも、慣れてくると、傾斜台無しで書くのが大変だと思うようになりました。

実は私、側湾症で、普段から姿勢が悪いです。その所為かどうかは分かりませんが、傾斜台がないとすぐに疲れてしまいます。短い時間ならまだしも、長時間書くようなときは辛いです。

側湾症じゃなくても、姿勢を正して書くことはよいことです。そんなわけで、使うことをオススメします。

オススメはするのだけど、よく「書きづらいから使いたくない」と言われてしまいます。書きづらいのではなくて、使い慣れていないからだと思います。

カリグラフィーのペンを初めて持ったとき、これほど書きづらいペンはないと思った人も多いはず(私もそう思いました)。使い慣れてくるとそれも感じなくなったと思います。傾斜台も使い慣れるくらい使ってください。

写字生は傾斜台(傾斜のある机?)を使っていました。職業としていた人たちが使っていたのだから、使わないよりも使った方が良い字が書けると思います。使っていて疲れるような(使いづらい、字を書きづらい)ものなら、カリグラフィーを職業としている人たち(写字生)が使うはずありません。

姿勢の話ばかりしてしまいましたが、インクの流れを調整するのも重要な役割。私はミッチェルのペン先を初めて使ったときにその重要さに気づきました。


実はこの傾斜台、カリグラフィー以外でも私は色々活用してます。ヘンプアクセサリーとか作るときとかも便利。前屈みにならずに色々な作業ができるので、とても良いです。

傾斜台を使い慣れていないからと倦厭されているなら、是非、使ってください。


deco

クリックお願いします → にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ





関連記事

とても良い本です

今日は本の紹介。

以前、カリグラフィーを通じて知り合った方に紹介してもらった本で、
とっても良かったので、購入しました。

↓ ↓ ↓



ポスターや表紙デザインのための本だとと思うのだけど、カリグラフィーの作品作りにも大いに役立つと思います。理論的にデザインについて学べます。

デザインにおける8つのシステム(グリッド、左右対称など)を細かく分析。それぞれの実例と共に解説しているので、とても分かりやすいです。作品の構成を考えるときにとても役立つ本です


分かりやすいといえば、だいぶ前にとある先生に紹介されて購入したこちらの本もオススメ

↓ ↓ ↓




私が持っているのはSecond Editionですが、重宝します。ダメな例と良い例を並べて掲載しているので、分かりやすくレイアウトについて学べるのでオススメ。フルカラー新装増補版は持っていないのですが、気になるところです。色の使い方とかも掲載されているのかな?

そして、レイアウトといえば、忘れてはいけないのが、黄金比。黄金比はレイアウトに限らず、ありとあらゆる処に出てくるので、知っていて損はありません。

カリグラフィーの作品作りに役立ちそうなオススメの本はこちら

↓ ↓ ↓




黄金比を使ったデザインの構成を詳しく解説しています。


なんだか小難しい解説を抜きに単純にレイアウトに関して役立つ本はこちら

↓ ↓ ↓



単純にたくさんのレイアウト例が掲載されています。詳しい解説などは全くないのだけど、それだけに分かりやすいです。理論好きの人には物足りないかも。


理論好きの人にはこちらの本がイイと思います。

↓ ↓ ↓



この本はレイアウトと言うよりもありとあらゆるモノのデザインについてなので、上記に紹介した本に比べて、カリグラフィーの作品作りに即役立つという感じでもありませんが、デザインについて理論的に学べるので、面白いと思います。


本

クリックお願いしいます → にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

関連記事

焦ってます

焦ってます。

2月末までに完成させなければならないカリグラフィー作品が2つも。なんとなく、下書きは出来上がっているのだけど、その下書きが自分の中で納得いかない。完成に至るまでにはまだ長い道のりが・・・。

間に合わないかも・・・本格的に間に合わないかも・・・。

そして、学生さんが試験前に無性に部屋の片付けをしたくなるとか漫画を読みなくなってしまうようなそんな心境。クロスステッチをしたくなったり、編み物をしたくなったり、久しぶりにジグソーパズルなんてしたくなってみたり・・・。

あぁ、こんなんじゃあダメだぁ・・・でも、止まらないよぉ。

HAEDのHPを見ながら、いつかこんなのが刺せたらいいな、なんて夢見つつ、頭の片隅でカリグラフィーの作品について考えてます。Free Chartの中からなにかひとつ刺してみようかなぁ。


そして、前回書いた「ステキな写真(ポストカード)に自分の文字を入れてみよう計画」は、結局、いまだに実行できず。いつか、書きます。そのために購入したのだから。
関連記事