Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

メダリオン

今度はDMCの古い本から作ってみました。

メダリオン

2段で完成する小さめの作品。英語では「Medallion」というみたいです。
この本、Antique Pattern Library で公開されています。catalogTechniqueTattingからTattingのアンティークブックを見ることができます。今回参考にしたのは「D.M.C. Tatting」という本に掲載されていたものです。

例によって、編み図はなく、文章によるパターン表記と完成写真を見ながら作っていきました。



そろそろ初心者から脱却して、もう少し大きめのドイリーとかに挑戦してみる?と、調子に乗ってみたりして。
画像を見ればわかると思うけど、調子に乗るほどまだ上手にできてないし。しばらくは小さな作品をいくつか作っていきたいです。

ブックマークとか円形でないものにも挑戦してみたい。



deco

いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございました

関連記事

カリグラフィー作品展へ

自由が丘で開催されていた「atelier MoonShell主催 CALLIGRAPHY EXHIBITION」の最終日に行ってきました。

入り口


開催前に友人から案内状をいただき、楽しみにしていた作品展です。幸いにもその友人がお当番の時に行くことができてよかったです。久しぶりにお会いすることができてとっても嬉しかったです。そして、彼女の素晴らしい作品にため息が出ましたよ。わたし好みのとっても素敵な作品でした。

今度はゆっくりお茶でも飲みながら、お話ししたいです。カリグラフィーはもちろんのことミュージカルの話もたくさん聞きたいです。

作品展では長々と居座ってしまい、お当番の邪魔までしてしまって、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

作品展は自由が丘の「STAGE悠」というギャラリーで開催されていました。

自由が丘・・・なんとオシャレな響きかしら。めったに行ける場所じゃあございません。作品展はもちろん自由が丘も散策せねば・・・桜も咲いていることだし。

そんなわけで、頂いた案内状の地図に載っていた「熊野神社」というところに行ってみました。わりとこじんまりした感じの神社だったけど、立派なカメラを持った人が数人(観光客?写真愛好家?)いました。確かに、小さいながらも趣のある神社でした。お花もきれいだったし。

熊野神社に咲いていた ↓ 
花


それから、ルピシアの店舗があったので紅茶を購入。

あとはステキな写真プリント屋さんもありました。メインは写真プリントのようですが、スクラップブッキングの材料やカメラ周りの小物(ストラップとか)が並んでいて、とても楽しいお店でした。


作品展の感想は追記しますので、興味のある方はどうぞ。



その前に ↓ よろしくお願いします。

deco

いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします




にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました

関連記事

お邪魔しました

先週末から実家におります。桜も咲き誇って、暖かいつもりで来たけど、今日は寒いねぇ。

きっと、私が長野から寒さを連れてきたんだろうねぇ。なんせ、私のことだから(雨女です)。

実家に来たら、とにかく羽を伸ばして飛び回りたい。実家のほうが住んでるところより都会なんで。

とりあえずは、24日に自由が丘で開催していたカリグラフィーの作品展にお邪魔してきました(本当に邪魔、長々と居座ってご迷惑おかけしました)。

詳細はまた後日。

もうしばらく実家にいます。
明日あたりは天気がいいかな?せっかくなんで、花見散歩にでも出かけたい。
関連記事

ぷくぷく

この前の記事でちらりとお見せしたプクプク編み地。仕立てもやっと終わりました。

かぎ針ケース

かぎ針ケースにしました。

開くと、こんな ↓ 感じ。
かぎ針ケース

編んでるのは楽しいけど、仕立ては苦手。手縫いです。ミシンを出すのが面倒だったので。ミシンを出す手間を惜しまなければ、ミシンで縫った方が早いに決まってる。妙なところでめんどくさがりです。

ホビーラホビーレのステッチヤーンを使って仕立てました。この糸、刺し子用の糸です。ホビーラホビーレのステッチヤーン、大好きです。糸の細さといい、風合いといい最高です。もっと色数が増えればいいのに。

かぎ針ケースは当初、はさみを入れる部分は作らず、かぎ針とレース針のみを入れるケースにしたかったんだけど、しきりを作るのが途中で面倒になってしまって、かぎ針とはさみを入れるケースにしました。

さて、このプクプク編み地。
ネット上をふらふらとさまよっていたら、かわいらしいプクプクの編み地を発見。摩耶さんのブログ動画が紹介されていたので、それを参考に編んでみました。ポイントスターというみたいです。

トルコのボディタオル「Lif(リフ)」の編み方だそうです。プクプク感がかわいい。一目惚れです。

見た感じは麻の葉編みにプクプク感がプラスされた感じ???

