Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

準備とか

今日は「シルバームーン」。1月に入って2度目の新月。今年は3月も。よって、2月には新月がないという珍しい年だそうです、今年は。

それはさておき、ここのところ、タティングレースばかりやっています。

タティングレースの小さなモチーフはクイリング+カリグラフィーと合わせてカードに添えるのに良いので、ストックをたくさん持っておきたいと思っていたり。

ドイリーはディスプレイに使うのにも良いしね。


スターアトラクション

今作っているのは「Star Attraction」という名のついたドイリー。
図案は「TATTYHEAD」という海外のブログで見つけました。

他にもとても素敵なドイリーがあって、いくつか作りたいものが・・・。

30番手の糸で作っているんですが、40番手の糸にすればよかったと少し後悔。やはり、タティングレースは細い糸の方がきれいな気がする。コースターくらいのサイズなら、30番手や20番手でもいいけど、このくらいの大きさなら40番手の糸がよいなぁ。配色ももう少し何とかしたい。その名の通り、星をイメージできるような・・・。配色って難しい。作りなおす?どうする?私・・・。

こんなふうにこだわっているからいつまでたっても何にも出来上がんない。途中で投げ出したりするのも多いし。だめねぇ。

とりあえず、完成させて、次は違うものを。ビーズ入れたり、クルニーリーフの入ったものとかにも挑戦したいし。

さて、そろそろ、タティング以外のモノもやりたい。刺繍とか、刺繍とか、刺繍とか?

というわけで、準備中。
白い布を準備したけど、淡いグレーとかもいいし、手持ちの紺の布も使いたいし・・・。
刺繍はしたいけど、刺しゅうした後、何に仕立てるか決めないとねぇ。布のどの部分に図案を写すか決まらないから、始められない。


合間を見て、クロスステッチのおうちもやっているんですが、ビーズに悪戦苦闘。かなりのペースダウンです。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

好きかなぁ。

タティングレース

バックに赤い布を使ってしまったのでわかりづらいかと思いますが、淡いピンクと淡いグリーンで春をイメージして作りました。

故あって、星空というか・・・そんな感じでイメージを膨らませ、紺色をベースに違うドイリーを作ろうと奮闘していたんですが、しっくりいかず(上手く出来なかったとも?)、いろいろと作りなおしたりとか・・・。

2013年中には完成させたかったのに、結局、今年に持ち越し、1月も終わろうとしているなんて・・・。

冬が終われば春が来る・・・ということで、春っぽい感じにしました。

こういうの、好きかどうかわからないんですが・・・勝手に、プレゼントします。送りますので、しばらくお待ちください。

多分だけど、違ってたらごめん。
ラブリーな感じより、ダークな感じ(とも違うなぁ・・・うまく言葉が出てこない)の方が好きなんじゃないかなぁと思っています。なのに、色合いはラブリーな感じになってしまっているので、どうかな?

ちなみに、私の好みはラブリーよりダークな感じなんです。暖色系よりも寒色系の色が好き。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

遅くなりました。

バレンタインカードをいくつか作っています。

まずは・・・。

バレンタインカードその1

シンプルに。
ゴシサイズド・イタリック体で書きました。

ウラは・・・

バレンタインカードその1 裏側

組みひも模様。ここに時間をかけてしまったから表側はシンプルにしたとかしないとか・・・。

ハートが4つ・・・見ようによっては四葉のクローバー。

組みひも模様はバレンタインカードに添えるアイテムとして最適ですよね。



そして・・・。


一部の方にはすでに告知していたんですが・・・。

ブログでの告知が遅くなってしまいました。

2月中旬ころまで、「バレンタインカード」ワークショップを開催しています。
バレンタインカードレッスン

ファンデーショナル体で「Love」を書きます。
バレンタインカードにタティングレースの小さなモチーフを付けます(タティングレースの作り方はレッスンに含まれません)。

バレンタインカードにタティングレースのモチーフはピッタリです。
バレンタインにまつわるお話などもレッスンの中でできればと思います。

詳細はHP(http://blauetinte.web.fc2.com/)をご覧ください。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

いつかは・・・

最近・・・でもないですけど、タティングレースにハマっています。

そんな中、昨年、とても素敵なプレゼントを頂きました。

ダルマの80番

左下にちらりと映っているタティング用のかぎ針です。

タティングレースでステキな細工がされています。親指に引っ掛けて使うようなっていて、とても便利です。本当にありがとうございます。

タティングレースでかぎ針が登場するのはつなぐ時。ピコの間から糸を引っ張りだすのに使います。かぎ針の太さから考察すると、80番くらいの細い糸に適しているのだとは思いますが、初心者の私には恐れ多くてそんな極細糸に手を出すことができません、と思いつつ、40番で小さなドイリーを作れるくらいにはなったし(きれいにできるかどうかは別)、80番に手を出してみようじゃあないの。

