Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

作ったけど・・・。

以前から気になっていた「スタークロッシェ」。

新しい編み方なのかと思っていたら、昔からあるみたいですね。「crochet star stitch」と言うみたいです。

とてもかわいらしい編み目模様です。マルシェバッグか、ポーチを作ってみたいと思って、本を1冊購入。

コチラの本です

↓ ↓ ↓ 




で、掲載されていたマルシェバッグを参考にして、掲載作品よりももう少し小さいモノを作ろうと思って編み始めたんだけど、急遽、帽子に変更。なんとなく帽子にしたくなってしまったので・・・。

帽子


毛糸はセリア(100均)で購入した「アンティーク・モール」というモールヤーン。このスタークロッシェの模様を見て、是非ともモールヤーンで編みたいと思ったので・・・。このモールヤーン、わにして作る方法だと、引き締めるときにすぐ切れてしまって、編み始めから苦労しました。

マルシェバッグを作ろうと思って編み始めて、底の部分が完成するかしないかあたりのところで、帽子にしようと思い、だからといって、全てほどくのもイヤで、そのまま続行。本に掲載されている帽子を参考にしつつ、いろいろ変更(目数を増やしたり)させながら、完成させました。だから、本に載っている帽子とはかなり違うものになっています。そもそも、使っている糸が全然違うものだし。

スタークロッシェ部分を拡大 ↓ 

スタークロッシェ




ところで、この本の感想ですが・・・。

編み方の説明が分かりづらかったです。写真と図で説明しているんだけど、分からない。特に2目と3目の拾うところ。本に掲載されている写真が小さくて分かりづらい。写真と図が交互に掲載されているので、それがまた分かりづらい。

理解するまでとても時間がかかりました。何度もほどいてはやり直し・・・とても大変な思いをして作りました。一応、カタチになったけど、正直、自分の編み方が、これであっているのかは自信がありません。

かぎ針初心者にはオススメできないわ。写真を使わず、図だけで説明してくれたらもうちょっと分かりやすかったかもしれません。

掲載されている作品はどれもかわいらしいんだけど、なにか物足りない感じも・・・。スタークロッシェを使った作品という点では物珍しい感じはするけど、そこを抜きにすれば、かぎ針編みの本で、よく見かけるようなデザインだったからかもしれません。

スタークロッシェといえば、もうひとつ気になるのが、

コチラ ↓ ↓ ↓ の毛糸だまで紹介されていたモノ。



「フラワーアフガンクロッシェ」という編み方。アフガン編みとかぎ針編みをあわせたような編み方。ちょっと面白そう。どことなくスタークロッシェの編み目模様に似ているような感じもします。

似ていると言えば、下田直子さんの本に似たような模様があったような・・・。ちょっと探してみます。

いずれにせよ、どの編み方をしても、編み方が違うのだから、違う模様。それぞれの模様で、なにか作って、その違いを楽しむのもイイな、と思っていたり。

それから、作っていたストールだけど、模様はとっても好きだったんだけど、どうも、作りたいと思っていたさわやかストールにはならなさそうだったので、ほどいて、別物になりました。

バッグ


小さなバッグ。

ちょっとした外出に使う予定です。

編んでいた模様はまた別の機会で登場させたいです。

今作りたいのはアジアンテイストのポンチョ。作るかどうかは分かりません。久しぶりに棒針も持ちたいしなぁ。それから、かぎ針ケースも作りたい。その辺(多分100均)で購入したペンケースに、かぎ針もはさみもとじ針も一緒に雑多に入れてあるので・・・。



deco
ランキングに参加しています
クリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ


ありがとうございました

関連記事
スポンサーサイト

!!!

自分を飾ることに全く興味のない私ですが・・・。

右手

最近、ネイルアートを学び始めた友人にネイルを飾っていただきました。

「黒で、ゴスロリちゃんぽい感じでお願いします」とお願い。

黒という色にだいぶ引き気味だったけど、「いろいろな経験も必要よっ」と押し切り、黒でお願いしました。

右手親指

右手の親指と

左手

左手の中指に蝶々も飛ばしてもらいました。

因みに左手の親指は右手中指と同じように黒の上にピンクのラインが入っています。

無茶なお願いを聞いていただき、ありがとうございました♪
短いツメでごめんね。これでもだいぶ伸ばしたのよ。
きっと、もう少し長いツメだと黒も格好良く決まるんだろうね。
関連記事

う~ん、どうなんだろ?

