Tinte &

長野市内でカリグラフィー教室を開いております。カリグラフィーとはアルファベットを美しく表現する西洋の伝統的な芸術です。
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP手仕事関連本 ≫ 悩むなぁ

悩むなぁ

ここのところ、刺しゅうをあまりやらなくなったなぁ…と感じております。

刺しゅうをするのがイヤになったわけではないんですが・・・。

でも、時々、針と糸を手にしたい衝動に駆られるます。

さて、10月に入って発売された「ステッチイデー(vol.30)」の話。
購入していないんですが、紹介させていただきます。

ステッチイデーは創刊以来、時々、購入させていただいてます。特集とか、内容で気になるのがあったら購入するというような感じです。ステッチイデーの前に出ていた「ティクティク」からです。「ティクティク」は完全に初心者向けの刺しゅう雑誌だったなぁ。懐かしいなぁ。

ステッチイデーは、(個人的な感想になりますが)刺しゅう初心者から中級者向け、どちらかと言えば、初心者よりかな?の内容だと思っています。

私の刺しゅうの腕前は・・・初心者にも満たない未熟者だと思っています。
それはそれで、置いといて、
刺しゅう関連の雑誌や本を見るとしたら、初心者向けよりも上級者向けの大作が掲載されている(あるいはデザインが私好みの)ものを見たい、読みたい、と常々思っています。
ステッチイデーに掲載されている作品もどれも素晴らしいのですが、やはり、初心者から中級者向けな感じがぬぐえないんですよね(あくまで個人的な感想です)。

既に休刊となってしまっていますが、「刺繍通信」という雑誌がありまして、これは中級者から上級者向け(あくまで個人の感想です)の内容となっていて、掲載作品も大作が多かったように思います。この雑誌ぐらい見ごたえがあってほしい。
自分の腕前はともかく、そういう大作を見るのも刺激が得られてよかったです。
ただ、初心者向けの記事は少ないというより、無いに等しい感じだったようにも思えて、独学者である私には残念ではありましたけど、初心者向けのハウツーなんかは他の本で見ればよいわけで・・・。

さて、今回の「悩むなぁ」ですけど、「ステッチイデー(vol.30)」の購入するべきかどうかで、悩んでます。

悩んでいる理由は、「ステッチマニア!」の記事。
「サテンステッチ」なんですよ。
友人の影響もあって、カロチャ刺しゅうに興味を持ったりもして、サテンステッチが思っている以上に難しいことを知り、半分挫折気味の今の私にピッタリ。正直なところ、この記事だけのために購入を悩んでいるといっても過言ではありません。
今、私個人的に感じているのは「サテンステッチとアウトラインステッチ」を「美しく」刺したい。ポイントは「美しく」です。


今の時代、世界の刺しゅう作家さんの素晴らしい作品を蜘蛛の巣上で見ることが出来るので、あまり、刺しゅう関連の本を購入しなくなってしまいました。
前述しましたが、「ステッチイデー」は良くも悪くも初心者から中級者向けの雑誌だと思っていて、掲載される作品もそのあたりの人たちを対象にしているものが多く、私としては物足りない感じがしてます。とても素敵なんではあるんですけどね。
購入して、手元に置いて見るなら、真似できないような、所謂、「ハンパないってぇ!」みたいな作品を見たいんです。私自身の刺しゅうの腕前はともかくです。

とはいえ、刺しゅうの腕前はイマイチな私ですから、わかりやすい、それでいて、綺麗に差すコツみたいなものもみたい。
「刺繍通信」みたいな本格的な内容もありつつ、初心者向けのハウツー記事なんかも掲載される雑誌があればいいのに、とわがままにも思っている今日この頃です。

と、いうわけで、ステッチイデー(vol.30)のご紹介。


楽天はコチラから
↓ ↓ ↓







Amazon
↓ ↓ ↓



その内購入するかもしれません。
その時はまた詳しく感想とか紹介させていただきます。


いつもありがとうございます
ランキングに参加しております
クリックしていただけると励みになります





にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

ありがとうございました





追記にするのもどうかと思いますが、私の安っぽい言葉では、いつもながら、上手く伝えられなくて、追記にします。

今更ですが、
今回の台風19号で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

私事ですが、ニュースを見ていると、思っていた以上に、わが家の近くまで水が来ていたことも知り、そして、ニュースで流れる映像は見慣れた風景というか、「あぁ、あそこ何度か行ったことあるよね、あそこ何度か通ったよね」という場所であったり…。今、働いている場所の近くが避難所になっていたり、少なくなってはきたものの、自衛隊と報道のヘリが上空を終日行ったり来たりしているのを聞いてると被害の甚大さが身にしみてきます。

そして、台風が来た当日は、ひっきりなしに携帯から緊急速報メールが届いたりしていて、住んでいる地域は避難勧告レベル4まで出たけど、いざ避難しようと外を見ても、すごい嵐で、外に出れる状態でもなく。避難するならば、勧告が出てからでは遅いということを感じました。

今年に限らず、今後はこういう台風が多くなるという話も聞きます。台風だけではないけれども、自然災害というのはとても恐ろしいものです。普段の備えって大切だな、と痛感しました。

改めて、お見舞い申し上げますとともに、微力ながら、何かできることがあればなぁ、と模索しているところです(といっても、できることと言えば、微々たる募金とか家にあるタオルを支援物資として募集しているところに持っていくとか、浄水場の下水処理が停止しているというニュースも耳にするので、節水に心掛けるとかそのくらいですが)。
浄水場の件に関しては、断水してしまっては困るという点では、わが家にも関わることなので、他人事とも言えない・・・。
関連記事

Comment

悩みどころ
編集
う~ん、わかります。
手元に置くなら「半端ないって~」ですよね。
特に我が家は、本好き家族で、ちょっと油断すると書籍が積まれやすいので、
よくよくとっておきたい本は、吟味不可欠です(笑)
本当は、美女と野獣に出てくるような、図書室が一部屋ほしいです。。。

追伸 時雨さんは、台風被害大丈夫だったんですね。安心しました。
我が家も警報が鳴っているけれど(3から4)、暗闇で暴風の中、移動出来ず。
幸い地下神殿(治水用の)が頑張ってくれたおかげで、近隣も被害がありませんでした。
桜が綺麗だった小布施の川沿いやおそばが美味しかった上田の街を思い出しながら、胸がきゅぅっとしてました。一人が出来ることは少ないけれど、出来ることを身の丈に合った方法でやっていきたいです。
2019年10月19日(Sat) 10:42
Re: 悩みどころ
編集
凛花さん

コメントありがとうございます。

図書室、私も欲しいィ~。
天井まで届く本棚にびっしりと本を並べて…みたいな。
夢ですね。
2019年10月25日(Fri) 12:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL