Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

一足お先に

一足お先に福袋が届きました。

リボンの福袋

おしゃべリボン」さんの福袋です。

500円で、このボリュームは申し分なし、大満足です。

おしゃべりリボンさんの商品で気になっていたキリ絵リボンが入っていたのが、うれしい♪

それ以外にも比較的使いやすい色のリボンが多くて、「これはいらない」というリボンはありませんでした。次回(2015年)もまた買うかも。


そうそう、コレ ↓ についても少し触れておきます。

Marquoir Elise

Trésors de boites à couture」で無料公開されていたSAL「Marquoir Elise」。現在、無料公開は終了しており、ショップから購入できるようになっているみたいです。

画像じゃわかりづらいかと思いますが、「2013」と刺してしまいました。その為、今年中に刺してしまいたかったんですが・・・。刺し終わりませんでした。このSAL、途中までは定期的に少しずつ公開だったんですが、途中で一気にすべてのチャートが公開されて、その途端、私のステッチペースは一気に減速してしまいました。なんなんでしょうねぇ。少しずつ公開されて、それを刺していくのが楽しかったんですが・・・その楽しみが半減してしまったというか・・・。要は私のやる気の問題。

「2013」の下に無理やり「2014」(あるいは刺し終えた年、2014年に刺し終えるとも限らないので)を刺そうかと考えてます。

それはさておき、日付が変わる前に2013年を振り返って・・・。

ここ数年の中でも(もしかしたら人生初?と思うくらい)まれにみる良い年でした。



今年は・・・・今年も・・・多くの人にお世話になりました。
今年最後の日、今日も、本当に降ってわいたような話なんですが、ほどよく忙しくさせていただき、感謝です。

本当にありがとうございます。

どんなに感謝してもしきれません。

来年も今年のような・・・欲を言えば、今年以上の良い年になるよう努力していきたいです。
そして、さらに欲をいわさせていただければ、カリグラフィー方面でも、も少し忙しくさせていただけるよう頑張りたいと思います。


そんなわけで、

本当にありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

12月は…

数年前までは、12月になると必ず「ダ・ヴィンチ 1月号 」を購入していたんだけど、ここ何年かは購入していません。特集は毎年決まっていて「BOOK OF THE YEAR」。この特集を読んで、読みたい漫画、読みたい小説なんかもピックアップしながら1年を振り返っておりました。

ここんとこは漫画も小説もあまり読まなくなり(正確には読む時間がない?)、購入する本といえば、カリグラフィー関連の本を中心に刺しゅうなどの手芸本などなど、洋書も増えました。

そんなわけで、今年も「ダ・ヴィンチ 1月号 」は購入しませんでした(立ち読みはしてきたけど)。

その代わりといってはなんですが、「すてきにハンドメイド 2014年 01月号」を購入しました。


表紙

この雑誌、毎号購入しているわけではなくて、立ち読みをして、興味のある記事があったら購入という感じです。大体、1〜2年に1冊くらいのペースかな。

このすてきにハンドメイド 2014年 01月号を購入しようと思ったのは・・・。

さとう ちひろさんの「ステッチでつづるおとぎ話」と「刺しゅうの小箱」、それからしみず えつこさんの「ウール刺しゅうのミニクッション」。下の画像は「ウール刺しゅうのミニクッション」のページです。

内容

北欧の木彫りの馬「ダーラヘスト」(ダーラナホースとも)をウール刺しゅうでかわいらしく表現しています。2014年は午年だし、ダーラヘストをモチーフとして、なにか一つ作りたいですね。この記事の中で、私が「これは参考になる!!」と思ったのが、図案の移し方。ウール刺しゅうをする方にとっては珍しい写し方でもないのかもしれませんが、ウール地に図案を写す方法は、私にとっては目からうろこ。

さとうちひろさんの刺しゅうの箱は以前からの好き。刺繍も繊細でステキだし、箱のふたに刺繍した布を入れ込むので、刺繍作品が額装されたようになるのが良いです。もちろん、箱としても機能するので、実用的。

「ステッチでつづるおとぎ話」は「黒丸ガラスと鳥たち」というお話をモチーフにクジャクの刺しゅうをしています。テレビ放送のない雑誌のみの記事です。クジャクのほかに鳥の羽根の刺しゅうもあります。繊細でステキ。刺し方の解説も掲載されているので、この羽根の刺しゅうを参考にアルファベットと羽根ペンを刺しゅうしてみるなんてのもいいんじゃないかしら・・・。なんて思ったのが、今号の購入の決め手!!!

