Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

暑いですね~

5月下旬。
今日の予報では、長野市内最高気温30℃。
暑いですね~。

だけど・・・。


ネックウェア



完成しました。 ネックウェア。


こちらのキットです。
↓ ↓ ↓




1玉で2種類のネックウェアが作れるのだけど、そのうちの1種類が完成しました。
なかなか不思議な編み図で、だんだんと形になってくるのが楽しかったです。
暑くなってくるとこういう冬物毛糸を扱うのも「ちょっとね~」っていう感じなので、もう一種類は「来シーズンまで眠らせておこうかなぁ」とか考えてます。

上記ショップで購入したのだけど、選んだ糸が思っていたよりも暗い感じだったので、ちょっとがっかり。ネットショップでの購入はそういこともある。まぁ、仕方が無い。
予定ではもっと明るい感じの色で、うちのチビ助くん用のつもりだったんだけど、かなり、渋い感じ。違う糸を購入して、作りなおそうかな、とかも思います。実際、編んでいてとても楽しい編み図なので、何枚も編みたくなってしまいます。編み方は単純なので、初心者にもおススメ。




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
ありがとうございました

関連記事

どうだろう?

お友達と二人、ハンガリー刺しゅうの会を開催したいね~なんてお話ししているんだけど、その前にひとりカロチャ刺しゅうくらぶ。
ちょっと前に完成させました。
昨年末からちまちま刺していたやつです。


カロチャ刺しゅう



東京の越前屋で購入したキットです。

自分としてはいろいろ納得できない出来栄え・・・。まだまだだなぁ~と思うのだけど・・・。だからこそ、「次はもっときれいに刺したいな~」なんていう向上心にもつながる。

ココはこうすればよかったとか・・・いろいろあるけど、とにかく完成です。

そんなわけで、ハンガリー刺しゅう、また新たにチクチクし始めてはいるのだけど、これまた布選びが良くなかった。ちゃんと刺しゅう用の布にすればよかったのに・・・ヘンなところでケチってしまい、失敗です。
やっぱり初心者だからこそ、きちんとした道具、材料を使わなければね。と、ウデの無さよりも材料の所為にしてみる。
その話はまたいつか。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
ありがとうございました

関連記事

どれにしようかな

ここのところ、本当にいろいろ作っているのがとっても楽しいのだけど、忘れてはいません。

カリグラフィー。

書いてます。


地球と宇宙



作品づくりの前に、お試し。

作品の内容に一番近い感じに仕上がりそうなのはアレ。
でも、好きなのはアレ。
ちょっと葛藤。
自分の作る作品だし、先生の一押しもあり、アレに決めました。

完成するかな?



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

夏、はじめての

帽子完成しました。
ちょっと画像の色が良くないけど、こんな感じです。


カンカン帽



使った糸は横田(ダルマ)の「SASAWASHI」。
今回、初めて使ってみました。
ちょっと硬い感じの糸。故に、しっかりとした張りが出て、良い感じです。

こういう夏らしい帽子のレシピを見るとテクノロートというのを編み込んでいかなければならないものが多く、それがイヤで、今までこういう帽子をあまり編みませんでした。テクノロート、もちろん、使ったことありません。帽子の編み図なんか見ると良く見かけるアイテムなんだけどね~。使わず嫌いです。

ところが、

全く別の目的で立ち寄った手芸屋さんで、「SASAWASHI」の作品がいくつか展示してあって、しかも、テクノロートを使わない帽子があったので、これは作ってみよう!と思った次第でございます。

というわけで、早速、購入。

編み図は「パターンノート」から。
この冊子、横田株式会社が発売元。つまり、横田(ダルマ)の糸を使ったレシピが数点掲載されています。とってもおしゃれな作品ばかりです。
あみもの作品だけでなく、夏を快適に過ごすためのアイデアレシピ(具体的にはハッカ油スプレーの作り方など)の掲載もありました。
A6サイズで掲載作品もそれほど多くないけど、ひとつでも作りたいと思うものがあれば、損はしない、いわゆる「買い」の一冊だと思います。お値段もお手頃ですし。

で、この冊子の中から作ったのが、画像のキャノチェ(いわゆるカンカン帽)です。レシピ同様にリボンも付けたかったのだけど・・・。

この帽子に使う糸の量はほぼ5玉ぐらい。
しかし、完成してみれば、1玉、丸々余ってしまったのです。
つまり、かなりきつめ・・・小さく作ってしまったということ。硬い糸だと、きつく編んでしまう癖があるのも一因だとは思うのだけど、編みながら、「なんか編み目がスカスカな感じがする・・・もうちょっときつく編まなきゃなんないのか?初めて使う糸だし、勝手がわからんぞ・・・」と考えながら、意識的にきつくしていたようにも思います。
結局のところ、もうちょっとふんわりと編んだほうが、編み目もスカスカにならずに済んだんじゃないかという結論に達し、リベンジ決定。

ちょっと小さめに作ってしまったこの帽子はチビ助さんのものに。チビ助さん、男の子ですから、「リボンは絶対につけるな」という要望。というわけで、リボンはなくなりました。

あ、「SASAWASHI」の感想。簡潔に。

気に入りました。これからも、この糸使っていこうと思います。

ちょっと補足。
この「SASAWASHI」はくま笹を使った天然素材の和紙で、くま笹がもつ天然の防臭、抗菌、UVカット効果があるそう。帽子作りには適した糸(正確には糸ではなく紙)みたいです。


