Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

もう1か月以上も前ですが、その2

やっぱり2月の寒い時季に完成させています。

冬用帽子


図案はホビーラホビーレのもの。

ホビーラホビーレの図案は少し割高な気がするんですが、私の場合、編み物関連の本を1冊購入しても作るのはその中から1つ、多くても2つくらい。1500円くらい出して購入して作るのがそれだけなら、確実に作るという条件付きで、ホビーラホビーレの編み図の方が本を購入するよりかはお得?

こども用に作りました。糸の色もこどもが選びました。作っている間も「まだできないの~?はやく~」なんて言っていました。制作途中でも時々かぶってサイズ合わせなんてしてました。

が、

できあがってみれば、「かぶんない」だって。どういう心境?

どうやら、出来上がってすぐにがぶるのではなく、しばらくあたためておきたい様子。完成したのは2月。「1月になったらかぶる」とわけのわからないことを言い出しました。カレンダーの歌の影響で、1月はいっぱい雪が降って寒いから1月にがぶるそう。

結局、今冬、私がかぶりました。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

もう1か月以上も前ですが、その1

あの時のタティングレースのドイリー、完成しました・・・正確には、完成ではないんですが。

タティングドイリー

完成は2月です。2月にはブログに乗せようと思っていたんだけど、他のこと(本業?のカリグラフィーに関すること)にかかりきりになり、PCの前にゆっくりと座る時間がなく、今になってしまいました。

さて、ドイリーのタイトルは「Star Attraction」。図案は海外のタッターさん(だと思われる)のブログ「TATTYHEAD」から。

途中で糸がなくなってしまったため、最後まで完成出来ずに終了としてしまいました。

使っていた糸は30番手の糸で、今まであまり使ったことが無かったので、試しに購入した太さの糸。使ってみた感想は、「30番手、個人的にはあまり使わないかな」。というわけで、買い足す気にもならず、終了としてしまいました。

スプリットリングの練習によさそうと思って、このドイリーを作り始めました。3段目と5段目はスプリットリングで一周しています。

練習の気持ちで作っていたので、特にどこに使うとかも考えていなくて、結局、アイロンもかけずに人の手に渡りました。無理やり押し付けてしまってごめんね~。なんか、そんなンばっかり。

私の制作物を無理やり押し付けられている犠牲者の皆様、イヤな顔一つせず、本当にありがとうございます。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

最初に言っておく・・・

ばね口ポーチを作りました。
いろいろ作っていますが、ばね口ポーチを作ったのは初めて。

ホビーラホビーレのポーチ

作り方はホビーラホビーレで購入。ばね口ポーチ用の金具が大小1つずつとキルト芯がセットになっていました。布は別売り。その為、布は手持ちのものからチョイスです。ポーチの後ろに写っている水玉模様の布を裏地に使っています。完成したのは「大」のほうです。

このばね口ポーチ、ホビーラホビーレのホームページで見て一目ぼれ。そして、流石ホビーラホビーレです。作るのにひと手間もふた手間もかかる。否、私のウデが無いからなのだろうけど、とにかく手間がかかる作り方でした。

でもね、本来、ハンドメイドとはそういうものだと思っています。手間暇かけてゆっくり丁寧に作るから「ハンドメイド」。ホビーラホビーレのキットはそういうのが多いと思います。

さて、「大」は完成したけど、「小」は?



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました



では、「最初に言っておく」。
関連記事

準備中です

お久しぶりです。
前回のブログ記事から、1か月以上経ってしまいました。

なにもしていなかったわけではないです。
あるものに集中しておりました。

とはいえ、それ以外にもやることはあるわけで・・・。

「あるもの」に関しては少し前にひと段落して、先が見えたので、放置していたやらなければならないものにも着手。こちらはまだ時間があるし、自分の好きなように気軽に楽しんでやっています。

そんなわけで、

道具たち

遅れ馳せ乍ら、
ウワサの「オレンズ」を購入しました。

0.2㎜の折れないシャープペンシル。

いや、私の使い方が悪かったのか、芯、結構、頻繁に折れました。使っているうちに力の入れ方だとか慣れだとかで、確かに折れづらくなりましたよ。折れないとは言いません。筆圧の強い人は要注意。私は早速、芯をを詰まらせました。キャンペーン中で専用クリーナーペンがついていたので助かりました。とはいえ、0.2㎜の細さ、チャックスリ割り部にえ詰まった芯を取り除くのにものすごく苦労しました。

芯を取り除くのに苦労はしたけれども、0.2㎜の細さから考えると折れづらくて良い商品です。芯を出さずに書く技術にも驚き。使うのに慣れてくれば、概ね満足。これから、いろいろと活躍してくれそうです。

問題は、この細さでデザインしたものを筆で再現できるほどのウデが私にあるのかどうかですな。

因みに、今回は筆で再現するためのデザインではないです。使用するものを考えると0.2㎜を使う必要はなかったかもしれないけど・・・ただ単に使ってみたかっただけです。

なんのデザインを考えていたかは後日(早くて5月中旬ごろ)公開しますので、しばらくお待ちください。



替え芯はこちら
 ↓ ↓ ↓ 



欲を言えば、三菱の「クルトガ」みたいにラインナップがたくさんあればいいのに。

0.2㎜のシャーペン、他ににないから、この商品が製造中止にならないことを祈っています。万が一故障して使えなくなって、替え芯が余ってしまったら、他に転用できないし、余る以上に替え芯がなくなってしまったら、このシャーペン、使い物にならない。

さて、細かいものを書いたら、細かいものを消したい。
それにも答えてくれた「ぺんてる」。



超スリムボディのキャッチコピーそのまま、薄いです。軽い力で消せるので、力を入れすぎて消しゴムが折れてしまうということも今のところないです。消字力もよいし、スリムなので、細かいところもきちんと消せます。

カドケシ」ほどの衝撃性はないけど、地味に良い商品です。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事