ならば。

ニットマルシェ(vol.3)」に掲載されていた麻の葉編みの帽子を参考に円形に編んでみました。
円形に編んでみた

ほどよい厚みがでる編み方なので、鍋敷きとかにもよさそう。

いろいろな柄を入れたいのだけど、糸の変え方がイマイチわからず。かぎ針ケースの方は1玉で終わらず、糸を新しく足したんだけど、結び目を作らずに足したら、次の段を編むときに間延びしてしまって、ポイントスターの中心が引き締まらなかったので、結局、結んでしまって、結び目はうまく隠してしまいました。いろいろな色を使うときはどうやって変えればいいのかしら?摩耶さんのブログに紹介されていたもう一つの動画に糸の渡し方を少し見ることができましたが・・・。

あとは段染めの糸とか違う色の糸を二本どりでとかで編んでもよさそう。いろいろ試してみたいです。


そして、ペンEの限界を知りました。とにかくたくさん針に糸をかけるので、もう少し長さがほしい。持ちやすくて編みやすい針だけど、長さが足りない・・・。ほんの少しの差だけど、アミュレの方がいいのかな?

プクプクついでに。以前から作りたいと思っていたピンクッションも作りました。
ピンクッション

下田直子の小さな小さな贈り物」という本に掲載されているピンクッションを参考に作りました。葉の部分をつけなかったのと一段目を少し変えてあります。


下田直子さんの本はコチラ
 ↓ ↓ ↓


ニットマルシェの方はもうだいぶ前のモノなので、手に入りづらいかも。
 ↓ ↓ ↓ 
【送料無料】ニットマルシェ(vol.3)

【送料無料】ニットマルシェ(vol.3)
価格:980円(税込、送料込)





deco
いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございました

関連記事

待っている時間は・・・

ドイリーを編みました。
ドイリー


使った糸は・・・
ミシン糸と比較

ミシン糸です。厚地用の#30。完成したコースターのサイズもミシン糸と比較すると想像しやすいかと・・・。

どこかで「レース編みにはZ撚りの糸が適している」という文章を見て、「ならば、ミシン糸でもできる?」と思ったのがいけなかった。

「レース糸#40よりも細い糸には手を出したくありません」と思っていたのだけど、結局、手を出してしまいました。そのうち、ミシン糸#60(普通地用)にも手を出すようになるんじゃないかと、我ながら恐ろしくて仕方がありません。これ以上細かいモノには手を出したくないんですっっ!と思っていても、なぜだか手を出してしまうのよ、私は。

編んだモノは「手あみcafeスタイル コットン雑貨」という本に掲載されている作品「午後のお茶セット」のドイリー。
最初の2段ぐらいは苦労したけど、なんとか形になってよかったです。

使った針はレース用の12号針を使ったけど、10号でもよかったかな?次は10号針を使ってみようと思いました。

ミシン糸は比較的手に入りやすいし、色も豊富。100均のレース糸よりもお安くできていいかも。




本の方はすでに絶版のようですが、一応。
 ↓ ↓ ↓ 
【送料無料】コットン雑貨

【送料無料】コットン雑貨
価格:819円(税込、送料込)



この「手あみcafeスタイル」のシリーズ大好きです。だいぶ前の本ですが、今でもよく参考にしています。



さて、話は変わって、先日、高速バスでの移動中にあみあみしていたモノがあります。
プクプク

詳細はまた後日。


deco
ランキングに参加しております
クリックお願いします




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございました

関連記事

やっと完成

昨年10月あたりにちらりと「まもなく完成する」といっておいて、数ヶ月たってしまいましたが(数ヶ月放置していたので)、やっと完成しました。

ジレ完成♪

ジレです。「とっても簡単!かわいい手編みのベスト」という本から。糸は手持ちの糸を使ったので、本指定のモノとは違います。ほんの少し小さめサイズで仕上がってしまいました。う~ん、羽織れなくもないけど、ちょっと短いのが気になる。まぁ、ゲージとかちゃんとはからない私がいけないんだけど。なにはともあれ、完成です。

ウェアを作っている途中いつも「二度と作らない!」と思います。だって、作る労力と糸の代金を考えれば、ぜったいファストファッションの方がお得。だけど、できあがってみれば「やっぱりまた作りたい」と思います。手を動かしてるのが楽しいんだもん。

このジレにできてきた模様編み、気に入ってます。同じ模様でストールとか作りたい。妄想中。



因みに、この書籍、絶版のようですが、一応リンクしておきます。
中古であるかも?
 ↓ ↓ ↓ 



deco
ランキングに参加しております
クリックお願いします




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ありがとうございました

関連記事