ということで、日本のメーカーではおそらく唯一かと思われるダルマ製絲さんのダルマレース糸#80をいくつか購入。

早速、シャトルに巻いてやってみましたが・・・。散々な結果でした。

そして、もうひとつ調子に乗って、DMC Diamant (ディアマント) メタリック刺繍糸でも。この糸は以前刺しゅうで使ったので、持っていたんですが、タティングレースにも使えるといったような宣伝文句をちらりと見まして、使ってみましたが、やはり、散々な結果に。

いただいたかぎ針の細工に使われている糸の細さは80番かそれよりも細いような気がします。ピコもリングもとてもきれいにそろっていて美しい。私もいつかはこのくらいのものができるようになりたいと思っていますが、とりあえずは40番の糸でしばらく修行です。

結局のところ、今はまだ40番手の糸をメインで使っていますが、いただいたかぎ針は使いたくて仕方がないので、使ってます♪

さて、私が使っているタティングのシャトルはツノつきタイプののシャトルです。クロバーさんのフローラちいさなてしごと タティングレース キット ドイリー・2に入っていた2つのシャトル。

このツノつきタイプのシャトルは少し苦手。先がとがってるから、刺さると痛い。あたらないように上手にできればいいけど、それほど上達してない。慣れない頃はツノが糸に引っ掛かってイヤだった。

で、ツノのついていないものを購入しようと思ったんだけど、日本のメーカーのモノは色があまり好きでない。海外のモノは高級だったり、その他の理由(なんとなく日本製の方がしっかりしていて、長く使えそうとか、安心感とか、などなど)でイマイチ手が出せない。

因みに、ツノつきシャトルの場合、糸を引っ張り出す時にツノを使うので、かぎ針を使う必要はないのですが、私の場合、ツノよりもかぎ針を使った方がすんなり引っ張り出せるので、かぎ針を使用する方が好きです。そういう理由もあって、ツノなしシャトルが欲しいと思っているんだけど・・・。

クロバーさん、ステキな色合いのツノなしタイプのシャトルも出してくださ~い。

かなり上達したら、輸入物でもグレイスワークさんで売っているような「タティング シャトル 《タヒチアン ブラックリップ》 天然貝製.」とか「タティング シャトル 《フィリグリー リーフ》 銀メッキ」とか「タティング シャトル 《ヴィクトリアン ライトブロンズトーン》」とかほしいけどねぇ。



では、まとめて、タティングレースの道具を紹介。


まずは糸。




ダルマ製絲さんの糸はわたし好みの色が多くて好きです。40番の糸は「紫野」を使うことが多いです。

DMCのディアマントはコチラ

当然、刺しゅうにも使えます。色番号D5200のホワイトでキラキラ・・・私、好きな色です。金銀の次に購入するとしたら、この色だわ。


次にシャトル。

ツノつき。


ツノなし。


すてきなのはコチラ。



他はグレイスワークさんでチェック!


持ってると便利。


因みに、いただいたかぎ針はコレ↑ではないです、たぶん。形が少し違うので。手に入りづらいものなんですね、きっと。本当にありがとうございました。



というわけで、いつかは100番手くらいのレース糸でステキなタティングレースの作品を作れるようになりたいです。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

なんに使うんだろう?

寒中お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。


やっぱり、刺しゅうに夢中です。
そして、タティングレースにも。
その話はまた追々・・・。

今日は、刺しゅうに使う道具の話。

フリクションボールが登場した時、まず思ったのが、「便利そうだけど、何に使うんだろう?」。

学生だったら、ノートをとるときとか・・・。社会人だったら、手帳とか・・・。それなりに使い道はありそうだけど、今の私には使う場面が思いつかない・・・。モノを書く機会はあるけど、シャープペンシル、ボールペン、普通の水性ペンで事足りる。わざわざフリクションボールを買い足す必要はない。

そんなわけで、気にはなるものの手に取ることのなかった文房具です。

が、年明けて、フリクションボール、購入しました。

なぜなら・・・。

フリクションボールの特徴。

熱で無色化する→アイロンで消える!!
水性→洗えば消える!!!

刺しゅうに使えそう♪

というわけで、購入してみました。





購入したのはスリムタイプで、色はライトブルー。


試しに白い布に書いて、アイロンを当ててみたら、きれいに消えました。


手芸用のチャコペンシルなどはアイロンで消えにくくなってしまう場合もあるので、そういう点ではフリクションボールのほうが断然便利(に違いない)。

まだ試しに布に書いてみた程度で、刺しゅうには使ってないので、なんとも言えませんが・・・。

今回購入したのはスリムタイプだけど、 フリクションカラーズとかフリクションえんぴつとかのほうが布に書くには書きやすいかも。

色はいろんな場面で使えそうなライトブルーを選んだけど、使う糸の色に合わせていろいろ揃えてみるのもいいかも。

ただ、濃い色の布は書いても見えないので、使えない・・・そこが残念なところ。

ますます刺しゅうが楽しくなりそうです。







いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事