Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
      

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

春なのね

今年は・・・今年もいろいろと挑戦していきたいといったようなことを言ったような、言わないような。

まだまだ寒い日が続いてはいるけれども、ちらほらと花粉情報も飛び交うようななった今日この頃。

昨日、今日の2日間、参加してきましたよ~。

地域の公民館で、2日間開催された切り絵教室に行ってきました。
1日2時間で一つの作品を仕上げます。
なので、1日のみの参加でも良いのだけど、せっかくなら2日間。

この切り絵教室のお知らせを見たときには飛び上るほどうれしくなりました。
なぜなら、講師に柳沢京子先生のお名前があったんですもの。

昨年、京王フローラルガーデンで開催されていた日本とスイスの国交150周年の記念イベントで私もカリグラフィーの作品を出展したんですが、その時、ほぼ同時期にスイスの切り絵展も開催されていました。残念ながら、観ることが出来なかったんだけど、主催の山梨切り絵美術館ではその後も「スイスの切り絵展」を開催中とのことで、行ってきました。

その際、時間の関係もあって、常設展の方には行けなかったんだけども、企画展示館の館員さんとお話を少しさせていただいたときに、「長野には柳沢京子さんという切り絵作家さんがいるから、興味があったらたずねてみるといいよ」なんて言われました。

機会があったら、切り絵を教わりに行きたいなと思っていたところの今回の公民館企画です。
飛びつきましたとも。

そんなわけで、作ってきたものは。

切り絵

渋紙を使った本格的な切り絵教室です。初めての挑戦。

1日目は「ふきのとう」。先生が準備してくださった図案の中から最も難しいものを選びました。

本来ならば、簡単なものから徐々に難しいものに挑戦するべきなんだけど、2日目にどうしてもやりたいことがあって、ちょっと難しいのに挑戦して、慣らしておきたかったのです。

2日目「はこべ」。

どうしてもカリグラフィーの文字を入れたくて、自分の名前をユマニスト体で書いて準備していきました。
いやはや、苦戦しました。やめればよかった。
でも、心地よい達成感は得られましたよ。

2日間、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。


目標は自分の書いた文字を美しい切り絵にすること。

もっと言えば、フィリグリーやカデルなんかも切り絵で表現してみたい。野望は尽きません。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

やっと

昨年、購入した「Grace Roll」さんのキットををやっと完成させました。

ゆっくりペースで、少しずつ作りました。

クイリングキット

独りで作っていると難しいな、と思う部分が多々ありましたが、なんとか完成。とても勉強になるキットでした。

とても素敵なデザインで、作っていてとても楽しかったです。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

ミステイク

2月。

まだまだ寒い。

あったかグッズは必需品。

そんなあったかグッズをいくつか作りました。

ニット帽

ネックウォーマーと帽子。

輪針にハマっています。
輪針の凄いところは輪に編むのはもちろんのこと、往復編みだって出来ちゃう優れもの。

兎に角、輪針にハマって、ネックウォーマーと帽子を作りました。

使った糸はだいぶ前に購入しそのままになっていたハマナカの「メンズクラブマスター」。

編み図はありません。

ネックウォーマーの方は厚みが出るようにFishermans ribで編みました。以前も少しばかり話題にした編み方です。

DOROPS Tutorial 「Fisherman's rib in the round」

でもって、帽子の方は2目ゴム編みと「ミステイク」ですよ。
ミステイクといっても、失敗したわけではなくて、「mistake rib stitch」というゴム編み模様の一種。
表目と裏目のみで出来る模様です。
ごつごつした感じが好きです。
個人的には「Fisherman's rib」よりも好きかも。