以前、ドイツ語の文章を書いていて、「ß(エスツェット)」の書き方にずいぶん悩みました。

だいぶ前の記事で「ß(エスツェット)」はロングsとショートsのリガチャー・・・云々と言うことを書きましたが、ゴシック系の書体を見るとどう見てもロングsとzのリガチャー。

↓ ゴシック系の書体っぽく書いてみた。
エスツェット


う~ん、どういうことかしら???と疑問に思っていました。

で、ほんの少し調べてみると・・・どうも、ドイツ語の歴史(正確にはエスツェットの成り立ちというか・・・)を学ぶ必要がありそうな・・・。

私は言語学者ではないので、詳しいことは分かりません。気にはなるけど、これ以上掘り下げることはないだろうと思います。どなたか詳しい方がいて、お話を聞く機会があればよいとは思いますが・・・。

結局のところ、「ß(エスツェット)」の書き方にはssのリガチャーとszのリガチャーがあるようです。

書体と自分の書く文字にあうように書くのが大切だと思っています。


deco
ランキングに参加しております。
ポチッと応援よろしくお願いします。

 ↓ 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ


ありがとうございました

関連記事

やっと涼しくなってきました

だいぶ涼しくなってきました。

秋です。

冬に向けて・・・

ではなくて、

秋になる前に仕上がっている予定だったのに・・・

ストールとジレ


夏っぽいモノが・・・秋にも使える???

ベージュのストールの方は昨日から編み始めました。多分すぐに完成すると思うけど・・・。

糸は100均(ダイソー)の糸。シルフィードという糸で、アクリル70%、麻30%、1玉30gで約82m。少しクセのある糸。今年の夏用に帽子を作ったとき、5玉購入し、そのうち、2玉とちょっと余っていたので、それで作り始めました。

この模様、気に入っています。太めのレース糸とかで編むと綺麗かもしれない・・・。


白い方はジレではなくて・・・

コチラの本から作っています。
↓ ↓ ↓


「ベスト」です。今はベストのこと「ジレ」といいますよね。呼び方は違えど、同じモノみたいです。

使っている糸は「太陽が育てたコットンの貴公子 コットンスーピマ」です。以前、この糸で、モチーフつなぎを始めましたが、結局、ちょこまかと糸を切っていくのがイヤになり、ジレを編み始めた次第です。とにかくからまる糸で、編み間違いをしてほどくとエライ目にあうので、間違いの無いよう、丁寧に編み進めていくよう努力します。




deco
ランキングに参加しています
クリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ


ありがとうございました

関連記事

ばらばら

折って作る薔薇」をいろいろ作っていたら、やっぱり気になりだして、ネット上を徘徊。そしたら、いろいろな発見。

そんなわけで、ちょっと作ってみることに・・・。

これはあまり見かけないと思う薔薇
 ↓ 

おまけの薔薇

これもクイリングペーパーで作りました。

作り方はコチラの→ブログ記事から。

両面色違いのペーパーを持っていないので、色の違うペーパーを2枚重ねて作ってみました。なんか面白いカタチの薔薇ですよね。ポップな感じの作品に仕上げるならこんな薔薇もいいかも。



カタチが違う
 ↓ 

カタチが違う


さらに・・・。
巻く方向が違う!!


巻く方向が違う

私が習った巻く方向(薔薇の作り方じゃなくて、巻く方向ね)は黄色の薔薇の方。
ピンクの薔薇の方はだいぶ前に名古屋の「紙の温度」で購入したLake City Craftのキットに入っていたテキストの作り方。

巻く方向が違うと雰囲気も違うのかな???
そもそも、まだ、安定した美しい薔薇ができていないので、比較のしようがない。
でも、慣れているせいか、黄色の薔薇の方が作りやすかったです。
でも、見た目はピンクの方が個人的に好きかな。
大輪の薔薇なら、黄色の方がそれっぽい。
あとはたくさん作ることですな。





deco
ランキングに参加しています
クリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークイリングへ


