Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本好きなので

もうやらないと心に決めていたのに・・・。


閉じたところ



ビーズステッチ、また作りました。
本好きなもので・・・。
ミニチュアサイズのアンティークな感じの本のデザインが気に入りました。

本を開くと・・・。


開いたところ



本の中身もあります。

PARTS CLUB」の実店舗で購入したキットです。が、ネットショップの方ではすでに販売が無いみたいです。店頭にはブルーの他にレッドの販売もありました。

因みにバックグラウンドは「Masterpieces of the J.Paul Getty Museum: Illuminated Manuscripts (Masterpieces of the J. Paul Getty Museum)」という本のとページを開いています。J・ポール・ゲティ美術館所蔵の写本を紹介している本です。写本はすべてカラーで紹介されているので、見ごたえ十分な1冊。興味のある方は是非!




さて、話は変わって・・・。
春休み中なので、子どもと一緒に。


ポンポン



ポンポン手芸。
今、ブームですよね。動物作ったり、ポケモン作ったり。

画像は私が作ったもの。
チビ助くんが作ったのは本人の希望により写真を撮らせてもらえませんでした。なにかとそんなお年頃。

大小のポンポンでシロクマのイメージ。目玉になりそうなものが無かったので、顔はありません。耳をもう少し大きいポンポンで作ったら、某夢の国のキャラクターな感じになったかな?

画像向かって右のポンポンにはフェルトで耳を作りました。

使ったのは家にあり余っている、気が向いたら何かに使おうとか、帽子とかマフラーとか小物を作るにしてもちょっと足りなそうだなとか思って、そのまま何年も眠っていただいている、そういった毛糸たち。

それから、100均で購入したポンポンメーカー。
100均のポンポンメーカーは大小2つセットで100円(税抜き)。これがサイズ違いで2セットあって、計4種類のサイズのポンポンが作れます。

ポンポンにハマりそうだったら、書籍と一緒に「スーパーポンポンメーカー」を購入したいところ。





書籍はやはり
ぽんぽんポケモン [ 須佐沙知子 ]」かな。





動物ぽんぽん [ trikotri ]」もかわいい。






いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックお願いします





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。