Tinte(ティンテ) ◇ カリグラフィー & * * *

カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2017年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年01月
ARCHIVE ≫ 2018年01月
      

≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

最後の多肉ちゃん

やっと完成させました。多肉ちゃん。


多肉ちゃん、完成



これが一番大変だった。
なんか、こう、納得いくような形にならない。
慌てちゃだめね。
のんびりと。
だけどさぁ、あとちょっとと思うとついついね、慌ててしまうのよ。
つんつん触ってしまうの。
絶対にまだ乾いてないから動かすとダメだというのもわかりきっているのについついね。

とにかく完成です。
よかった。
たのしかった。

実は、クイリングは次も多肉を作る予定です。
それから、切り絵の方もスタートさせてます。
忘れちゃいけない
カリグラフィーはブログに載せて無いことが多いのだけど、常時何かしてます。
カリグラフィーを紹介したいのにブログに載せなていないことが多いだなんて、どうかしてるぜっ(自分への突っ込み)!


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

いろいろと思うところがありまして

ライブビューイングで「髑髏城の七人 下弦の月」を観てきました。



髑髏城




その感想とか色々書こうと思っていたのですが、いろいろ思うところがありまして、別のブログを立ち上げ、そちらに書くことにしました。

このブログにもちょいちょい登場していたかもしれないけど、カリグラフィーや手作りのこととは方向性のちょっと違った趣味のこととかを書いていこうと思っています。

懐かしい話ですが、私がカリグラフィースクールのマスターコースを受講した際、最終課題で数点の自由作品を作って提出したときのこと。本来ならば、これから教室を持ち、先生として活動するにあたっての自由作品を作るべきだったのでしょうが、ちょっと主旨をはき違えてしまい、本当に好きなものを題材にして、好きなように作品を仕上げていきました。そのうちのひとつ。ちょっと引かれてしまった部分もあったかもしれませんが、数人の方に「私もそういうの好きです」なんて声をかけていただいたのを覚えています。嬉しかったです。

そして、もう1点。今年頂いた年賀状の中に気になる文章。「ちょっと違うかもしれないけど、それ私も~」って、お話ししたくなったんですよ。とはいえ、その方、年賀状のやり取りだけでもう云十云年で、連絡とかどうしたら取れるのか…。Mりん、もう何年も会ってないけど、年賀状、毎年楽しみにしてます♪

女子はやはり共感してほしい生き物なんでしょうね。
一応私も女子です。
共感してほしいんですよね、きっと。
でも、このブログはできるだけカリグラフィーとか手づくりの話題とかそういうのにしたいなと思っていて、一方で、そんなちょっと違った方向性の趣味に関しても誰かに共感してもらいたいのです。
直接話せる友人、少ないですから、私。
ブログという形で文章書いて、見てくれる人いるかいないかわからないけど、もしかしたら見てくれている人がいて、共感してくれる人がいるかもしれないとか、そんな妄想に浸るだけでも・・・、と思って。
基本的には文章のみにしていくつもりではいますが、写真も載せるかも?

そんなわけで、別建てでブログを作ることにしました。ツィッターにしようかとか考えてもいるのですが、とりあえず、ブログ。その別建てのブログも長く続くかどうかまだ手探り。結局、このブログで1本化にするかもしれないし。

興味のある方は→雑記帳
ただし、私のカリグラフィーと手作りの話に興味のある方はこのブログ見ない方が良いかもしれない内容も時々出て来るかも?ひいてしまわず、温かい目でスルーしていただければと思います。
関連記事

新年のご挨拶と雑記


あけましておめでとうございます

2018 年賀状



最初に今年の年賀状の解説です。
カデル体「DOG」とバスタルダ体「Happy New Year」です。
どーしても納得いかない部分(あとは妥協)があるのだけど、書き直す時間も無かったので、もう、そのまま年賀状にしてしまいました。

カデル体は書いていて楽しい。きれいに平行にペンを持って行けたときは本当に気持ちが良いです。

昨年の年賀状はかなりごちゃごちゃとしてしまって読みづらいなぁ、と自ら反省。今年はちょっとシンプルに。

で、年賀状を出したうえに、新年早々会う機会があった人(いわゆる親戚ですね)に訊かれたことについて此処でも回答します。

文字はすべて方眼紙に黒ガッシュで書いています。
それを読み込んで加工。
加工といっても、書いた文字はそのままの形でいじっていません。
縮小はしていますが・・・。
線が気に入らないからといって、デジタルで加工とかそういうことはしてないです。
本当にどーしても直したいところあったんだけど、そのままにしてあります。
それも人の手で書いているという面白さと思って、温かくスルーしていただければと思います。
ただ、黒で書いた文字に色の加工はしています。

では、このアンティーク風の紙は・・・。
右側の「Link」でもいくつか紹介していますが、蜘蛛の巣上で拾ってきたりしたものです。
いわゆる、「Digital Scrap Booking」ってやつです。

さて、雑記の部分。
毎年、大晦日に1年を振り返るような振り返らないような、次の年への意気込みのようなそうでないような記事をあげていたのですが、去年はそれをしませんでした。その辺のところとかいろいろ本当にどうでもいいような雑記になるので、折り畳み部分に。

では、とりあえず、締め。
皆様にとって、佳い年になりますように。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事