他には日本刺繍なんかも興味はあるけど、きっと、これには手を出さない。見て楽しむだけになるかと思う。だけど、日本の伝統的な柄とか文様とかは好きで、自分の作品(カリグラフィーとか刺繍とか)にもいろいろ取り入れてきたいなぁと思ったりしているので、ミルだけでも良い刺激になります。

編み物もいくつか掲載されています。どれもテキスト企画で放送はないそうです。あみぐるみのかぎ針ケースはかわいいけど、私はたぶん作らない。他は棒針。風工房さんの市松模様ひざ掛けはシンプルな模様だけど、素敵。風工房さんのデザインはシンプルだけどよく考えられていてすごいなぁ・・・と感じるデザインが多い気がします。スウェーデンのカタリーナさんのリストウォーマーも素敵です。ビーズを編みこんでいくんですが、棒針とビーズって大変そう。素敵だなぁと思うけど、私はたぶん作らない。


すてきにハンドメイド 2014年 01月号の購入はコチラからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ 






いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

間に合いませんでした

クリスマスまでには刺し終えたいなぁ・・・と思いながら作っていたんだけど、終わったのはクロスステッチの部分だけ。バックステッチとビーズが残ってます。
クロスステッチ

Mill Hillのビーズを使ったクロスステッチのキットをいつかは作ってみたいなぁと思っていたところ、(私にとっては)大きすぎず、小さすぎずのキットだったので、コチラのキット ↓ ↓ ↓ を購入してみました。



Mill Hillのこのシリーズはほかにもいろいろあって、どのキットを購入しようか悩んで「Queen Anne House(クロスステッチキット)」にしました。

開封後にまず驚いたのが、布ではなく穴の開いた紙が入っていたこと。いわゆるカルトンペルフォレで使うようなペーパーです。

クロスステッチのキットとしては珍しんじゃないでしょうか?

穴が開いているので、針は通しやすいんで、最初は「刺しやすくてサクサクいけそうで、良いわぁ」なんて思っていたんですが、案外、扱いづらい面もあったりして、結局のところ、クロスステッチは布の方がいいと思いました。

専用の額もあるようなのですが、私は購入しませんでした。


同じシリーズのハロウィンのキットHaunted Library(クロスステッチキット)もいいなぁ・・・と思っているところ。

コチラ ↓ ↓ ↓ です。




他にも同じシリーズで、いろいろあります。
 ↓ ↓ ↓ 
クロスステッチキット

毎年一つずつ作って、飾っていくのもいいなぁ・・・。
しかし、ほかにも作りたいものはいっぱい。

では、佳いお年を。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

花より団子

この寒い季節、クリスマス、飲みたくなるのがドイツのホットワイン。毎年恒例というわけでもないんですが、今年は購入しました。



飲むときはマグカップにクローブの粒を一粒入れて、レンジで温めて飲みます。

グリューワイン


美味しいし、体も温まるし、クリスマスな雰囲気を楽しめるし。

冬の寒い夜に、暖炉のあるお部屋(我が家にはそんな気の利いたものありませんが)で、ホットワインなんて飲みながら、読書とか編み物とか刺繍とかするのっていいなぁ~。

マグカップは結婚式の引き出物でもらったティファニーのマグカップ。

だけれども、せっかくだし、 



「こういうマグカップでホットワイン(グリューワイン)を飲みたいわぁ」なんて思ったんだけれども、

「花より団子」

マグカップを購入するよりも・・・。

マーサかマックギルあたりのペーパーパンチとかエンボス用のテンプレートとか使えそうなものを購入したい。

そんなわけで、
最近、刺繍することを覚えたので図案を転写するのに使えそうな・・・



コレ ↑ ↑ ↑ を購入することにしました。

今までインクが出なくなったボールペンを使って転写していたのだけど、布によってはきれいに転写できなかったりしたので、いろいろ調べたら、手芸用の鉄筆を使うと力も入れやすく、きれいに転写できるらしいという情報を入手。そこで、手芸用の鉄筆を購入しようとも考えたんだけど、鉄筆は刺しゅう図案の転写のみではなく、他にも使いたい場面(金箔のツーリングとかね)があって、細いものを以前から探していたので、上記の鉄筆 【VANCO/バンコ】を購入することにしました。

