Tinte(ティンテ) ◇ カリグラフィー & * * *

カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2016年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年10月
ARCHIVE ≫ 2016年10月
      

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

秋だしね

もう何年も前に興味を持って購入してはみたものの放置されていた本があります。

そう。

大人の塗り絵

塗り絵。

最初に購入したのは画像にありません。手元に無いから。
マンダラのぬりえ。
なぜ手元に無いのか…。
何年も放置されていて、もうきっとやることは無いだろうと思い・・・手放しました。

さて、そんな塗り絵…なぜここにきてやろうと思ったのか。
100均で見かけたから。

塗り絵を購入したけど、放置してしまった理由の一つが・・・「きれいに塗れなかったらなんかもったいない」。小心者なんです私。

そんなわけで、100均の塗り絵だとなんとなく「なんかうまく塗れなくてもいいや」みたいな心理が働き、興味はあるもののなかなか手が出なかった本格塗り絵(個人的に『大人の塗り絵』っていうの通称はあまり好きじゃない)に挑戦することにしました。

で、100均に売っていた2種類のぬりえともう何年も前に購入していた「大人の塗り絵 花とフルーツ編 大人の塗り絵シリーズ」。そして、新たに「平安王朝絵巻ぬりえbook」を購入し、塗り絵スタートです。

まずは100均の塗り絵2冊から。
と思って始めたら、なんとチビ助さんが興味を持ち、「花の園」はチビ助さんが塗ることに。そんなわけで、私は「メルヘンの世界」を。

そして、塗り絵、始めてしまえば・・・
まぁ、楽しみながらやるものだし、「あまり上手に塗れなかったなぁ」という結果になっても、別にいいじゃんと思えるように・・・。
何事も足踏み状態はよくないなぁ、とにかくやってみないと・・・。

癒されるかどうか・・・というと、塗り絵に向き合っているとかなり本気モードになって、癒されるというよりもちょっと疲れるかも。ただ、心地よい疲れではあるね。もっと気軽にぬりえを楽しみたいな・・・と思う今日この頃。

私は水彩色鉛筆を使っているんだけど、本場フランス(?)ではマーカーが主流みたい。マーカーでベタ塗もそれなりによさそう。画材によってさまざまな表現が楽しめそうだなぁと思うのです。

今持っているぬりえの本で一番楽しみにしてるのが「平安王朝絵巻ぬりえbook」。楽しみにしていた「ばけもの好む中将 伍 冬の牡丹燈籠 (集英社文庫)」という小説を読んだばかりの頃に購入したんですよ、この「平安王朝絵巻ぬりえbook」。そりゃ楽しみですよ。


塗り絵の購入はコチラから
 ↓ ↓ ↓






出版されたばかりのこちらの塗り絵も気になる・・・。
↓ ↓ ↓



その他塗り絵本はかなり様々なものがあります。
クリック

塗り絵



塗り絵じゃなくて小説。
おススメです。
まずは第1巻から。





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

こんなつもりではなかったんだけどな

久しぶりにクイリングとカリグラフィーのコラボ作品(はがきサイズくらいのもの)を作ろうと思っていたんだけど・・・。

何故だか、「きれいなクイリングのパーツを作ろう!」になってしまいました。

とってもきれいな渦巻きを蜘蛛の巣上で見かけたのだけど、正直自分で作ることは無いだろうなと思っていたもの。

試行錯誤しながら作りました。
 ↓ ↓ ↓
パーツづくり

蜘蛛の巣上の画像やら動画やらを拝見しつつ、独習。なんとなく目指していたものができるようになってきたかもしれない・・・まだまだだけど。

時々、クイリングとカリグラフィーのコラボ作品を見かけるけど、クイリングはきれいなのに文字はイマイチだったり・・・なんかもったいないな、と思ってしまうのです。

私の場合はきっと逆。
クイリングをやっている方が見ると、文字はいいのにクイリングがイマイチ・・・なんて思われているのかも。
カリグラフィーをより良く、より魅力的に演出できればと思ってなんとなく作り始めたクイリング。
文字がきれいに書けても、クイリングが残念な感じだとせっかく作った作品も勿体ない。なので、できるだけ、クイリングもきれいに作りたい。

きれいなクイリングとは・・・。
全体的なデザインはもちろんのこと、パーツの美しさにあると私は考えた。

「お花は自然のものだから、そろっていなくても、自然らしくていいのよ」なんて、慰められたこともありますが、クイリングはあくまで人工物です。好みもあるのだろうけど、私は職人技のようにピシッ!と揃っている方が好き。もちろん、渦巻きも。そこをこだわりはじめると・・・おわりがない。難しいなぁ。

「渦巻き」・・・昔から人類を魅了してきた模様です。ケルトのスパイラル模様がその代表。日本の唐草模様とか波の模様(正式名称忘れちゃった)なんかも一種の渦巻き模様。フィナボッチ数列なんかもそれに通じるものがある。やはりきれいな渦巻きは美しいのだ。


で、渦巻き模様にこだわり始めてしまったけど、そんな場合では無く・・・はがきサイズくらいの作品を作りたいのだ、私は。10月最後の土日に開催される地域の文化祭に出展する予定なのだから。間に合うのか?


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

はじめての

パステル画体験をしてきました。

パステル画

画材屋さんでパステルを見るたび、なんとなく興味はあるものの購入してまで・・・と思っていたパステル。
ちょっとしたチャンスに恵まれ、体験してきました。

楽しかったです。
文字と組み合わせて・・・あれこれと妄想。
はたして形になるのか…。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

秋の夜長に

涼しくなってくると持ちたくなるのが針。
そんなわけで、
クロスステッチとカロチャ、チクチク始めました。

刺しゅう始めました

さて、完成はいつになるかな。

目標として。
クロスステッチの方は11月下旬から12月上旬。
カロチャは特に目標無し。
というのも・・・。
スカラップの部分を教わりながらチクチクしたいのだけど、教えてもらえるのがいつになるのかわからないので・・・。とりあえず、スカラップ以外の部分(お花とか)を早めに終わらせておきたい。



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

セロリ

久々の更新になってしまいました。

5月ごろ練習していたセロリの絵。

作品に仕上げました。

セロリ

仕上げたのはもうだいぶ前、納品も済んでいます。
許可をいただいたので、全体像を公開。

とある論文の要旨をカリグラフィーの作品に仕上げました。

記念となる論文だそうで、お祝いの品として依頼を受けました。


こういった作品制作もお仕事として受けておりますので、興味のある方、お気軽にお問い合わせください。



お問い合わせはコチラ ↓ ↓ ↓ をクリック

メール




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事