ありがとうございました

関連記事

今度はこれ

今度はコレ

 ↓ 

途中


クラフトバンド(紙バンド)。

紙バンドはハマナカの「エコクラフト」が有名だけど、初めての挑戦なので、「エコクラフト」よりも安価な「手芸用クラフトテープ紙バンド」を購入。

この紙バンド手芸(という言い方でいいのかしら?)はまずやらないだろうと思っていたもの。手芸店のキットをみてもあまり好みのデザインのモノがないから、作ってみようという気にすらならなかった。

なのに、なぜ、作ってみようと思い立ったのかというと・・・。

知り合いの方が紙バンドで作ったバッグを持っていて、それがまた、わりと使いやすそうだったから。で、ちょっと話を聞いたら、簡単にできると言われて、ちょっとやってみようかと・・・。

で、図書館でエコクラフトの本を数冊借りて、作ってみることに・・・。

とりあえずは、練習も兼ねて、小さな作品を作ることにしました。

完成したのがコレ
 ↓
かご

最後の始末に失敗しています。本をキチンと確認しなかったから。
大きさは手のひらにのるくらい。直径5cmほどで、高さは3cmくらい。
わたを詰めて、布でかぶせて、ピンクッションとかにしてもいいかも。

そして、本命は
バッグもいいけど、ソーイングBoxが欲しかったので、フタ付きの箱。

が、自分の欲しいサイズ(少しくらい違ってもいいんだけど)でフタ付きのモノというのが本に掲載されてなくて、仕方がないので、フタ付きの箱の作り方を参考にサイズを変えて作ってみることにしました。

サイズを自分で変えてみることにしたので、バンドの幅などを測って、何本取りのバンドを何本使えばよいのかとかいろいろ計算。この時点でかなりイヤになってきてます。

それから、実際にバンドを並べてみると、自分の計算と若干のズレ。この辺はもう面倒なので、無視することに・・・。

なんだかんだとしながら、箱が完成。

箱

デザインは本に掲載されていたモノを参考にしたのだけど、かなりはしょっていたりしていて、既に別物です。

紙バンド手芸をかなりなめてかかっていたので、薄い茶色と濃い茶色の10m巻きを1巻きずつしか購入しておらず、下の部分が完成した時点で、こげ茶が無くなってしまいました。

そして、画像では分かりづらいかもしれないけど、思った以上にゆがんでいます。これは・・・このゆがんだ入れ物に対してフタを作るのは至難の業かもしれません。

そして、
作りながら、なぜだか、夏休みの工作の宿題を思い出し、イヤな気分になりました。
そう、私は夏休み最終日に泣きながら作っていたんですよ。
紙バンドでなにかを作った記憶はないのだけど、なぜだか、苦い思い出が出てきてしまいました。
多分、厚紙工作とかそういうことなのかな?でも、カルトナージュをやっているときはあまり感じなかったんだけど。
因みに、私が当時住んでいたところは8月いっぱい夏休みですが、今、住んでいるところは8月20日頃で、夏休みは終わりです。

例えゆがんでいようとも、完成したら嬉しいモノです。フタの部分は作らないことにしました。
既にお腹いっぱいになってしまった・・・。
しばらく、紙バンド手芸をすることはないと思います・・・とは言っても、まだ、薄茶のバンドが残っているので、最初に作った小さなかごくらいなら作ろうかな。その薄茶のバンドが無くなったら、しばらくは、イイや。



紙バンドはコチラから購入できます
 ↓ ↓ ↓ 





deco
ランキングに参加しています
クリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ


ありがとうございました

関連記事

ブルームーン

昨晩、ブルームーンでした。

ブルームーン

綺麗に見えました。


・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚



ロザフィ RoseMary&つまみ細工 結花(ゆいか)さんのブログをリンクに追加しました。

ステキなロザフィとつまみ細工のアクセサリーを作っていらっしゃいます。

ハンドメイドフェスタの時の記事では私が作ったロザフィのストラップも紹介してくれています。「いろいろ体験」の記事で載せたアレです。その節はありがとうございました♪



deco
ランキングに参加しています
クリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークイリングへ


ありがとうございました

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。