と、いうわけで、購入はコチラ。
今回私が使った色番号は「6」。ちょっと渋めの茶色。
 ↓ ↓ ↓






でもって、パターンは
 ↓ ↓ ↓






いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
ありがとうございました

関連記事

今年も

きれいに咲いてくれました。

ヤグルマギク。


ブルー



この角度から見るとカロチャ刺しゅうにもよく登場するあのお花ってのがよくわかります。

ハーブティーとしても有名なお花ですよ。コーンフラワーの名前で売られています。コーンフラワー単体で、というよりもブレンドティーとして楽しむようです。乾燥しても色がきれいなので、見た目も楽しめます。




ブルー



上から見るとこんな感じ。
西洋の彩色写本にも本当によく登場します。鮮やかなブルーでボーダーを彩ってくれてます。
シシリー・メアリー・バーカーさんの花の妖精シリーズ(Flower Fairies)にも登場します。
とってもきれいなブルーで、ブライダルの場面でも重宝されるようです。
個人的には向日葵と一緒にしたブーケとかきれいだなーと思います。

ドイツの国花でもあり、西洋ではとても愛されているお花なんですね。

わが家のヤグルマギクは雑草として生えていたものを株分け(という言い方でいいのか、除草ついでにもらってきたというべきか?)してもらったもの。野生のもので観賞用ではないのだけど、観賞用と野生種と違いはあるのかな?

そんなわけで、観賞用に比べて変異が起きやすいのか何なのか、去年は一輪しかなかったピンクが今年はちょっと増えました。


ピンク

つぼみ

ピンク



その他にも青みがちょこっと抜けた淡い紫色とか、青も赤も抜けて白いのとかもちらほら咲いてます。
観賞用できちんと育てている種だとそういう変異も少ないのかも・・・。
でも、いろいろな色が出て来るのも面白い。

それにしても、相も変わらず変化のない構図だなぁ。

というわけで、
ヤグルマギクを育てて、中世ヨーロッパ、写本の世界を現実に感じたい方、ぜひ、育ててみてはいかがでしょう?


種はコチラから
↓ ↓ ↓





色々な色を楽しみたい方にはミックスがおすすめ
↓ ↓ ↓





いやいや、育てるよりも美容と健康に、という方には
コーンフラワーも入ったブレンドハーブティー。
 ↓ ↓ ↓ 





コーンフラワーだけだったら・・・育てて自分で乾燥させてもいいけど、手軽に・・・。
 ↓ ↓ ↓



お風呂にもよいそうです。






いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

5月だねぇ

気づけば5月。
桜も散って、リンゴの花と藤の花とアヤメ、カキツバタ、ハナショウブ?の季節。

そして、
前回の記事から1か月以上も経ってしまいました。
なんとなく自分勝手に、「できれば週一、できなくても最低限週二ペースで更新したい」と思っていたのだけど、最近できてないなぁ。
のんびりペースで頑張ります。

で、なにをしていたのかというと・・・。
もうやらないと思っていた紙バンド、夏に向けての帽子作り(布製のと編み物のものそれぞれ数点ずつ)、もう夏になろうとしているのにネックウェア(こちらは1枚完成、もう1枚はこれから)、それから友達と二人でハンガリー刺しゅうの会を開催するのでその準備、刺しゅうに関しては他にも作りたいものがあってそれも、刺し子とか、クロスステッチとか、タティングとか、結局ビーズステッチも再び・・・しかし、どれも準備してあとはちょっとずつ進めているものばかり、そのうちブログに登場してくると思います。


それはそれで、
ご依頼品の制作。

祝儀袋


ご祝儀袋。
クイリングで。




祝儀袋本体も中袋もハンドメイドです。

祝儀袋本体はインドの手漉き紙を使用しています。
このインドの手漉き紙はアジアン雑貨のお店で売っていたものをだいぶ前に全紙で購入。そのアジアン雑貨のお店はすでに閉店してしまっているので、二度と手に入らない。残念です。

中袋は写真に撮らなかったけれども、新緑柄の洋紙を使用。予備にオーソドックスな柄和紙を折ったものも付けました。

ご希望もあって、お渡しする方の誕生日カラーもちょこっと入ってます。
誕生日カラーに関しては「366日誕生色事典」を参考にしました。

クイリング部分をアップにすると・・・。


祝儀袋



気に入ってもらえたかな?



クイリングといえば・・・。
キットを購入しました。


凛花さんのクイリングキット



とっても可愛らしいキットです。
多肉好きの私としては是非とも作ってみたいと・・・。
でもでも、難しそう・・・。

こちらのキットの制作者は・・・。
このブログにもコメントを寄せてくださっています凛花さんです。
凛花さんの作品はとてもかわいらしいものばかり。

凛花さんのブログはこちら→「凛花の玉手箱~ペーパークイリング、スィーツ、日々のあれこれ

ぜひのぞいてみてくださいね~♪


因みに、この多肉ちゃんキット、使用しているペーパーの色が変更になったそうで、私が購入したときには「在庫限り」のお知らせが。(私のウデできちんとかわいく作れるものかどうか)悩んでいたものの慌てて購入。現在、すでに、完売しているようですが、気になる方は凛花さんに問い合わせてみてください。

そんなわけで、せっかく購入したのだから早く作り始めたい思いはあるのだけど、この記事冒頭につらつらと書いたよくわからない作りかけのものもたくさんあったりして、着手するのはだいぶ先になりそうです(>_<)



いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事