Tinte(ティンテ) ◇ カリグラフィー & * * *

カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPカリグラフィー ≫ いつか、きっと・・・

いつか、きっと・・・

今年の七夕飾り。

こちらは体験講座として7月末までの日程で、受け付けております。
カリグラフィー初心者の方から受講できます。
全くの未経験者でも大丈夫ですよ♪
見本はアンシャル体で作っていますが、経験者の方は学んだことのあるお好きな書体で制作していただけます。

では、まずは「七夕」の物語で重要な役割を果たしてくれるカササギさん。星の名前は英語の綴りで「DENEB」になります。
レッスンで作るのはこちらのタイプになります。

後で紹介するひこぼしさんとおりひめさんのタイプはちょっと細かい作業が必要になるので、ご希望があれば作りますが、基本はカササギさんタイプで作ります。

書く単語は七夕の物語にゆかりのある夏の大三角形の星の名前、3つから好きなものを一つ選んで書いていただきます。
「VEGA(織姫)」、「ALTAIR(彦星)」、「DENEB(かささぎ)」の3つです。夏の夜空にきらめく、いわゆる夏の大三角形ですね。


かささぎ



画像だとわかりづらいかもしれませんが、文字の上の飾りの部分は立体的な空になっていて(うぅっ、文章での説明が難しい)、中に入れたお星さまが動きます。カササギは織姫と彦星をつなぐ重要な役割を果たすという意味合いもあって、中にお星さまを2つ入れました。織姫と彦星の2人という意味も込めて。


Denebの中身は





さて、彦星さんと織姫さん。こちらはビーズを使って星の形を一つ封じ込めています。
こちらのタイプはちょっと細かい作業を要するので、「細かいのが得意!」という方でご希望があればこのタイプでの制作も可能ですので、ご相談ください。
今回は透明感のあるシルバーっぽいビーズ(彦星さん)と透明感のあるゴールドビーズ(織姫さん)を使ってますが、レッスンでは他の色も選べます。


ひこぼし



おりひめ





で、最後におまけ。
こちらは体験講座では作りません。
別の作品で作りたいと思っている宇宙な感じ。今回は天の川をイメージしてみたんですが、どうでしょうかね?
書いている文章は「but someday・・・」。
「いつか、きっと・・・」というような意味になるかな?
笹の葉に願い事を書いた短冊を掛ける七夕の風習にちなんで、「いつか、きっと、願いが叶いますように・・・」といったような意味を込めました(本当は違う、ただのこじつけ、なんでこの言葉にしたかはここでは秘密です)。短冊には、習い事とかの上達を願って書くのが本来の風習みたいです。


願い事



で、この書体…読めないですよね。私も初めてこの書体を見たときは、「読めない」と思いました。
が、学んでみると、とっても書いているのが楽しい書体で、読めるようになってくるとますます楽しくなってきた書体です。
なので、この七夕飾りにはこの書体を選んだんです。
つまり、習い事の上達を願って、「いつか、きっと、読めるように、書けるようになりたいです・・・」ということで、この書体を習った時の自分自身の思いを思い出しながら、書きました。
とはいえ、やっぱり、あとから考えたこじつけといえなくもない理由ですが、半分は本当。


肝心の体験講座に関する詳細ですが、また、後日、発信します。もう、6月も終わりだというのに、お知らせが遅くなりまして、申し訳ありません。
あるいは、早く知りたいという方はメールフォームよりご連絡いただければと思います。個別に返信させていただきます。コチラの★印をクリックするとメールフォームが開きます→


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
ありがとうございました


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL