Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ バッグ完成♪だけど、2つの後悔TOP小物作りいろいろ ≫ バッグ完成♪だけど、2つの後悔

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

バッグ完成♪だけど、2つの後悔

今回の大雨で、被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興と、平穏な日々が戻ってくることを心からお祈り申し上げます。

私ができることなんて、こんな公とも言えない公の場で、こんな薄っぺらい言葉をかけることぐらいしかできなくて、そんな自分が情けなくも思うのですが・・・。それでも、ちょっとの力になれるかもわからないけど、ほんの心ばかりの募金をしてみたりとか、そんなことしかできない。また、繰り返しになるけど、そんな自分が本当に情けないとは思うのだけど、嘘偽りなく、本当に一日でも早く、平穏な日々が戻ってくることをお祈り申し上げます。

ライン



うぅっ、外でセミが鳴いてる。もう、そんな季節。
あの時準備していた布で、バッグを完成させました。

リバティプリントデバッグ



使った型紙はホビーラホビーレのもの。そこに少しだけアレンジを加えてます。
実は、内側にマグネットホックを付けました。それが、一つ目の後悔。

そのマグネットホックの重みのため、どうしても、バッグ入り口の真ん中付近が下に落ち込んでしまいます。
使っている布そのものが、薄いため、仕方が無いのですが、そこまで、頭が回らなかった。というか、裏布はそれでも表のリバティプリントの布に比べれば割としっかりした布だったので、「大丈夫かな」と、思ってしまったのも悪かった。あくまで、「リバティに比べればしっかりしてるけど・・・」程度のしっかりさなのだから。
マグネットホックつけなくても良かったかもしれない。あるいは、布全体にに接着芯を貼ってもっとしっかりとしたものにするとか・・・。それも、やってみないと分からないけどね。

マグネットホックは縫い付けるタイプではなくて、差し込みタイプを使用。差し込む部分は接着芯で補強してますが、その分、微妙とはいえ、更なる重みになるのも間違いなしです。う~ん、付けなければよかったな、マグネットホック。

マグネットホックに関しては、個人的には、見た目の問題もあって、縫い付けタイプより、差し込みタイプの方が好き。ただ、印をつけて、キチンとあわせたつもりでも、なかなか、ピッタリと合わせるのが難しい。たとえ気にならない程度の数ミリ単位でのずれだったのしても、ちょっとショック。
縫い付けタイプだと、縫い直しがきくけど、差し込みタイプはそれができないからなぁ。そこが難しいところ。

一方、縫い付けタイプは、きちんと合うように縫い直しがきくけど、私の場合、あまりきれいに縫い付けることが出来ない(技術力の無さ)のと見た目があまりきれいじゃない(やっぱり私の技量が無いため)と私は思っているので・・・。

差し込みタイプは文字通り裏に差し込むので、表側に見えるのはボタンのみ。縫い付けタイプだと、縫い付けるためのホール(穴)が4つ見える。そこがあまりきれいじゃないと思う要因で、それが、ちょっとイヤ。あまり使いたくないアイテムです。縫い付けていくのも面倒だし、手間と時間がかかるし。

縫い付けタイプの利点としては。
差し込みタイプだと裏で金具を折り曲げて固定するので、その部分にどうしても厚みが出てきてしまうのが欠点で、場合によってはそれが縫い合わせた布(ボタンを付けていない方の布)の見た目に響いてくる可能性があるけど、縫い付けタイプの場合、文字通り縫い付けるので、その欠点がありません。裏側がフラットに仕上がるので、縫い合わせた布(ボタンを付けていない方の布)の表側に響いてこないのが良いところ。文章だと伝わりづらいかも・・・。

縫い付けタイプには縫い付けタイプの利点はあるけれども、私個人的にはマグネットホックを使う場面では差し込みタイプを使うようにしてます。

まぁ、でも、今回作ったバッグには、マグネットホックは付けない方ががきれいに仕上がったかなぁ、と後悔してます。差し込みタイプ利用のため、取り外し、不可(これは差し込みタイプの欠点)。

もう一つの後悔。今回、リバティプリントの(私にとっては)超高級な生地で作りました。柄も気に入っています。しかし、購入したときには気づかなかったけど、同じ柄で、黒バージョンがあるのね。そっちにすればよかった。

この柄の場合、私の勝手なイメージだと、春夏ものって感じ。黒ベースだと、柄の雰囲気から、春夏も良いし、色をみると、秋冬でも使えそうな感じ。すなわち、年間通して使えそうなのが良いです。あくまで私の感想なので、そのあたりは人それぞれだと思いますが・・・。あぁ、黒があるのに気づいていれば、黒にしたかった。


正直、こういったもの(ちょっとしたバッグとか)って、こだわらなければ、1000円くらいで購入できる時代。
それをわざわざ布選びから始まって、自分で作るのだから、それなりにきちんとこだわって作りたいな、と常々思っているんですが、時々、こだわりすぎて、疲れちゃって、完成できないものとかあったり…。なんだかなぁ。

せっかく作ったのだから、長く使い続けたいと思います。


では、では。
布の購入はコチラからどうぞ。
2018年新作柄ですよ~♪
まずは黒から
↓ ↓ ↓





続いて、今回、私が使った白はコチラ
↓ ↓ ↓





コチラのお店はリバティプリント正規取扱店です。
リバティプリントはわたし好みの柄が多いので、
好きなんですが、いかんせん、
私にとってはあまりにも高級すぎて
滅多に購入することが出来ませんが・・・。

興味のある方はどうぞ
↓ ↓ ↓




マグネットホックはコチラのお店からどうぞ
手芸材料、いろいろそろってます。
↓ ↓ ↓





いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


関連記事

Comment

素敵!
編集
布から選んで、好きな形に作ってという時間自体が
素敵なことですね。
いろいろ反省ポイントがあるご様子ですが(笑)
ミシンで指を縫ってしまうような手芸音痴の私には
とても素敵なバッグに思えます!
2018年07月14日(Sat) 13:27
Re: 素敵!
編集
>凛花さん

コメントありがとうございます♪

色々なものが簡単に購入出来てしまう時代だからこそ、
自分で「なにか」を作る時間も大切にしたいなぁ、と思う今日この頃です。

反省点は、ソーイングに限らず、「なにか」を作るたびに必ず出てきてしまうんですよね、私。
(自分で思う)完璧なものを作ったことが無い!!!
でも、だからこそ、それが次に活かせるというか・・・。

「失敗したなぁ」と、思ったところを次は直すとして、
そしたら、また別のところが目についてきたりとか・・・。
そうして、だんだんと上達していっているものだと信じています(信じてるだけで実際はどうだか、微妙)。

また同じ失敗を繰り返しちゃうこともしばしばありますしね(笑)


それから、布を選んでる時間は楽しい時間でもあるけど・・・。
ものすごく悩んで、購入して、帰ってから見ると、「あぁ、やっぱり、あっちの柄にすればよかったかも」なんてのはしょっちゅうです。今回もそんな感じだし(泣)

同様にカリグラフィーの場合だと、額とマット。
お店の人に大変迷惑をかけてるんじゃないかと思われるくらい時間かけて選んだ挙句、家に帰って、「あぁ、やっぱり、あっちの方が良かったかも・・・」なんて。もう、本当、毎回そんな感じです。

要するに、優柔不断なんですよ、私(笑)
2018年07月14日(Sat) 16:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。