Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2014年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

なんていうか、逃げてばかりです

やらなければならないことがあると、尚且つ、そのやらなければならないことが、難しければ難しいほど、横道にそれたいのよね。

テスト前に普段やらない掃除なんかを突然始めてしまうような・・・。

そんなわけで久々の刺しゅうです。

チューリップといえばかぎ針、レース針のイメージしかなかったんですが、手縫い針もあったんですね。知りませんでした。
というわけで、購入してみました。
フランス刺繍針


箱ケースがなんともいえず、とにかく、かわいらしいというかステキです。用途に合わせて色も違っているので、分かりやすくて良いです。

購入したのフランス刺しゅう針 アソート」の細番手。

箱を開けるとプラスチックの容器に入った針が説明書と一緒に出てきます。
容器の中には針の他に防錆紙も入っているという親切さ。
開封後


使い心地は・・・。
それほど、刺しゅうにこなれているわけではないので、全くもって参考にはならないと思うけれども、個人的な感想として・・・。
布通り、確かによいです。
今まで使っていた某社の針も問題なく使っていたのだけど、なんとなく、今回購入した針の方が良い気がします。「すっ」といきます。
それから、しなやかな感じがします。それがいいのかどうかわからないけど、私は使いやすいと思いました。

長く快適に使うためにもきちんと手入れしたいと思いました。

さて、なにを刺しゅうしているかというと。

がま口を作りたいと思っていて、そこにワンポイント入れようと思い立ち、刺しゅうしてます。
もちろん、イニシャル。
もちろん、デザインも自分でしました。
その前にウォーミングアップとして、お花の模様を刺しゅうしているところです。
お花の図案はアンティークの図案から。

がま口の形になるのはいつのことでしょうね。

他に刺しゅうしたいと思っているのはアカンサス模様とかケルトノットとか。いつになるかわからないけど、いつか刺しゅうしようと妄想中でございます。

そうそう、浴衣もまだ作りかけだったなぁ。
来年の春までには帽子も作りたいしなぁ。

ただただ、ひたすら逃避行動です。
なにから・・・そんなこと言えません、逃げてるんだもん(わかる人にはわかる)。

フランス刺しゅう針の購入はコチラから
 ↓ ↓ ↓


他にもたくさんの種類の針があるので、興味のある方はTulipのHPを見てみてください。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

一部変更

お久しぶりです。

お引越しをしていたり…。

受講料など一部変更がございます。
ホームページをご覧ください。
詳しくはメールフォームよりお問い合わせください。
1週間経過しても返信が無い場合はお手数おかけしますがもう一度お問い合わせください。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました


関連記事