詳しい編み方なんかは「mistake rib stitch」で検索してみてください。

4目2段1模様。
作り目は輪の場合、4の倍数。
往復編みの場合、4の倍数+1。


英文パターンなので、覚書を少し。
K=表編み
P=裏編み

英文パターンの便利なところは裏を見て編む段も「K=表編み、P=裏編み」で編めばよいところ。

なので、日本の編み図に変換すると。
裏を見て編む段(偶数段)は表からみると
K=裏編み
P=表編み
になります。

なんか文章にすると分かりづらい。




まだ寒いとはいえ、春の準備もそろそろ。

春色

さわやかなグリーン、若葉色といった感じでしょうか、そんな色の糸でショールを作っています。

使用糸や図案などはまた後日改めまして。

棒針の透かし模様も楽しい。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事

バレンタイン

節分も過ぎ、もう間もなく、バレンタイン。

バレンタインにはハートのモチーフが良く似合う。


ということで、

とっても嬉しいお知らせを頂きましたのでご報告。

当たればいいな、でも、当たらないだろうな・・・なんて思いながら応募したモニター企画に見事当選!

当選しました

届いた郵便物を開封すると、入っていたのは当選のお知らせと刺しゅう糸3束、制作に必要なストラップ金具とビーズ。

刺しゅう糸の色は申し込みの際に自分で選んだものです。

「ハートのモチーフを刺しゅう糸で編む」というモニター企画。どういった3色を選ぼうかしら・・・。ハートといえばまず最初に思い浮かべる色は赤とかピンクとか。3つのハートをストラップに仕立てるので華やかにトリコロールとか、鮮やかに3原色とか・・・いろいろ考えたけど、やっぱり、好きなブルー系の3色を選びました。

ただね、届いて思ったのは、「私って面白味のない配色考えるよね~」です。自分のセンスを疑います。
オリムパスさんの25番刺しゅう糸、ぼかしも含めていろいろ選択肢はあったのよ。あったんだけどね。結局、好きな色選んでいったら、この3色になりました。でも、ある程度の統一感があるし、よしとしましょう。

で、早速、編み図を見ながら、それぞれの刺しゅう糸でハートを作りました。

実は私、中にワタを詰める系の小物作りが苦手。あみぐるみとかピンクッションとか・・・。

こういったものを作るときはワタを詰めるために隙間をあけておくのだけど、とにかくその狭い隙間からワタを詰めるのが大変(な気がする)。
十分に詰めたと思って、スキマを閉じてみると、案外ワタの量が少なかったりする。
形を整えようとすると、なんかうまく整えられず、いびつな形になってしまう。
などなど・・・とにかく、なんかうまくいかないことが多い。

そんな私ですが、なんとか、ハート3つ完成させました。

ハートが完成

刺しゅう束ひとつでハートが一つ。ふたつ作るにはちょっと足りないかなと思うくらいの糸が余ります。

そして、やっぱり、ワタを詰めるところで悪戦苦闘しましたが、ハートに見えるよね。ハートの形になりました。一安心です。


余った糸は、ハートをストラップを仕立てる前に・・・。

小花いろいろ

小花をいろいろ作ってみました。

小花の編み図は「はじめてのかぎ針編み薔薇づくしコモノ」とかだいぶ前の「ニットマルシェ(vol.3)」とか見ながら作りました。

それでもほんの少し余った糸は作りかけのタッセルがあったので、その「くび(という言い方でイイのかな?)」をくくる糸として使用。ハートのモチーフと一緒に写したタッセルです。

あとはいつか使うため(本当?)のコードを作り置き。


さて、さいごにハートをストラップに仕立てました。

ストラップ完成

ブルー系3色の可愛らしいストラップになりました。ハートとハートの間にビーズを通しているので、ゆらゆらと揺れる感じがとてもかわいらしいのです。

25番刺しゅう糸は6本の細い糸がゆるくよってあるので、編んでいる途中でかぎ針に引っ掛けてしまいそうとか思っていたけど、そんなこともなく、編み上げることが出来ました。

発色が良くてカラーも豊富、光沢感もあるので、ちょっとした小物作りにお勧め。一般的なレース糸に比べて、色数が多いから色々な配色を楽しめそう。小さな小花ひとつでもとてもかわいくできたので、刺しゅう糸で編み物、引き続き楽しんでいきたいと思いました。

オリムパスさんのオンラインショップはコチラ→「手芸のオリムパス 公式オンラインショップ

もちろん、25番刺しゅう糸も購入できますよ!



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ありがとうございました

関連記事