Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPカリグラフィー関連本 ≫ 気にはなってるんですがまだ購入してない

気にはなってるんですがまだ購入してない

ここのところ、葉緑素の話だとかが続いてましたが、カリグラファーらしい(?)話題もちょっとしてみようかなと思いまして・・・。

気になっているけれども、購入にまでには至っていないムックの紹介です。
発売されてからもうだいぶ経つんですが、まだ、購入に至ってないんです。
購入して、使ってみてから、このブログで、感想を交えつつ紹介できたら、と思っていたんですが、購入してないんです。
だけど、紹介しちゃいます。


とりあえず、楽天。コチラです。
↓ ↓ ↓




活版印刷の仕組みが理解できる上に、付録として気軽に活版印刷が楽しめる小さな活版印刷機がついてきて、このお値段はお買い得かと思うんですよね。なのに、まだ購入までに至っていない私。

なぜならば・・・。
興味はある。
面白そう。
しかし、結局、付録は、1、2回ぐらい使って、押入れの奥にしまってしまいそう・・・な予感しかしないんですよ、私。
名刺とか活版印刷で作ったら、絶対に、ステキだと思うんですね。
ステキだとは思うんですが、実際に使いこなせる自信がない。

それでですね、購入までには至らないんです。

「大人の科学マガジン」シリーズはそういう感じなんです、私にとって。
バックナンバーのラインナップをみても、どれもこれも、私としては魅力的なものばかりなんですが、いざ購入と思うと・・・おそらく、数回・・・もしかしたら1回だけ楽しんで、押入れにしまわれる運命になりかねない・・・と躊躇。

イヤ、もうほんと、だいぶ前ですが、茶運び人形なんかめちゃめちゃ悩んだ末、まだ購入してませんし。平賀源内のエレキテルとかね、レオナルドさんのヘリコプターとかね、もう、興味深いものばかりというか、興味深いもの「しか」ないんですよ。すべての号、購入したいぐらいなんですが・・・。結局、どれも躊躇。

カリグラフィーで文字を扱っているので、活版印刷にも興味はあるんですが・・・。結局、購入しないまま時は過ぎていきそうです。
どなたか、購入された方、感想をお待ちしております。
そして、ちょっとだけ、触らしてください。遊ばせてください・・・なんて頼むぐらいなら、自分で買おうよ、私(と自分へツッコミ)。


Amazonさんからの購入はコチラからどうぞ
↓ ↓ ↓




ライン

作品展、まだ開催中です。

「カリグラフィー:西洋書道の小さな作品展」
場所: 八十二銀行朝陽支店ロビー
期間: 8月24日から9月28日まで(土日祝日はお休みです)
時間: 9:00から15:00 (銀行窓口営業時間に準ずる)
入場料無料

是非お立ち寄りください。

ライン




いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました


関連記事

Comment

興味深いもの「しか」(笑)
編集
ないんですね~(笑)
迷いますね~ふふふ。。。
活版印刷、あのアナログ感、とても興味があって、
先日、大手書店で開催していた体験講座でメッセージカードを作って来ました。
紙とインクを選んで、一枚一枚丁寧に自らの手でプレスするのが
とても楽しかったですよ。時雨さんも是非!
活版印刷の名刺とか作っている工房とかでもワークショップなど
やっていると思います。
体験講座のシンプルカードにも、
時雨さんはカリグラフィーで色々応用できるのでは?と思います。
2018年09月29日(Sat) 11:14
Re: 興味深いもの「しか」(笑)
編集
> 凛花 さん

コメントありがとうございます♪


そうなんですよ~。「しか」ないんです。

私、
いわゆる「リケジョ」だったこともあり、
いわゆる、浅く「レキジョ」だったりもするので、
「大人の科学マガジン」のテーマは食指が動くもの「しか」ないんですよ♪
だけれども、一度も購入したことが無いという・・・。
作って、少しだけ楽しんで、押入れの奥にしまわれ、
数年後には捨てる羽目になるのが、目に見えているんで・・・。

凛花さんは活版印刷体験者なんですね~。
羨ましい。
私の住んでいるところではなかなかそういう体験会も開催されないので、残念です。
とは言っても、東京にはよく行くので(実家も東京ではないけど、そっちの方ですし)、
なにかの折に体験できればなぁ、と思っております。

確かに、活版印刷なら、カリグラフィーの体験講座とかにも活かせそうですね。
2018年09月30日(Sun) 16:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL