Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月
ARCHIVE ≫ 2012年11月
      

≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

またクリスマス

3つ作るといっていた額の3つ目が仕上がりました。

当初予定していたモノより、かなり変更してしまいましたが・・・。

クリスマスの額

白いポインセチアのスワッグ仕立て・・・とでも言いましょうか・・・。

クイリングの部分を拡大。
クイリング部分

当初、白いポインセチアは入れない予定でした。それから小さなグリーンのバラも、下の方に飛び出しているふたつのスクロールも・・・。緑の部分にカラフルなビーズをちりばめて完成にするつもりだったのに・・・。結局、ビーズは、ポインセチアと薔薇が加わったので、赤のみ。

前回、赤いポインセチアを作って、今回は白・・・。次はピンクか?

小さなバラは3mm幅のペーパーで作ってます。このバラの作り方は本とか見ながら独学。教わったバラだと3mm幅のペーパーで作れなかったので(技術不足)。



書体は・・・。
メリークリスマス

ロトゥンダ体。フランス語です。「メリークリスマス!!」の意。

ロトゥンダ体もゴシック体の一種です。ゴシックというと直線的なイメージだけど、この書体は丸みを帯びています。丸みを帯びてはいるけど、雰囲気はあるよね。面白い書体だと思います。温かみのあるゴシック体です(他のゴシック体には温かみがないのかと訊かれると困りますが・・・)。


因みに、バックグラウンド(水色に雪の結晶模様)はラッピングペーパーを使っています。ぺらぺらの紙なので、そのままだと台紙にするには使いづらいので、厚紙に貼り付けて、強度を付けました。カルトナージュ、フランス額装、製本で教わった技術がここでも役に立ちました。



deco
ランキングに参加しています
クリックお願いします


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



ありがとうございました

関連記事
スポンサーサイト

大興奮!!!

新潟に観光に行ってきました!!!

まずは、水族館。

でも、私のお目当てはべつ。

謙信公の像


前々から行きたいと思っていたんだけど、なかなか行く機会に恵まれず。やっと・・・です。

春日山神社と林泉寺(林泉寺は謙信公ゆかりのお寺であり、謙信公のお墓があるところです)。

思いもかけず、おもてなし武将隊の方々にも会うことができて、楽しい観光になりました。

時間があまりなくて、城址まで行くことができず、残念。今度はゆっくりと城址の方まで行けたら良いな。



そして、謀ったわけでもないんだけど・・・。

数年前に母から御朱印帳をもらったので、なんとなく、行った先々で御朱印をいただいてます。

それ以前は、お守りを購入(とはいわず、授かるとかいただくとか?)していたのだけど、御朱印帳を持ち歩くようになり、御朱印をいただくようにしまた。

もちろん、林泉寺と春日山神社でも。因みに春日山神社では、御朱印帳ではなく、別紙になります。

はからずも林泉寺の前には川中島八幡社の御朱印が!!!いやはや、偶然とはいえ・・・。

因みに、私は神社もお寺も同じ御朱印帳にいただいています。



階

この石段をのぼっていくと、謙信公のお墓があります。
関連記事

クリスマス・クリスマス

仕上げました。

ひとつは

雪の結晶

シンプルな感じで。

作品サイズは、横10 cm、縦6 cmです(外寸はもう少し大きめ)。

雪の結晶はシンプルなカタチにしました。雪の結晶といわれればそんな気もするし、白いお花といえばそんなふうに見える気もするカタチですが、そこが私の狙いです。狙い通りに見えますでしょうか?

雪の結晶


書体はローマン・スクエアキャピタル。とても古い書体です。私個人的にはこれも好きな書体のひとつ。なんて言うか、カタい感じが好き。



それから、もう少し大きめのものも仕上げました。

ポインセチア

クイリングでポインセチアを作りたくて、そこからデザインを考え始めました。

2Lサイズの作品です。

クイリングの拡大

ふたつのポインセチアを作って・・・それから、あとはどうする・・・と、悩みに悩みました。

奥の方に松ぼっくり(のつもり)があるんだけど、松ぼっくりに見えますか???茶色のペーパーで粗っぽくフリンジにしたら松ぼっくりみたいになるかなぁ、無理だろうなぁ・・・と思いながら、試しに作ってみました。仕上げに、ゴールドのグリッターで飾ってみたら、松ぼっくりみたいに見えなくもなかったので、我ながら驚きました。

白いドットは飾りではあるけれど、雪のイメージ。


Merry Christmas


文字の部分は少し浮かすように仕上げてみました。

使ったのはコチラの商品
 ↓ ↓ ↓ 


ほどよい厚みがでてよいです。

ただ・・・似たような商品が100均でも売っていましたが・・・。厚み、サイズ等いろいろあるので、いろいろと組み合わせて、様々な表現ができるかもしれません。用途に応じていろいろ使い分けてみるのもイイと思います。



書体は「German Round Hand」というもの。手持ち資料とにらめっこしながら、自分なりに練習してみました。

この書体は「Palmer’s Penmanship Budget」と言う本に出ています。ちなみに、私の手持ち資料はこの本ではありません。

この本はThe Online Books Pageというところで、無料公開されています。著作権についてはlicensesに記載があります(英語ですが)。

1919年に出版された本みたいです。

コチラから見ることができます→Palmer’s Penmanship Budget



deco

ランキングに参加しています
クリックお願いします


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



ありがとうございました


関連記事

やっぱりたのしい

久々の更新になります。



クリスマスのモノいろいろ

ポインセチアとかツリーとかクリスマス関連のモノがいろいろ。もう少し付け足して、額に入る予定です。それからカードにも。全部で額が3つ、カードがひとつできる予定(あくまでも予定)。

やっぱり、クリスマス関連のモノは作っていて楽しい。華やかだしねぇ。一年中、クリスマス関連ものを作っていたいくらいです。


レイアウトもまだ漠然としてます。こんな感じに仕上げたいというのはあるんだけど・・・。

まだ、書体も決まってない。やっぱりゴシック系の書体がいい(個人的な好み)。でも、カロリンとかアンシャルとかでもステキ・・・。どうしようかな・・・。

年賀状とか新年のモノも、考え始めなきゃならない季節になりましたね。



お茶でも飲みながら考えよう。

ハーブティー

お土産にいただいたハーブティー。ネトルとヒースのブレンドティーです。お茶請けに干し梅も入っていました。確かに干し梅があうお茶です。

茶殻で煮出したエキスは化粧水としても使えるそうです。



deco

ランキングに参加しています
クリックお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークイリングへ


ありがとうございました

関連記事

ふぅ~

追いつきました。

よかったぁ~。

サンプラー

薔薇(多分)のフレーム部分は、近くで見ると(刺しているときも感じたが)なんだかぼんやりとしていてよく分からない。けれども、ちょっと離れて見るとちゃんと薔薇の花(しかも立体的)に見えるからすごい。

布はコスモの刺しゅう用布で、既に廃盤のモノ。#2500だったかな???あやふや。クロスステッチ用の布ではないです。刺しゅう用の布には間違いないので、織り目は均一。目数は数えてみると・・・1 cmあたり17目(織り目の数、ステッチ数にすると8.5目)・・・すなわち、43ctくらい・・・我ながら怖ろしい。

図案はTrésors de boites à coutureで現在進行形のSAL(Stitch A Longの略だそうです)、「Marquoir Elise」です。


クロスステッチの図案を見ていると、色の使い方とか参考になります。そのままイラストレーションに使うことができるわけでもないけど、応用することができそう。絵の具を使って、こういう薔薇の描き方をしてみるのもいいかもしれない。



deco

ランキングに参加しています
クリックお願いします


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



ありがとうございました

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。