届くのが楽しみな商品です。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

ありがとうございました

ハンドメイドフェスタ、無事終了いたしました。

来てくださった皆様、寒い中本当にありがとうございました。

様々なお問い合わせにきちんと対応できていなかったかも…と大いに反省しております。
申し訳ありませんでした。

詳しくはメール等でお問い合わせいただければと思います。

このブログの右側にメールフォームがありますので、そちらからお願いいたします。

詳しい経歴などはホームページプロフィールをご覧いただければと思います。


ステキな機会を与えてくださいました「野の花」さん、ありがとうございました。

そして、足を止めてくださった皆様、本当にありがとうございました。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

まもなく

ハンドメイドフェスタまで、もう、間もなくですね。


カリグラフィー

ケルト装飾の栞を作りました。
Enya(エンヤ)とか Celtic Woman(ケルティックウーマン)なんて聴きながら「指輪物語」など読むクリスマスを過ごされるのはいかが?
どっぷりとケルト文化にハマってみてみるのもいいかもしれません。


クリスマスカード(ポストカードサイズです)は美しい飾り文字を使い、クリスマスを演出しています。

刺繍のグリーティングカードはロトゥンダ体大文字です。自分で書いた文字をもとに刺繍しました。金糸を効果的に使って、エレガントに仕上げました。中紙、封筒付です。

クリスマスキャンドルなど上記画像には掲載していない作品もご用意しておりますので、ぜひ遊びに来てください。





ほとんどの商品は作品を印刷したものです。一部の作品に関しては、原本を持っていきます。スペースの関係上、展示することはできないかと思いますが、お声をおかけくだされば、お見せいたします。お気軽にお声をおかけください。

当日はデモンストレーションも行っています。

日時:12月15日(日曜日) 10:00~16:00
場所:長野市エムウェーブ 大会議室




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

リース作りワークショップ

かわいい魔女の人形をお作りになる「どるりぃ」さんの人形付リース作りのワークショップに参加してきました。

会場では「どるりぃ」さんのクリスマス展も開催中。素敵な魔女さんたちのクリスマスに囲まれての制作になりました。

どるりぃさん

もう、この雰囲気だけでウキウキです。

リース作りはまず、材料選びからスタート。

最初のスタート段階でつまずくのが私です。

なぜつまずくのか・・・。
材料がたくさんあって目移り。選べません。

このワークショップを申し込む前に、見本を見させていただいたら、大きめリースだったので、なんとなく「もう少し小さいのもあるんですか?」といったようなことを「どるりぃ」さんに質問したのですが・・・。

そのことを覚えていてくださって、小さめのリース土台を用意してくださっていました。

それがまた、ものすごく感動というか、すごいというか、ありがたいというか・・・ものすごくうれしかったです。

ちょっとした質問のつもりだったのですが、準備までしていただいて、申し訳なかったという思いと、それ以上に「どるりぃ」さんのお人柄に感動しました。私もそういう人間になれるよう頑張らねば!

で、せっかく小さめリースを用意していただいたんだけど、リボンの巻いてある大きなリース土台にも目移りし、土台選びでかなり時間を使ったような・・・。


結局、小さめリースを選びました。玄関ドアに飾るのにちょうどよい大きさだったので。

そして、リボンの色とメインの魔女さん選びにまたまた時間をかけて。あれもこれもと欲張り。

出来上がったのは・・・。
私の作品

小さなかわいい魔女さんをちょこんと座らせて。
クリスマスカラーたっぷりのリースになりました。
この小さな魔女さんがこれまたかわいいの。

私のほかにも5人が参加。実は、私も入れて、ご近所さん6人での参加でした。

全部で6つのリースが完成しました。

リース


リース


それぞれ違った雰囲気のリースができました。

そして、他の人が作ったものを見て、「もっとこうすればよかった」とか「あーすればよかった」とか思うの、わたし。

さて、ほかの人と私のリース、比較すると・・・。魔女さんが・・・?

よく話を聞かずに制作してましたね、私・・・。私が選んだ魔女さんのサイズだともうひとつ選んでよかったみたいなんです。

人の話をよく聞かないからこういうことになる・・・反省。ご迷惑おかけしました。


制作過程なんかも写真に撮っておけばよかったんだけど、夢中になってしまって、撮るのを忘れてしまったので、完成品のみ。

ワークショップ終了後はみんなで、ランチ。ケーキとお茶も。
とても楽しかったです。

そして、「どるりぃ」さんのとても素敵な作品とお人柄に癒され、とても楽しい時間でした。ありがとうございました。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事